月別ログ_2007年09月分
スポンサーサイト (--/--/--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
いろいろなモノを観たこと (2007/09/29)
最近毎週休み前にゲオでDVDを借りて観てる。

ようやく24の1作目を見終えた。

おもしろかった。

24なんて絶対観ないんだからねとか言っておきながら友人に勧められ観てみたらおもしろかった。

今はセカンドシーズンを観てる。

あとようやくターンAを見終えた。

一つマニアに聞きたいんだけど、最後がようわからん。

観たい方はたぶんおらんと思うのでネタばれで話すんだけど

結局のところキエル(やったっけ)がディアナに扮して月に帰って、ディアナは地球に残ったってこと?

あと、ソシエとロランはくっついたんだけど、ディアナのめんどうを見ないといかんからロランは去っていったってこと?

たぶんそんな感じなんだろうけど、ようわからん。

あと、後半のオープニングテーマのあのV系の臭いがプンプンするのは最悪だった。

でも後半のエンディングテーマはかなりよかった。


あと、劇場版「機動警察パトレイバー」を3作とも見終わった。

あくまでこれは予想やけど、押尾守が関係してるのは2だけのような気がせんでもない(1もありえるけど)。

軽いネタばれをすると

1・レイバー暴走
2・テロで自衛隊暴走
3・UMA

2はかなり押尾っぽい。

ほんでも1もぽい。

3に関しては、押尾っぽくなくもないんだけど、たぶんないと推測。

ちなみに3は特車二課はあんま出てこんくて、事件を追っていく二人の刑事が主人公。

でも、書き込みは3が一番良かった。

まあどれも結構おもしろいけど、2をおすすめしたい。





あとフーファイの新しいやつとコーラルの新しいやつ買った。

フーファイのエコーズ・サイレンス・なんとかかんとか・アンドなんとかかんとかは前作の流れからアコースティックとエレキの融合作みたいな感じとワンバイワンの曲っぽい感じ。

意外に予想に反して良かったけど、名曲っていう感じのが無い。

ベストオブユー的なやつが。


コーラルはなかなか良い。

まあええか、こんな感じ
スポンサーサイト
バガボンドの小次郎は耳が聞こえないようだ (2007/09/26)
アウーーーアウアーーーーギアイ・・・・ギアイアア
ダイナマイトダンディズム (2007/09/24)
ちょっと最近、パソコンに関して色々やっているもので、日記とか書くのちょっとめんどくさなったけど、また妙な義務感から書いてみる。

パソコンを買おうと思ってるんだけど、テレビも欲しい。

でも一緒に買うと、お金のことは全く問題ないんだけど残念ながら部屋に置くスペースが無い。

今使ってる、昔は最強PC、今は腐ったVAIOのノートパソコンも使い続けるつもりではいるので、置くスペースない。

ほんならいっそのことパソコンは新しく買うテレビにつなげてみようと思うんだけど、ディスプレイレスでなかなか売ってないの、パソコンて。

ほんでもって最近のパソコン、僕が使ってるやつなんかより、演算処理とか機能とか容量とかものすごい良いんだけど、どうせ買うなら容量がテラは無くても750Gくらい欲しい、そんでもってゆくゆくはハードディスク増設とかサウンドカードも良い物にとか色々考えてるんだけど。

仕事は家では全くやる必要はないので、思いっきり趣味丸出しのやつが欲しいと思うと

自作にしようか

とも思うんだけど。

そんで色々勉強しとるんだけど、普通に最近結構良い感じのパソコン一式(ディスプレイとか入力装置OS含め、用はメーカーが出してて帰ってちょっと設定すれば使えるやつな)に相当する値段になる(ハードのみで)。

うーん、なんかめんどい、がとりあえず勉強だけは続けることにした。


関係ないが、ラウル・ミドンっていう人を実兄に教えて貰ったんだけど結構すごい。

ラテンとかソウルとかジャズとか併せて最近流行りのアコースティックギターっぽくしつつ歌有りの人なんだけどとりあえず聴いて欲しい(まあ正直スラップはいただけん)。



ちなみに途中でトランペットが入るんだけど、あの音は口で出してるっていうところが一番すごい。
車の中では何かが起こる (2007/09/09)
PSPの「僕の私の塊魂」がおもしろくて、書いてなかった。

