月別ログ_2007年04月分
スポンサーサイト (--/--/--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
不思議な国のチンぺーさん (2007/04/29)
昨日は久しぶりに名古屋にいった。

名古屋に行くのは電車空いてて楽だったんだけど地下鉄がマジで混みすぎる。

名古屋で仕事してる人はこれだけでもウンザリするんじゃないかと思ったけど、まあ我慢してパルコに行く。

タワレコでジョンバトラートリオの新譜出てるかなぁと思って探したらすぐみつかったので買った。

良いよこれ。

はじめに公開されてたプロモでの音源に若干のアレンジを加えてる感じ(funky tonightに関しては)。

今作はサンライズオーバーシーの時よりもいろいろと趣向が凝らしてあって、管楽器やらスクラッチやらいろいろ入ってる。

パルコでガンダム男と会ってコーヒー頼んだら、ダブルドラゴン古田兄弟が来ていろいろあって談笑してからタワレコに行った。

そのときタワレコで顔がローリー寺西のIZAMっぽい人が

「メルティ~ラ~ブ」って感じで現れて僕らの度肝を抜いたけど怖かったので笑えなかった。

パルコの地下に行ったときもその人がダブルドラゴンの車の近くに止めてたみたいで

「すみれ~せぷてんば~ら~う゛ぁげ~ん」って感じで現れた。

まあええんやけどさ、別に。

パルコを出たすぐそこにアイドル系の写真とかグッズのお店があるんだけど、車が全然進まなくて観察してたら人が大勢入っていった。

もう「ヨン様~」って感じのコリアンナイズドされてるオバタリアンの方々も

「奥さん、まだつきません?」

「ええ、でももうすぐそこのはずなんですけど・・・」

「ちょっと待ってて、ええと・・・・あったわ、あったわ・・・・ここですわ奥さん、ここよ」

「あら、ここにジャニーズの○○くんの生写真がハァハァ」

「さっさと入って物色しちゃいましょハァハァ」

「あら奥さんずいぶん息が荒くなってますわよハァハァ」

「いえいえ、奥さんこそハァハァ」

的な感じでゾロゾロゾロゾロ、それこそ中国の朝のチャリンコラッシュのように入っていった。

あとそういや、栄の表の辺でも最近

「Bボーイ俺たち悪だぜ系ニガーさん」

やら

「何着たって私の勝手でしょ!だいたい私はかわいいんだから、ああこのフリルたまらないわ、このフワフワ感見てると濡れてきちゃう系勘違いロリータさん」

と出会う確立が増えた、国際化、多文化が進行しているのでしょうか。

確率変動中なのかもしれんが・・・・あとあくまで僕の主観ね。

まあええわ。

ほんでとりあえず、一番の目的である飲み会のためにミスドで待機することになったので、ガンダム男と一緒にゲームの世界でモンスターを狩っていた(その際ダブルドラゴンの人は必然的に放置になってしまい申し訳なかった、反省はしている)。

集合時間が過ぎたころにようやく「空の王者」を倒したので集合場所に向かい、そっからは飲み会。

おもしろかった。

終わって駅までダブルドラゴンに送ってもらったんだけど、トイレに行きたくて溜まらなかった。

もう犬だったらマーキングせんかというほどに僕の膀胱はえらいことになっていたので、がんばった。

そんで切符買ってトイレいったんだけど、ガンダム男が帰れんことに気づいたのでダブルドラゴンに迎えにまた来てもらうことになった。

もう一人一緒に駅に行った女の子を送ってから切符を払い戻し外に出た。

事前情報でダブルドラゴンの「りゅういち」さんの方が若干切れ気味ということを聞いていたので、アッパーカットとか旋風脚とか真空飛び膝蹴りで校舎の屋上から突き落とされるんじゃないかと思ったけど、そのときはなんとかマッハパンチかマッハキックで対処しないとと思った(反省はしている)。

