月別ログ_2006年02月分
スポンサーサイト (--/--/--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
フィナーレにむかって (2006/02/26)
どうもこんばんは。

ここ数日、私的なことばかりで申し訳ないとは思ってはないけど、なんか微妙なんだが、

ほんと、僕の、4年間にわたった怠慢な一人暮らしもいろんなことをやっていると終盤に入ったのだなぁと実感しています。

その一つ、インターネット、2月中に完全に停止します。

明日から、いろいろあるのでたぶんこのブログをこの部屋で書くことは最後になります。

だからなんだと言われても、ただそれだけであるとしか答えようがないのだけれど、

というわけで、今週と来週はかなりブログの更新が滞るのですよ。

まあそれだけなんだが・・・・。

今日は練習だったよ。

練習って楽しいね。
スポンサーサイト
夜中のクリーニングマンPART2 (2006/02/25)
草野仁さんがハッスルマニアにデビューするそうで、

草野最強伝説が遂に始動しますね。

まあ特に言いたいことはないんやけど・・・・。

現在サンフランシスコで残りの余生を楽しんでいる矢野さんから

こんなん好きやろ?

っていうメールが来て、内容がこのニュース(livedoor newsなんやけど)のアドレスが書かれていただけっていう・・・・。

だから触れとかんとなんかまずいかなぁという私的な話。

どうもこんばんは。

今日はまたまた風邪気味だったのですがとりあえず、最後のバイトに行って、病院に行って、寝てた。

病院でもらう薬ってえらい効くね。

まあちゃんと症状にあった薬だけ出してくれるでそれは当たり前なんだろうが・・・・。

調子も良くなったので昨日の続きをしているんだけれど、モノが溢れているなか、意外に整理整頓できてきてる・・・。

意外に今日昨日と集中力が続くのではかどった作業なんだけれど、たまに

「あーこれは!!」

っていうものが見つかったりする。

今日は、ビニール袋を整理しとるときに、CD屋の袋が何でか知らんけど、中身入ってる。

中見てみるとCDが一枚。

もう新品も新品。

エレカシの「愛と夢」っていうアルバムなんやけど、

正直いつ買ったかは覚えてない・・・orz

これだいたいの曲が僕が持ってるCDにあるもんでたぶん、ついでに買ってこうっていう感じで買ってったけど家に帰ってそのまま忘れとったみたい・・・・。

まあそんなこんなで。

付記

夜中のクリーニングマン (2006/02/24)
どうもこんばんは。

大変私的なことですが

ただいま掃除中。

荷物を一応引っ越ししやすいように整理整頓やらなんやらしとるんやけど、どうもはかどらん。

CDとか整理しようとすると、

あーこれ懐かしいわ

って聴き始めるのは最早人間の性なんだろうか・・・・。

そういや、今日は伏見に行ってきたのだけれど意外に環境ええね。

あまり行ったことが実際になくて、行くときも夕暮れとか夜中になってしまうのだけど今日は午後から行っていたのでなかなかどこに何があるかとかが分かった。

ハードロックカフェとかね。

伏見には大学もあるような気がしないでもないし、それだったら住むところもあるだろうから、大変良いです。

伏見を僕が感じた風に言うならば

移動手段が徒歩でも全然住みやすい

気がする。

