FC2ブログ
スポンサーサイト (--/--/--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
不思議な国のチンぺーさん (2007/04/29)
昨日は久しぶりに名古屋にいった。

名古屋に行くのは電車空いてて楽だったんだけど地下鉄がマジで混みすぎる。

名古屋で仕事してる人はこれだけでもウンザリするんじゃないかと思ったけど、まあ我慢してパルコに行く。

タワレコでジョンバトラートリオの新譜出てるかなぁと思って探したらすぐみつかったので買った。

良いよこれ。

はじめに公開されてたプロモでの音源に若干のアレンジを加えてる感じ(funky tonightに関しては)。

今作はサンライズオーバーシーの時よりもいろいろと趣向が凝らしてあって、管楽器やらスクラッチやらいろいろ入ってる。

パルコでガンダム男と会ってコーヒー頼んだら、ダブルドラゴン古田兄弟が来ていろいろあって談笑してからタワレコに行った。

そのときタワレコで顔がローリー寺西のIZAMっぽい人が

「メルティ~ラ~ブ」って感じで現れて僕らの度肝を抜いたけど怖かったので笑えなかった。

パルコの地下に行ったときもその人がダブルドラゴンの車の近くに止めてたみたいで

「すみれ~せぷてんば~ら~う゛ぁげ~ん」って感じで現れた。

まあええんやけどさ、別に。

パルコを出たすぐそこにアイドル系の写真とかグッズのお店があるんだけど、車が全然進まなくて観察してたら人が大勢入っていった。

もう「ヨン様~」って感じのコリアンナイズドされてるオバタリアンの方々も

「奥さん、まだつきません?」

「ええ、でももうすぐそこのはずなんですけど・・・」

「ちょっと待ってて、ええと・・・・あったわ、あったわ・・・・ここですわ奥さん、ここよ」

「あら、ここにジャニーズの○○くんの生写真がハァハァ」

「さっさと入って物色しちゃいましょハァハァ」

「あら奥さんずいぶん息が荒くなってますわよハァハァ」

「いえいえ、奥さんこそハァハァ」

的な感じでゾロゾロゾロゾロ、それこそ中国の朝のチャリンコラッシュのように入っていった。

あとそういや、栄の表の辺でも最近

「Bボーイ俺たち悪だぜ系ニガーさん」

やら

「何着たって私の勝手でしょ!だいたい私はかわいいんだから、ああこのフリルたまらないわ、このフワフワ感見てると濡れてきちゃう系勘違いロリータさん」

と出会う確立が増えた、国際化、多文化が進行しているのでしょうか。

確率変動中なのかもしれんが・・・・あとあくまで僕の主観ね。

まあええわ。

ほんでとりあえず、一番の目的である飲み会のためにミスドで待機することになったので、ガンダム男と一緒にゲームの世界でモンスターを狩っていた(その際ダブルドラゴンの人は必然的に放置になってしまい申し訳なかった、反省はしている)。

集合時間が過ぎたころにようやく「空の王者」を倒したので集合場所に向かい、そっからは飲み会。

おもしろかった。

終わって駅までダブルドラゴンに送ってもらったんだけど、トイレに行きたくて溜まらなかった。

もう犬だったらマーキングせんかというほどに僕の膀胱はえらいことになっていたので、がんばった。

そんで切符買ってトイレいったんだけど、ガンダム男が帰れんことに気づいたのでダブルドラゴンに迎えにまた来てもらうことになった。

もう一人一緒に駅に行った女の子を送ってから切符を払い戻し外に出た。

事前情報でダブルドラゴンの「りゅういち」さんの方が若干切れ気味ということを聞いていたので、アッパーカットとか旋風脚とか真空飛び膝蹴りで校舎の屋上から突き落とされるんじゃないかと思ったけど、そのときはなんとかマッハパンチかマッハキックで対処しないとと思った(反省はしている)。