猛省している僕とガンダム男を連れ戻しにダブルドラゴンが来てくれてみんながおるらしいところに向かった。

向かってから栄に向かい二次会が決まったっぽいので栄に向かう。

その際に極楽とんぼの「あっちゃ~」な方とは全く関係がない山本さんが同乗して向かった。

栄に着いたころに突然その山本さんが体調おかしかったみたいで

「ごめん、ちょっと帰るわ」

と車から飛び出した。

若干心配だった(体調のこと、それから帰れる時間じゃないことに)けれど

「それでも山本なら、山本ならきっとやってくれる」

と神奈川MVPプレイヤーに似た期待を込め放置した(反省はしている)。

それから駐車場を探し、飲み屋さんへ。

その飲み屋さん、クラブという外人さんが

「ア~イエ、オ~シ~、オ~マイガッ」

っていう感じで集まるところの側にあったので、小心者の僕はこのマッドな空間にビビったんだけど、まあ都会ではよくあることと思い、無視した。

飲み会自体は「誰が眠るかチキチキ耐久レース」みたいな感じだったけどおもしろかった。

途中で、隣の席に「おウォーター」の関係で昼夜逆転した生活を送って日々を営んでいらっしゃる

頭が妙に盛り上がったハスキーボイスの女の人たち



どうみてもアサヤンのケミストリーを排出したときのオーディションで「キミは一人でも(ユニットでなくても)デビューできる力があるから」と落とされたのに結局EXILEっていうグループで歌うことになってんじゃねーかっていう人にしか見えないひたすら柄の悪そうな感じの人

たちが来た。

隣でそんな彼らが騒いでる中、耐久レースは朝まで続いた。

明け方店から出ると、外は明るく寒かった。

いつも思うんだけど、

明け方の栄の汚さは異常

だと。

あと妙にカラスがたくさんおって「勝手でしょ~」といわんばかりに「カァカァ」言ってて余計なマッドさを演出していた。

みんなと解散して駐車場まで歩くのが若干寂しいようなつらいような、そんな気持ちだったので、

「地獄先生ぬ~べ~」のOPテーマ「バリバリ最強No1」を



「小学生であの体つきは異常」

と思いながら歌った。


ダブルドラゴンに駅まで送ってもらって(ありがとう)始発で帰った。


帰りの電車内で僕の前の席に乗った人がおもむろに雑誌を取り出した。

雑誌の表紙には「ガンダム○○なんとか」みたいなことが書いてあった。

僕はそれほどガンダムに詳しくないので

「これがガンオタというものか」

とか

「そんな大人なんて!修正してやる!」

とか

「ガンオタになってみるのも良い経験かもしれない。胸がときめく」

とか思いながらPSPをやってた。


ほんで駅に着いてバスを待って、バスに乗ったら、同期の子がおったけど完全に気づいていないふりをしてやりすごし、バスを降りて、高校のときの通学路を通って帰った(うちの前まで来るバスは朝早くには出てないので)。