ドトールとかモスとか僕が近くにあったらええなぁと思うものが結構あったので。

まあそれだけなんだけど。

岐阜の近くに何もないところで育った僕にとっては、徒歩でいろんな店に行けたりしちゃうというのは結構な魅力で、そう考えると都会が良いなぁみたいな・・・・。

すごいね。 (2006/02/24)
どうもおはようございます。

何故こんなに早いか、理由はただ一つ

金メダルとったよ荒川選手。

特に理由もなく起きていた夜

はじまったフィギュア。

久しぶりにドキドキした。

テレビ相手にこれだけ期待と不安をしたのはおそらくはじめてなんじゃないだろうか・・・・。

特に気にかけていたわけでもないし、特にスケート自体に興味もあったわけではないけど、

頼むからミスしないでくれー

と。

妙に緊張。

結局全部見ることになったよ。

ベテラン二人ともすごいなぁと。

安藤選手は、今回はアレやったけど。

もしかしたら、4回転に固執しすぎたかもね、まあ見てる人の期待から固執せざるをえんかったやろうけど。

改めてオリンピックに出る人らはすごい人なんだなぁと思った。

あんま気にしてないんやけど、みんなそれぞれの国ではナンバー1とかナンバー2の人とかばっかりだから当たり前なんだけれどね。

うーん。

結構感動してしまった・・・。

きっちり荒川選手のコメントまで見終わったので寝よう・・・・。

付記

Samurai Chanbara(伝説のジャパニーズ・ウォリアーズ) (2006/02/23)
最近発売されたウルフルズの新曲

サムライソウル

をちょっと前にMステで聴いた。

僕の中ではかなり好きで、この曲が作られた経緯としてはどうやらトータス松本がものすごい侍に憧れて、なりたいなりたいと思って、音楽活動をしずにいたら、奥田民生とかに叱られて、それなら作ろうと

っていう感じ(やったと思う)だったそう。

侍ってたぶん、階級職なんだろうけど、ぼくらが一般的に憧れを抱くのは階級とかのキャリアじゃなくて、もっと言葉では言い切れないというか精神的な漠然としたことなんだろう。

トータス松本が憧れた「侍」っていうものはなんなんだろうと思って、色々辞書で調べとったのだけれど「侍」を指す言葉ってまあ思いつくんだけど改めてみるとちょっと多いね。

まあとりあえず「侍」

そんで「武士」

同じ漢字でいいんだろうけど「武士(もののふ)」(物部でもええんかな・・・)

他にも「武者(むしゃ)」(「むさ」っていうこともあるみたい。)

とりあえず思いつくのでこんなけで、英語で言ったら普通に「Samurai」か「Japanese Warrior」とか。

だから何だと聞かれれば、それだけだと答えざるをえんが・・・。

「侍」(まあここでは武士っていった方がええんか)という階級自体は江戸時代後期(まあ実際いつやったかは正確には覚えてないが)くらいにはお金を払えば取得できたらしく金持ちの商人とかは実際持ってた人も少なくないらしいよ。

「侍」の語源というのは動詞「さぶらう」の連用形からきてるようで元々は平安中期ごろから宮中や院を警固する者からはじまったのはまあ社会の授業で勉強しとるやろうでええか。

ほんで本題の精神的なことでぱっと思いつくのが

武士道

日本の武士階級に発達した道徳。鎌倉時代から発達し、江戸時代に儒学思想と結合して完成した。忠誠・勇敢・犠牲・信義・廉恥・礼節・名誉・質素・情愛などを尊重した。士道。

