スポンサーサイト (--/--/--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
イラゴビアンナイト4(もしもし、わしだけど。わしわし、ばあさんおるかね?編) (2007/05/19)
ただの人間には興味はありません。

この中に厨二病患者、ファッション鬱、邪気眼使いがいたら、

あたしのところに来なさい。以上


とまあ、僕の周りにおるちょっとドキュソな人たちの思想・行動を観察し、日々の自分の行動と照らし合わせまずいところは修正していこうと思うんだけど、そんなこと言ってる場合じゃない。


昨日、僕の家に、初めての「おれおれ詐欺」がきたらしい。

なんでも、夕方くらいにオトンにかかってきたらしいんだけど。

「もしもし、○○やけど、お母さんおる?」

みたいな。

まだパーにはなってないうちのオトン、この時に気づいて

「○○?誰それ?」

って言ったそう。

この「○○」、どこかの「業者」さんがこれまたどこかから買って手に入れた名簿を見て「○○」と言ったんだが。

残念だが、それ名前の読み方ちゃうよ

っていう。

うちの兄の名前を言おうと思ったんだろうけど、僕の兄の名前ってだいたい「フリガナ」打ってないと読めないんですよ。

まあ当然ああいう「業者」さんも、僕の存在を名簿で知っているんだろうけど、僕の名前もまあ「チヒロ」ですから、20歳になると振り袖の営業が殺到する名前なので残念ながら使えなかったんだろうか(実家暮らしやし)。

今度からはもうちょっとそこらへん注意してやってもらえると良いんじゃないだろうか?「業者」さん。



 ∩_∩
 ( ・ x ・)=つ≡つ  <フ~ロは~いる~~~~~
 (っ ≡つ=つ
 /   ) ババババ
 ( / ̄∪
右手の捻り具合がポイントだよ。F(兄)


さて、そんな「おれおれ詐欺」の電話が家に来た僕と、過去に「まじめそうなメガネ」属性を持っていた僕の先輩Yさんは船の上に上がりました。

上に上がると、難民施設みたいな感じの大きめのフロアが広がっていて、みんなは思い思いの難民っぽい感じの格好で過ごしていました。

受付とかサービスするカウンター?のすぐ側に階段があってそこには「高級フロア」的な掲示が。

この「高級フロア」、そう簡単には入らせてもらえないようで、入るためには

300円

とお金がかかります。


300円といえば大変なお金で、戦後の1世帯の収入はわかりませんが、とりあえず今ではタバコが買えます、あとペットボトルが2本買えます、でもボウリング場では2本買うことができません、不思議ですよね

 ∩_∩
 ( ・ x ・)=つ≡つ  <フ~ロは~いる~~~~~
 (っ ≡つ=つ
 /   ) ババババ
 ( / ̄∪
家では10回以上これ↑やってました。F(兄)



そんなこんなで難民施設から甲板に出てタバコを吸ったり海を見ていたりしました。

そうこうしてる間にフェリーが到着しました。

 ∩_∩
 ( ・ x ・)  <お風呂行ってくる
 (っ  つ
 /   )
 ( / ̄∪
スポンサーサイト


 ∩_∩
 ( ・ x ・)=つ≡つ  
 (っ ≡つ=つ
 /   ) ババババ
 ( / ̄∪

(千)
2007/05/26 | URL |(trip@-)
編集



今から、
フ~ロは~いる。
(兄)
2007/05/21 | URL |(trip@-)
編集


コメント投稿
URL:
Comment:
Pass:
ここをチェックすると 管理者のみが読めるコメントになります→
 




トラックバック
この記事のトラックバックURL


ページ上部に戻る▲
空想ジャンクションボーイズ © 千 2018. (http://thousand.blog7.fc2.com/)
/
This BlogTemplate's origin was written by Tamico.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。