まあそんなけ。

あとガンダム男が貼ってくれた「YOU TUBE」の北斗の拳を見た。

おもしろかったんだけど、ラオウの声が「これでいいのか」と思った。

後、サウザーのエピソードが完全にカットされとって、

「ひかぬ こびぬ かえりみぬ」



「あいゆえにひとはかなしまねばならぬ」

っていうのもかなり虚しい脇役のセリフになっていた。


スポンサーサイト
二進法の憂鬱 (2007/04/22)
誰か知らんがパソコンなんて便利なもん作りやがったもんで、今ものすごいイライラしてる。

もうほんと何度、目の前のノートパソコンにパンチしたくなったか。

何度放り投げたろうかと思ったことか。

パソコンは便利なんだけど、

無知

なんですよ。

使ってる本人が。

もうこんなことなら義務教育で初級シスアド並の知識を教えて欲しかった。

それもこれもネットワークの関係をいじり始めて夢を広げようと思ったのが発端で、結局何すればいいんか全く分からん。

というよりかは何が起こったのか全くわからん。

これ読んでる人間には全く意味不明な文章を書いてるんだけどとにかくもうわからん。

いっそのこと金払って勉強した方が良いんじゃないか・・・。

だいたいの人間はたぶんパソコンを使いこなせてると僕を含め思ってるんじゃないかと思うんだが、実際知識無しで操作してこれほど怖いものはないなぁと思った。


う~ん・・・・・夢を広げたいわ。
金太郎飴の毎日 (2007/04/21)
ここ最近、平日は仕事。

家帰る。

パソコン、ギター、読書、寝る。

金曜日にゲオでレンタル。

土日でひたすら観る、パソコン、ギター、読書、寝る。

一週間これの繰り返し。


もしかしたら無限ループで人に話してもつまらん生活をしていくんかとふと思ったので、このエンドレスを止めてみた。

ただ単にレンタルせんかっただけだが・・・。

思えば、僕地元で遊べる人間が数少ないわりには(地元じゃなくともそうだが)その関係を滞らせたり数少ない友人が地元から出てしまったりしとるので結構寂しい人間だわ。

まあ気は楽なんだが、客観的に観て僕が親だったら

「もうちょっと遊びにいってこいや」

っていう感じだわ。

本人はそれでも満足した気がしてるのがたちわるいんだが。


ちなみに最近は、前にも書いたけど「竜馬がゆく」を読んでて、ようやく第4巻読み終わり半分終了した。

そんでもって東野圭吾の「毒笑小説」を買った。

「怪笑小説」のような短編集で、読んでみるとやっぱり星新一っぽい(好きなんだろうか?)。

まだ東野圭吾の元々の分野の推理小説は買ってない(というか推理小説自体買ったことがない)のでそろそろ買ってみようか・・・・。

同期の子で東野圭吾好きな子がおるんやけど、おもしろいらしい。


久しぶりに今、家の中で音楽かけてみたんだが、FEEDER見に行きたいわ。


まあそんなけ。

書くことないな・・・。
アニメ街道まっしぐら (2007/04/14)
昨日タバコを買いに散歩がてら歩いてたら

わんわんわん!!!

犬の声。

遠くを見るとなんか犬っぽいやつがたんぼ道の真ん中にいる。

ああ、野良「わんわん」か・・・。

通り道なのでだんだん「わんわん」に近づいてくとどうも普通の野良「わんわん」じゃない。

小さくて

胴長で

短足

まさかとは思ったがやはり

ミニチュアダックス!!!!

「わんわんわんわん」

わんわんて、おまえそんなこと言ってる場合かと。

なんでペット用に開発された「わんわん」であるミニチュアダックスさんが野良「わんわん」にジョブチェンジしてるのかと。

野生の王国に入ったら間違いなく進化の過程で淘汰されるような種族だろ・・・・間違いなく野良じゃあ生きてけないだろ。

「わんわんわんわんわんわんわんわんわんわんわんわん」

威勢だけばいっちょまえにベテラン野生の野良「わんわん」ことダックスさん。

あとで判明したこと(まああくまで推測だが・・・判明じゃないなこれは)だけれどどうやら近所のペットであるダックスさんが勝手に家を飛び出しはしゃいでいるところに僕が遭遇、といった感じ。

まあダックスさんにしてみれば

「外に行ってみたかった」

と昔あった総督「金」の息子が

「ディズニーランドに行ってみたかった」

とかいって日本に来るのと同じノリだったみたい。


ああ・・・野良だったら家に連れて帰ったのに・・・・

ペット飼いてぇ


どうもこんばんは。

ペットのいない僕の休日は淋しいもので金曜日に仕事の帰りスーツで勇気を出して借りたアニメを見るというもの。

ほんとアニメばっかみてて自分でも

これは異常かもしれない

と薄々感づいてはいるんだけど。

今見てるのは

エヴァンゲリオン

パトレイバー

ガンダム

妄想代理人

なんだけど、書いてみるとかなりパンチきいとるな。

エヴァンゲリオンはまあ前に書いたけど、おもしろいけど一つ言いたいのが

アーティスティックぶった態度が気に入らない

くらい。

あと劇場公開のおかげで借りるやつが多いから

ゲオで借りてるやつはさっさと返しやがれ

6以降が全く借りられん。

パトレイバーはおもしろい、そして懐かしい(昔ファミコンのディスクシステムでゲームよくやっとった)。

押井守

最高。

早く「攻殻機動隊」の3が旧作になることを祈る。

ガンダムは最近は「ポケットの中の戦争」を見た。

これはまあ好きな方。

最後に二人とも死ねば良かったとは思う(ネタばれギリギリか・・・)。

どうやら富野の作品は黒トミノ、白トミノ分類されるようで、正直興味ない人には

きめぇwwwwwwwwwwwwwww

の一言なので説明はせんが、「ポケットの中の戦争」は黒トミノ寄り。

まあそんなことより僕は「Vガンダム」が見たいから

ゲオで借りたやつはさっさと返しやがれ

あとターンAも。


あと「妄想代理人」。

サスペンス系なんだけど、サスペンス系作品にありがちなやたらと専門用語でハードコアに塗り固めた作品でもなく、まあ見やすい。

OPとかの監督とかの名前のやつでやたらとバーミヤン的な名前を多く見かけるけどあれはなんで?

