月別ログ_2007年03月分
スポンサーサイト (--/--/--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ジプシー (2007/03/29)
これといって最近いろんな音楽を聴いているわけでもないんだが、先週に名古屋に行ったときにタワレコにいった。

別に買いたいものも無かった(というか売られてなかっただけだが)んだがせっかく名古屋に来たくせに何も買わないというのもひどくアレだったので何かは買おうとココロには決めていた。

なんとなく良い感じの曲が店内にかかっていたのでたぶんこれは置いてあるなと思い探してみるとやはりおすすめ的な感じで置かれていた。

ジャスティン・トンプソンっていうジャズギタリストのやつなんだけど、まあ歌も歌ってる。

歌はまあジャック・ジョンソンがジャズっぽくなりましたっていう感じ。

ギターは説明的なやつにはジャンゴとウェスから影響を受けたとか、セッツァー好きにはおすすめと書いてあるんだが。

セッツァー好きにそこまでおすすめはしんでも良いと言う感じ。

ギタープレイはなんとなくウェスよりもジャンゴっぽいスウィングジャズな感じ(まあスウィングジャズだから当たり前だが)。

ウェス的な要素はたまに

「ちょっとウェスっぽいフレーズかなぁ?」

くらい、正直なところオクターブ奏法と親指弾きのあのサウンドがないとウェス・モンゴメリーっぽいという気がしない。

ほんでもなかなか良くて、なぜかニルヴァナのsmells like teen spiritのカヴァーをやってる。

カヴァーっていってももろスイングジャズになってるからニルヴァナ好きにはおすすめはせんが、ここまで変わるんやっていうくらいは変わっている。

他のメンツは特に良い印象はなかったと思う。

そのくらいやな、新しいのは。

本日3作目
スポンサーサイト
黒澤明と用心棒 (2007/03/29)
かれこれバイトを辞めて一ヶ月。

職場は公には言わんが、来週からもう始まる。

まあ明日別の理由で全然関係ない職場行ってくるんだが。

最近は読書熱もほんとに冷めてしまい、やたらとDVD借りて見てる。

バイトを辞める前に

「バイトが終わったら黒澤明を見よう」

と何故かココロに決めていたので見た。


黒澤明「用心棒」「7人の侍」を見た。

なかなかおもしろかった。

特に用心棒の三船敏郎演じる椿三十郎が。

ちなみに「7人の侍」にも三船さんが出ててそれがデビュー作らしいね。


あとは甲殻機動隊をすべて見終えた。

セカンドも相変わらず最後にタチコマが泣かせてくれる。

ちなみに最近ようやくパトレイバーを見始めた。

こっちはまあまあやけど内容は嫌いじゃない。


あとはクリムゾンリバー1・2共に見た。

1ははじめの方はおもしろかったけど、だんだんサスペンスじゃなくなってない?っていう感じ。

2は度を超えてサスペンスじゃなくなってない?っていう感じ。

正直あまりおすすめはしない。


あと食わず嫌いで見てなかった(正確に言えば最初に見た最終話で完全に萎えた)エヴァンゲリオンを4話くらいまで見た。

やっぱりそこまで僕の好きな感じではないが、まあ全部見てみる。


あとはバンドオブブラザーズを全部見た。

これは僕の好きなタイプの典型。

軍隊の比較的連帯のとれた動作がたぶん僕にはたまらんみたい(メタルギアが好きな理由もそれだと思う、ちなみに映画化決定したらしいな)。

パイレーツオブカリビアンも二作見た。

まあまあ。


まあこんな感じ、特におすすめするほどのはない。

本日二作目
僕と大阪とマンダム(男の領域) (2007/03/29)
メイド服なんか好きなやつ頭いってんじゃないの?

  ,j;;;;;j,. ---一、 `  ―--‐、_ l;;;;;;
 {;;;;;;ゝ T辷iフ i    f'辷jァ  !i;;;;;   
  ヾ;;;ハ    ノ       .::!lリ;;r゙  そんなふうに考えていた時期が
   `Z;i   〈.,_..,.      ノ;;;;;;;;>  俺にもありました
   ,;ぇハ、 、_,.ー-、_',.    ,f゙: Y;;f
   ~''戈ヽ   `二´    r'´:::. `!

