スポンサーサイト (--/--/--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
うぇルかむ とゥ- ザ ムラかミ わールど (2007/06/22)
リュー・ムラカミとフランスでは大評判らしい村上龍の「共生虫」を読み終わった。

たしか前に読んだ「愛と幻想のファシズム」(僕は絶賛)から一年くらい経つね。

村上龍の作品ってものすごい好きなんだけど(村上龍自身も好き)、読んでる間はものすごい疲れる。

疲れるけど読み終えた後のなんとなく感じる充実感がすごい好き。

でも疲れるのでなかなかはじめは読む気にならん。

基本的に僕は中身アッパッパーのハッピーな、それこそ子どもらが旅に出て死体を見つけるどころか何にも見つからなくて、

雨降ってきたから帰ろう

みたいなくだらん感じの読み物の方が性には合ってる気がする。


「共生虫」は経済・政治的な話でなく「コインロッカーベイビーズ」みたいな感じの狂人たちがやたら出てきて主人公が人を殺しまくるマッドな感じ。

ほんでもそれぞれの作品はまあ共通した部分や違う部分もあって、「共生虫」ではインターネット社会の混沌とした部分を映しながら、「共生虫」を体内に宿した主人公(下手な厨房漫画を想像したらあかんよ)が狂いながらも自問自答し答えを見つけていく話・・・・かな。

どの作家でもそうなんだろうけど自分の思想というかなんというかわからんがそういうものを作品の中に織り込んである。

村上龍の良いなぁと思うところはそういうところで、理解しがたい行動や考えをする狂人が何かに触れ自問自答を繰り返すうちにたどり着くのが「村上龍的思想」みたいな感じの話が多いんじゃないかと思う。

この思想がやたら的を得たというか真理をついた感じがして狂った人間と対称的な新鮮さがあってなんというか

言葉にできません、すいません

無理。

まあ「共生虫」は比較的短い作品やったと思う(文字の大きさ途中で変わったりするし)でまあ読んでみるのもいいんじゃない?



今は福井晴敏の「6ステイン」っていうのを読み始めた。

「亡国のイージス」の原作者らしいんだけど、正直そんなことはどうでも良くて、作者の紹介に「ターンエーガンダム」って書いてあったのと、「シックスステイン(六つの染み)」っていう名前が妙に気に入ったので買っただけ。

正直サクッと読み終えて京極夏彦の「姑獲鳥(うぶめ)の夏」を読みたい。

数少ない友人が京極夏彦ファンで質問したら薦められたんだが、最近水木しげるの「墓場の鬼太郎」を買って読んで妖怪が気に入ってきたので楽しみすぎる。

まあ僕あのビジュアル系くさい顔した京極夏彦自身は生理的に受け付けんけどね。
スポンサーサイト


種みたいな作品を根絶して欲しい
(千)
2007/07/01 | URL |(trip@-)
編集



ちなみに福井は今ダムAでガンダムの新作書いてる。
(笑い男)
2007/06/27 | URL |(trip@-)
編集


コメント投稿
URL:
Comment:
Pass:
ここをチェックすると 管理者のみが読めるコメントになります→
 




トラックバック
この記事のトラックバックURL


ページ上部に戻る▲
空想ジャンクションボーイズ © 千 2018. (http://thousand.blog7.fc2.com/)
/
This BlogTemplate's origin was written by Tamico.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。