詳しく教えてくれ。

妄想代理人は本題のアニメの書き込みやらストーリーよりもオープニングの曲がやたらと気になる。

続きは↓へ行こう、あんま動画貼ると重いやろうで

付記

最初の試練(独りぼっち) (2007/04/14)
今週から研修も終わり僕も仕事を始めた。

仕事は

図面とか見ないといかんもんで正直技術系では無い僕には何のことやらよくわからんが、まあ覚えてくしかないやろ

という感じ。

まあ家からものすごい仕事場が近いのと定時にちゃんと終わる(今のところは役立たずやでおってもどうしようもないんだが)のでかなり楽。

昔やっとったネットショップのバイトよりは断然楽。

あのバイトよりは苦痛な仕事はないんじゃないかと思うのでまあ安心はしてる。

しかし、初めての試練はすぐにやってきた!!!!

僕の部の僕の所属する課は4人しかいないんですよ。

ほんでうち二人はだいたい外出することが多くで結構いない。

だいたい昼から終わりまでいるのは僕と課長(厳密に言えば課長ではないんだが僕の課のリーダーね)だけってのが多いパターン。

その日はどうやら朝からその課長の課長職用の研修があったらしいんだけど、うちの課長は知らんくて当日連絡があってから知ったそうで午後から慌てて出て行った。

当然のごとく他の二人は昼ちょっと過ぎにはでてってしまうので僕が必然的に一人ぼっちで言わば課を任された状態になってしまった。

そうはいっても僕に可能な仕事は限られたものしかないしその仕事もさっき書いた図面見ないといかんやつやもんで正直なところ課長に聞いてみないとわからん。

そんでもって電話番までこのほぼ何も知らない男がやらないといけないわけで、かなり事態は深刻だった。

もう電話が鳴らないことを祈りつつそして課長が早く帰ってくることを祈りつつ、わからん仕事以外を片づけてしまった僕は、すでに何もすることがなくおとなしくキョロキョロしとった。

帰ってこない課長。

待つ僕。

進む時間。

鳴らない電話。

帰ってこない課長。

待つ僕。

鳴らない電話。

帰ってこない電話。

待つ僕。

なり始めた電話。

まじどうしよう・・・・。

とりあえず、誰もとる人もいないので、とることにした。

僕「もしもし○○ですけど・・・。」

「もしもし、○○ですけど、○○(課長)さんいます?」

僕「今○○で出ていますけどどうします?」

「あ~わかりました」

プーップーップー


何とかなりました。

しかし課長、早く帰ってきてくれ。

そしたらまた電話が

さっきの人が

「すいません急な電話なんだけど取り次いで貰っても良い?」

「え・・・・(僕正直仕事把握できてないけど)・・・・・あ・・・・はい・・・・わかりました」

とまあ転送されてきた電話。

何とかメモをしまくって(まあメモして伝えればいいだけの電話やったのが幸い)その場をしのいだ。


帰ってこない課長。

待つ僕。

鳴らない電話。

帰ってこない課長。

待つ僕。

鳴らない電話。

早く帰ってきて課長。

待つ僕。

鳴らない電話。

誰か来た。

「ちょっとこの書類先に片づけて。」

「あ・・・はい。」

図面を見る僕。

なんとか僕にもできそうなやつだ。

しかし・・・何故か不安になる。

課長がいないとこうも違うか・・・・。

もしかしてこれって恋?


とまあそんなことを思いながら

「まあこんで大丈夫やろ」

と持ち前の無責任さでうまくやり過ごした。


その後課長は帰ってきたけれど、僕がとった電話の件やら何やらで僕が仕事の質問をする暇がなく独りぼっちのときより若干不安になった。

気苦労が多い一日だった。
フィンガーピッキングコンテスト (2007/04/08)
今日はいろいろやったったよ。

どうもこんばんは。

世の中にはほんと数限りなく何かをするという行為があるんですが、もう一つ一つとってもやたらと大会がある。

セックス的なことまで文字通りナニの件まで大会がある。

アコースティックギターのフィンガーピッキングスタイルというのにももちろん大会というのがあってこれまた国内だけでなく世界的なものまでその界隈の人には有名なもので、YOU TUBEなんかで動画見てると頻繁にコンテスト受賞者的な人たちを見かける。