うまく貼れてないな。

こう、一度書かないと今まで習慣化されていたのがすべておじゃんになってまうもので、このままこのブログも終わってしまうんじゃないかと思ったんだが、意を決してがんばって書いてみることにした。

この空白の時間にいろいろあったので今日は3つぐらい更新してみようか。

ちなみに最近、若干バカにしていたメイド服が良いかもみたいな、

「メイド服ってどう思う?」

って聞かれたら

「Not Bad」

ってネイティブな感じで返せるくらいは好きになってきた自分がいる。

それもこれも、先週大阪に行ってきたことがきっかけだった(別にそれほどひどい状況ではないが)。

少し前に「ガンオタ」「ハルヒ厨」「おしゃれ」で最後の良スキルを前二者がぶちこわしにしてる(と僕は思ってる)友人が大阪に転勤になった。

それで、僕と山本っていう銀行員になりかけのやつとフリーターの先輩と行くことにした。

電車に揺られること二時間弱で大阪入りした僕たちは大阪で淋しく暮らしている友人と会い、まあいろいろやった。

転勤男の家は会社が金を払ってるわりにはかなり良いところで軽くむかついた。

天井でシティハンターのエンディングに出てきそうなクルクル回るやつが回っていた。

おもむろにハルヒを見始める転勤男と山本。

ちなみに見ていたやつは学園祭のやつな。

僕と先輩はモンハン2をやりながらしばらくだらだらしていた。

ハードロックカフェとかにも行った。

僕はかなり頭が痛くてまわりの人に迷惑をかけてしまった痛いキャラを演じていた。

まあ正直書こうにもこれといっておもしろい事件もなく終了したんだが、次の日、転勤男がPSPが欲しくなったようで買いに行った。

大阪の秋葉原みたいなとこ。

まあ、なかなか興味深いところで、オタやら婦女子がひしめきあっていて、僕も転勤男がPSP買う間、しばし山本さんとエロゲを見ていた。

そのあと転勤男のPSPをセットアップして軽くモンハン2を3人でやってみるためにメイド喫茶に行こうと。

入る直前になってフリーターの先輩はビビりだして僕も若干おどおどしながら山本と入り口に入ったんだが、

「おかえりなさいませ、ただいま満席でして・・・」

僕「じゃあこっちから願い下げだバーロー」

出ることになった。

そんでなんか良い感じの普通の喫茶店に入りしばしモンハン2をやった。

ちなみに転勤男はモンハン2買ったは良いんだがやってるのだろうか。

僕は制作者側を一発くらい殴りたいくらいは不満はあるんだが。


まあいいわ。

そんなくだらない話。

本日1作目
MUSHOKU!! (2007/03/05)
ものすごい何度も言ってるんだけれど、僕は今現在バイトをしてない。

大学も9月付けで卒業しているので学生でもない。

僕はいったい僕をなんと言えば良いのだろう。

真っ先に思いつくのは

Not in Education, Employment or Training

ニート。

でも僕はニートなのかはなはだ疑問だ。

実はニートの意味はかなり多い。

多いというか、誤った定義が多いらしいんだけれど

マスコミの定義↓

・○○する意欲が無い

これだったら僕はニートじゃない。


お国的な解釈↓

働いておらず、教育も訓練も受けていない者

ああ、これなら僕はニートかもしれんが、だが断る。


ちなみにニートという言葉発祥の地のイギリスの定義では↓

16~18歳の教育機関に所属せず、雇用されておらず、職業訓練に参加していない者

らしいので、僕は違うね。


正直

「おれ今ニート」

みたいな発言が軽くむかつくのでニートは嫌だ。

そんな僕には残された選択肢は一つ。

無職

これもかなりどうかと思うが。

「23歳無職の男性」

あかんやろ。

性的な犯罪をおこしかねんプロフィールですよ、これは。

ニートでも無職でもどうでもええやん、そう思うかもしれんが、コレ結構切実な話で今日新しく預金通帳を作りに行ったんだが。

持ち前の愛想の良さで銀行の人も

「あら、気さくな人」

みたいな感じで書くモノ書いたりしてたんだけど、こういう用紙ってだいたい職業書かせるところあるのね。


そんでさっき書いたみたいなこと考えて、

「あ~なんて書こう、まあめんどくさいで書かんでもいいやろ」

と思い空白で出しましたところ、案の定

銀行の人「すいません、こちらは・・・」

ああ、きっと聞かれると思ってましたよ、僕は

僕「ああ、僕、今働いてないんですけど・・・」

銀行の人「ああ、学生の方ですか?それでしたら」

僕「学生でもないですね」

ちょうど隣でなんかいろいろやってた人がこっち見たんですよ。

こっちを奇異の目で見てるんですよ。

「なんだ、おまえニートか」

っていう感じで。

ものすごい弁解したかった。

銀行の人も

「じゃあここに(なし)って書いてもらえますか」

とかなんかちょっとさっきまでの親切さはどこにいってしまったんだと。

さっきまで僕が巧く押せないハンコとかを代わりに押してくれたりしたじゃないかと。

僕もなんでか罪悪感にかられ

「ああ、すいません、すいません」

と謝りながら職業欄に「なし」と書いてそそくさと椅子に戻り、通帳ができるやいなや外に出た。


ちなみに帰りは定年後「無職」のオトンが一緒だった。
かわいいふりしてあの娘わりとやるもんだねと (2007/03/02)
ちょっとかわいいからって調子にのってんじゃないわよ!!!