おもしろいよ。

最近、音楽情報・バンド情報等々、とにかく情報に疎い。

好きなバンドのHPチェックしんくなったり、雑誌も全く買わなくなったのでまあ当たり前なんだけど、そんでもまあ音楽は聴く。

部屋では一服中とか「YOU TUBE」とか観る時のみ聴くんだけど、だいたいは車の中で。

いろんなCDを持ち込んでいるので、車の中が最近CDだらけになってきたので片づけた。

ほんとにハードディスク付きのカーナビが欲しいなぁと思う。



そんなことは置いておいて、ちょっと前まで

「クレヨンしんちゃんしか俺は受けつけない」

とか言っていた僕も、いろいろ観ました。

久しぶりにゲオでレンタルしたんだけど、ようやく

「ターンAガンダム」

が観れた。

僕はガンダムばっか観てるような気がするんだけど、まあそこまでファンというわけでも無いよ、断っておくと、だからなんか詳しいことは正直わからんけど、とりあえずこれは冨野作品みたい。

結構おもしろいんだけど、コナン風に言わせると

「あれれ~」

なところがある。

OPとEDが確実に冨野の息がかかってるんだけど、Zガンダムのころのあの古くさいテーマ曲なのがちょっと。

最近っぽい絵とのギャップがアレです。

セリフとか相変わらず知り合いをフルネームで呼ぶとか、やたらと鬱陶しいことして全体をかき乱す輩がおるとか冨野くさい感じで、ストーリーもドラゴンボールのEDテーマ「ロマンチックあげるよ」は冨野にこそふさわしいとしか思えない。

ああ、でも結構この作品は、登場人物あっけなく殺すパターン多いし、そんでもって死んだか死んでないのかよくわからんまま忘れ去られてまうキャラがおるところがZガンダムに似てる。

例えば

Zガンダム、初回でカミーユ・ビダンの父ちゃんも母ちゃんも死ぬんだけど、父ちゃんは宇宙服着たまま宇宙に放り出される。

ここで、なんとなく

実はオヤジ生きててティターンズに救助される
         ↓
ティターンズでそのまま新型MS開発
         ↓
カミーユそのことを知って激怒

「僕の父親ですよ、僕が・・・・」

云々で勝手に出撃
         ↓
そのせいでオヤジ死亡
         ↓
カミーユ「うわぁぁあ、大人が戦争なんかするから」暴走
         ↓
エマ中尉に殴られる
         ↓
カミーユいじける

こんな感じの伏線を想像するじゃないですか、ほんでも冨野は予想に反してこのおいしい伏線をぶちこわし、

オヤジ死にました(不確)
     ↓
カミーユ「うわぁぁあぁ」
     ↓
エマ中尉に怒られる

くらいで終わって、そのままなんか忘れ去られてまう。


ターンAでは

暴走したウィル・ゲイム、勝手に攻撃しかけてボコボコに、ロランがコックピットを開けてみると手だけが見える、そのまま死んだことに。

普通なら、死んだことになってても実は生きていてやたらとめんどうをかけるタイプのキャラなんだけど、まだ最後まで観てないから何ともいえんけど、こいつも結局忘れ去られるような気がする。

ロラン「もしかしたら手だけしか残ってないかも」

ソシエ「いやーーー」

ディアナ「ロラン、どうなの・・・・・」

これだけで確認せずに次の話ではもう死んだことになってまう。


ブライト・ノア風に言うと

「何考えてんだか・・・」

っていう感じなんだけど。

まあええわ。

あと冨野作品で好きなのは、男性キャラがなぜかたまに

「場所を考えて戦争しなさいよ」

みたいなオカマ的な口調をするとこかな。



あとマーズヴォルタのアンピュテクチャーっていう(結構前に)新しく出たのを買った。

まあ車の中に置いてあるでまだ聴いてない。

オマーもファズかけてワウふみっぱなしで

「ギョーーーーーーーー」

っていうギターの音出したりするで好き。


ページ上部に戻る▲
空想ジャンクションボーイズ © 千 2007. (http://thousand.blog7.fc2.com/)
/
This BlogTemplate's origin was written by Tamico.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。