スポンサーサイト (--/--/--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
the ghost box (2007/08/13)
京極夏彦の「魍魎の匣(もうりょうのはこ)」を読み終わった。

相変わらず京極夏彦の顔だけは好きになれない。

僕の数少ない友人の一人が京極夏彦の本の中で絶賛しているだけあって、「魍魎の匣」はおもしろかった。

ちなみに「姑獲女の夏(うぶめのなつ)」の続編で登場するのはこの作品のメインキャラたち。

まあこの後のシリーズもメインキャラたちは残って新しい物語を作っていくらしいんだけど。



それはまた・・・・別の話。


ほんでこの「魍魎の匣」、「姑獲女の夏」よりも京極夏彦の民俗学であったり心理学であったり宗教学、科学的な、要するに一般人で詳しく知ってるやつは精神的にやばいやつが多そうな分野が全面に押し出されてる。

まあそこらへんはまあおいておいて、僕がはじめに気になったのは文章構成で、前の「姑獲女の夏」に関しては、あくまで主人公的な男(関口)一辺倒の主観的な書き方だったんだけど(たしか)、この「魍魎の匣」はメインキャラがもう前作で知られている分、自由で、別のメインキャラがストーリーを進めていったり、とそれぞれが交錯しながら話が進んでく。

そんでもって主人公の主観的な文章だけでなく客観的な視点、からも書かれててまあなかなかおもしろい。


やっぱりサウンドノベル化せんかなと思う。



「魍魎の匣」もようやく(上中下巻あったので)読み終わったし、名古屋に行く予定もあったので軽いのでも読もうと思い、「チェ」の書いた「モーターサイクルダイアリーズ」を買った。

「チェ」っていうのはまあわかりやすく言えば「ゲバラ」のことね。

ちなみに僕は「革命家」っていうやつは好きでないが。

今これ読んでる。


「チェ」のやつと一緒に村上龍の(たぶん)最新作「半島を出よ(上下巻)」を買った。

村上龍という名前を店頭で見たとき買おうと思ったっていうのもあるんだけど、題名にココロ惹かれた。

でも、

半島ヲ出ヨ

の方がちょっと「右」寄りでかっこいいんじゃないかと思う(村上龍はたぶん右も左も大嫌いやろうけど)。

まあこれはたぶん「愛と幻想のファシズム」が「希望の国のエクソダス」寄りになった作品じゃないかと勝手に推測してる。

楽しみ。

スポンサーサイト

コメント投稿
URL:
Comment:
Pass:
ここをチェックすると 管理者のみが読めるコメントになります→
 




トラックバック
この記事のトラックバックURL


ページ上部に戻る▲
空想ジャンクションボーイズ © 千 2017. (http://thousand.blog7.fc2.com/)
/
This BlogTemplate's origin was written by Tamico.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。