という言い回しがあるんだけど、これって言った本人と言われた本人の違いでなんとなく感じるモノが違う気がする。

まあ要は「かわいい」点についてだが、もし「かわいいレベル」が

言った本人 < 言われた本人

まあ言われた本人の方が「かわいいレベル」が上の場合(言った本人の主観の問題だが)だと、もう嫉妬ですよ、これは嫉妬。

だいたいこういう場合は典型的な例として同じ教室でちやほやされてる女の子に対し、遠くの席から睨みをきかせ、押し殺した調子で



「ふん!なによ!男どもはすぐちやほやしちゃって。だいたいあの子もあの子よ、ちょっとかわいいからって調子にのってんじゃないわよ」


っていう感じだね。

これが言った本人的には

言った本人 > 言われた本人

の場合だともうこれは「唯我独尊」パターンで、どっちかというと憎悪の対象は男の方にある。

でも男の方には言えないのでそれが回って女性の方へ。

一例としては

A子がトイレの個室から出た時、不良のB子・C子・D子が入ってきた。

A子がトイレから出ようとするとその通り道を三人が塞いだ。

怯えるA子が後ずさり。

詰め寄る不良三人組。

B子「ちょっとあなた」

A子「はい・・・・」

B子「あなたさっきE男くんとしゃべってたわよねぇ」

A子「あ・・でもあれは・・・」

B子「あれは何?あなたねぇ、ちょっとうかれてるんじゃないの?ちょっとかわいいからって調子にのってんじゃないわよ!!」

C子・D子「そうよそうよ。」


みたいな感じ。


まあだから何だという話だが・・・・もうええわ。
天才メガネボーイ (2007/03/02)
僕は、新聞はほぼ読まない。

最近ではテレビ欄でさえ、見ることもなくなった。

だがしかし、うちはちなみに朝日新聞さんなんだが、「天声人語」だけは読む。

まあ特におもしろいからという理由でもなく、読むのがめんどくさくないレベルの文字数であるからして、まあなんとなく新聞読みましたみたいな気がするからなのだが。

そんななか、最近ちょっと

「ふーん」

っていうやつを見つけた。

天才は1%のひらめきと99%の努力

BBクイーンズの「踊るポンポコリン」で大変その名を知られるようになったトーマス・エジソン(偉い人っていうのはもう常識)さんの名言なのだが。

もうこの言葉、「努力が重要」という意味が一般的なのですが、実際エジソンさんの主旨とは変わっているものだそうです。


これまた便利な「wikipedia」にエジソンさんが事典としてあるので思いっきり引用しようと思うんだけれど

まずエジソンさんが後年語ったところによると

「私を取材した若い記者は私の言葉を聞いて、落胆したのか大衆受けを狙ったのか、努力の美徳を強調するニュアンスに勝手に書き換えて発表してしまった」

らしいよ。

エジソンが本当に語ったのは

「1%のひらめきがなければ99%の努力は無駄である」

だそうで、こっからが「wikipedia」の記事と天声人語の記事が違ってくるんだが、

天声人語では

「ひらめきを逃さないよう努力するのが99%」

と言う解釈の仕方やったと思う。

要するに天声人語は

「努力」→「ひらめき」

努力してひらめきを待ちそれを逃さないようにする

もしくは

「ひらめき」→「努力」

ひらめきを現実のものとするため努力する

のどっちともとれるっちゃあとれる(あくまで僕の記憶が確かならばだけど)。

「wikipedia」では

例えば電球を発明するのに一万回失敗しても挫折せずに努力し続けるよう 彼を支えたものであったと思われている。 つまり、エジソンにはひらめきに裏付けられた確信があったのであろう。

たぶんこの感じだと、

「ひらめき」→「努力」

っぽいんだけど。


まあ要は天才っていうのはやっぱり「ひらめき」が重要らしいよ。

ほんでもひらめいたとしてもそれを具現化できるほどのスキルを持ってないと意味あらへんよっていうことみたい。


まあそんなけだけど。



ちなみにBBクイーンズのギターの人はクラプトンの大ファンで今もライブでクラプトンの曲弾いたりしてるらしいよ。

その界隈では有名らしいよ。
ページ上部に戻る▲
空想ジャンクションボーイズ © 千 2007. (http://thousand.blog7.fc2.com/)
/
This BlogTemplate's origin was written by Tamico.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。