僕の中で一際輝いて見えるギタリストがおってドン・ロスっていう全米フィンガーピッキングコンテストの受賞者なんだけど、かっこいい。

見てくれはもうほんと海賊のキャプテンの付き人みたいな人なんだが、かっこいい。



この人↑なんだけど。

まあ僕はあまりギター詳しくないで知らんけどとりあえず親指にサム・ピック(やったかな・・)をはめてる。

たぶん低音弦を親指のみでオルタネイトで素早く弾いてるから必要なんだろうが、このピックが結構使いづらい。

巧い人は基本的にサム・ピックを自分の使いやすいように加工するそうでまあこれは別にええわ。

この人の何が良いかって曲もええんやけど、例えばこの人↓みたいに



ボディやたらと叩かんわりにはリズム良い弾き方(誤解を招く言い方だが)僕の見たやつは多いというだけなんだが。

ボディ叩いてリズムとってメロディとベースラインもやっていろいろすごい人っていうのは結構多いんだが、感心はするけど、あんまり好きじゃないだけの話なんだが。

どうしてもそういうのを見ると

そんならバンドでやれや!!

と言いたくなる。

いやバンドじゃなくても打ち込みでもなんでも良いんだが。

妙に別にやらなくても良いことをやって難しくしている気がしてならん。

そんなことを思いながら今日もギターのボディを叩く僕。
真っ赤な唇 (2007/04/07)
どうもこんばんは。

時間は感じている時は長いものですが、いざ経ってしまうと一瞬のことのように感じられます。

そうこうしているうちにまた、桜の咲く季節になりました。

去年の今頃は、まあなんやかんやありましたが、また今年もなんやかんやあります。

社会人という体裁が自分の中にようやく収まり、今考えていることは研修中のどの時間を睡眠時間にあてるかというところです。

職業はここでは明かすつもりはありませんが、配属先はまあなかなかおもしろいところへ行った。

ちなみに僕の部屋はおじいさん、おじさんばかりでそんでもって全員が全員技術系の仕事に携わっていた人、携わっている人が多いです。

僕もなにやら技術的なことも知識のみは持つ必要があるっぽく、まあこれからゆっくり覚えればええかと。

研修はもちろんたくさんの新入社員と一緒に受けるわけですが、僕の性格上それほどなじめてはない(というか、やたらと軍団になっているところには入っていきたくない、もしくは入っていけないという意で)。

まあなんやかんや言ってますが、正直なところ前にやっていたバイトよりはかなり楽なんじゃないだろうかと思ってる。

社会人になった僕は当然の事ながら身だしなみもそれなりに社会人のそれに当てはめなければならないわけだけれど、髪が短すぎる・・・・これはそのうち伸ばそう。

一つ難点なのが髭を剃ったことによってこの乾燥した空気で口が渇いて若干ひび割れてきた。

仕事よりもこう、そういった部分が嫌な部分だと。



最近はまた本を読み出して、今読んでるのは司馬遼太郎の「竜馬がゆく」。

今二巻目なんだけど、結構読みやすい。

まあ感想はいずれ。


これといって書くことも特に無い、以前よりは考えて(ネタを)生きようとは思わなくなったのでなかなかこういうところに書く機会は無いね。

そういえば、研修始まる前にジッポを買った。

最近出た(らしい)ルパンのジッポ。


あとは、ジョンバトラートリオが活動が活発になってきたようで、結構いろいろな曲が発表されてる(たぶんもうすぐアルバム出すんじゃないだろうか)。



これ↑とか





これ↑はもしかしたらちゃうかも





これ↑もかな


若干だけど感覚的にメロディーとかが変化してきたような気がするが、相変わらず良い感じ。

どの程度人気なのか(本国でも日本でも)分からんが、是非ともがんばって頂きたい、そんでもってせめて名古屋にライブに来て欲しい(行けるか微妙だが)。

このバンド、結構カヴァーもやっとるようでこれもまたYOU TUBEで見られるので興味ある方、一度探してみるとええよ。



最近は全くと言っていいほどバンドのHP見てないのでとにかく情報が薄いからこう、このバンド新しい曲出したよとかそういうことが書けないが、まあええわ、終わりにしよう。
ページ上部に戻る▲
空想ジャンクションボーイズ © 千 2007. (http://thousand.blog7.fc2.com/)
/
This BlogTemplate's origin was written by Tamico.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。