猛省している僕とガンダム男を連れ戻しにダブルドラゴンが来てくれてみんながおるらしいところに向かった。

向かってから栄に向かい二次会が決まったっぽいので栄に向かう。

その際に極楽とんぼの「あっちゃ~」な方とは全く関係がない山本さんが同乗して向かった。

栄に着いたころに突然その山本さんが体調おかしかったみたいで

「ごめん、ちょっと帰るわ」

と車から飛び出した。

若干心配だった(体調のこと、それから帰れる時間じゃないことに)けれど

「それでも山本なら、山本ならきっとやってくれる」

と神奈川MVPプレイヤーに似た期待を込め放置した(反省はしている)。

それから駐車場を探し、飲み屋さんへ。

その飲み屋さん、クラブという外人さんが

「ア~イエ、オ~シ~、オ~マイガッ」

っていう感じで集まるところの側にあったので、小心者の僕はこのマッドな空間にビビったんだけど、まあ都会ではよくあることと思い、無視した。

飲み会自体は「誰が眠るかチキチキ耐久レース」みたいな感じだったけどおもしろかった。

途中で、隣の席に「おウォーター」の関係で昼夜逆転した生活を送って日々を営んでいらっしゃる

頭が妙に盛り上がったハスキーボイスの女の人たち



どうみてもアサヤンのケミストリーを排出したときのオーディションで「キミは一人でも(ユニットでなくても)デビューできる力があるから」と落とされたのに結局EXILEっていうグループで歌うことになってんじゃねーかっていう人にしか見えないひたすら柄の悪そうな感じの人

たちが来た。

隣でそんな彼らが騒いでる中、耐久レースは朝まで続いた。

明け方店から出ると、外は明るく寒かった。

いつも思うんだけど、

明け方の栄の汚さは異常

だと。

あと妙にカラスがたくさんおって「勝手でしょ~」といわんばかりに「カァカァ」言ってて余計なマッドさを演出していた。

みんなと解散して駐車場まで歩くのが若干寂しいようなつらいような、そんな気持ちだったので、

「地獄先生ぬ~べ~」のOPテーマ「バリバリ最強No1」を



「小学生であの体つきは異常」

と思いながら歌った。


ダブルドラゴンに駅まで送ってもらって(ありがとう)始発で帰った。


帰りの電車内で僕の前の席に乗った人がおもむろに雑誌を取り出した。

雑誌の表紙には「ガンダム○○なんとか」みたいなことが書いてあった。

僕はそれほどガンダムに詳しくないので

「これがガンオタというものか」

とか

「そんな大人なんて!修正してやる!」

とか

「ガンオタになってみるのも良い経験かもしれない。胸がときめく」

とか思いながらPSPをやってた。


ほんで駅に着いてバスを待って、バスに乗ったら、同期の子がおったけど完全に気づいていないふりをしてやりすごし、バスを降りて、高校のときの通学路を通って帰った(うちの前まで来るバスは朝早くには出てないので)。



まあそんなけ。

あとガンダム男が貼ってくれた「YOU TUBE」の北斗の拳を見た。

おもしろかったんだけど、ラオウの声が「これでいいのか」と思った。

後、サウザーのエピソードが完全にカットされとって、

「ひかぬ こびぬ かえりみぬ」



「あいゆえにひとはかなしまねばならぬ」

っていうのもかなり虚しい脇役のセリフになっていた。


スポンサーサイト


それはマンモスうれぴーですね^^
(千)
2007/05/06 | URL |(trip@-)
編集



PSPに興じるあなたたちを見て、僕もPSPマンモス欲しくなったよ。
(兄)
2007/05/01 | URL |(trip@-)
編集


コメント投稿
URL:
Comment:
Pass:
ここをチェックすると 管理者のみが読めるコメントになります→
 




トラックバック
この記事のトラックバックURL


ページ上部に戻る▲
空想ジャンクションボーイズ © 千 2018. (http://thousand.blog7.fc2.com/)
/
This BlogTemplate's origin was written by Tamico.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。