たとえば新撰組が武士に憧れて武士になった理由とか現代のぼくらが新撰組自体が好きっていう理由はここらへんにあるんだろう。

あんま関係ないけど、武士の荒々しさを織田信長とかは少しでも礼儀正しくしようと茶道とかで礼儀をしつけたらしいね。

京の街を行列で歩いたときに女性に話しかけたりした武士の首をはねさせたりしたらしいからかなり厳しかったのかもね。

そういうのも武士道形成において影響があったのかも。

九州男児とかもそういう武士道が原点になってるのかもね。

現在では「並みの人ではちょっとできないようなことをやってのける人。」のことを

彼はなかなかの侍だよ

っていう感じで言うみたい。

というわけで、

新撰組はかっこいいよ。

っていう話。

トータス松本の憧れた侍像についてはサムライソウルの歌詞見ればわかるよ・・・・・たぶん。

関係ないけど、毎回「バガボンド」と「勇午」と「バキ」の新巻が出るとそういう面で「あーすごいなぁ」と感心する。

まあ「バキ」はちょっと違う意味でだけど。

どうもこんばんは。

現代の侍と丁髷について考察していくブログ。

現代の侍っていえば誰だろうと思って、ふと思いついたのがエレカシの宮本浩次だったから今エレカシ聴いてる。

ということで、最近、暇なので、まあだいたいいつも暇なときが多いのだけれどテレビをよく見る。

ほんでもって有線がやってるネットTVのGYAOをよく見るのだけど、これ

NHKの番組が見れる。

表立ってるのは一応プロジェクトXと世界遺産系のやつと宇宙系のやつの以前テレビで放映されたやつなのだけれど、他にも考古学とか生物のやつとかやってて、

NHKのおもしろい部分

だけ楽しめる感じ。

っていうまあ、そういうのがあるんだよっていう話。
携帯リピーティングガールズ(RSI編) (2006/02/22)
155_02.jpg


気合いだー。

あ・・・・こいつじゃねぇわ・・・・。

ということで最近、妙に携帯が鳴っていたりしても気づかない。

いつもポケットに入れてるのだけれど、そんでもって着メロもバイブもオンにしとるんやけれど

まったくもって気づかん。

まあ別にええんやけど・・・・。

関係ないけれど

携帯メールの打ちすぎで、指の痛みなど「反復運動過多損傷」(RSI)を患う人が、イギリスだけで年間380万人に上る

らしいよ。

イギリスでは約12%の人が1日当たり1~20通の携帯メールを発信しており、10%の人はそれ以上、多い場合は100通を打ち込んでいるそうで、もしかしたら、日本人よりも多いんじゃない、

まあ調べてないでわからんけど。

そんなこんなで気をつけろっていう。

どうもこんばんは。

オリンピックももう終わりに近づいて、ようやく話のネタに使おうと思ったのだけれど、

僕が言いたいのは

日本が未だにメダル見取得

だとか

日本人に不利なルール変更

とかじゃなくて、日本のメダル見取得でいまいち盛り上がらないなか、熱意を十分すぎるほど持っているのに関わらず、そのせいでいまいちその熱意を出し切れないでモヤモヤしている

155_02.jpg


修造が結構見所やよ

っていう話。
エレクトリクス・ショッカーズ(PSE編) (2006/02/21)
音楽をしちゃったりしている人の中で

「PSE」表示のない電子/電気楽器(一部は除く)の販売が2006年4月1日より出来なくなるというのをご存じの方はどれだけいらっしゃるだろうか?

ちなみに僕は今日の今日知ったんだけれど。

まあ楽器だけでなく電化製品自体のことなのだけれど。

現在「PSE」マークのない楽器というのは

ギター/ベースアンプ、エフェクター、キーボード、プリ/パワーアンプ、PA機器など

らしいんだけれど、

分からんけど、ギター自体とかは別にええんか・・・・・。

そんならええわ。

っていう感じなのだけれど・・・。

そんでもって、まあとにかく、新品だろうが中古だろうが、PSEマークがないやつはもう買えません、売れませんよ。

っていうことなんだね。

そこで困るのが、古いやつ(まあようはヴィンテージ品)のものも購入できんから大問題っていうことらしいね。

まあ僕は困らんけど。

さすがにアンプまでビンテージで買うつもりはないし。

まあエフェクターは・・・・・

現在欲しいもんないし、結局困らん。

ほんでもエフェクターやったら、未だに根強い人気のビンテージ品のBOSSのOD-1とかRATの初期型のやつとか欲しい人は欲しいやろうけど。

まあようはこだわる人はこだわるわけです。

女性で音楽をやってる方はどっちかっていうと

新品のほうが良い

っていう人が多いだろう。

汚れてるとかそういう意味で。

ヴィンテージの良さっていうのはたぶん

マニア性



の二つに大きく分かれるような(僕はそう思うのだけれど)気がします。

ようは、この年代にはこういう風に作られてたとかデザインがこうだとか塗装はげはげになってまったやつとかもうきばんでまってるやつだって、実際かっこいいのですよ。

好きなアーティストが使ってるからとかね。

ヴィンテージ品は高いからビンテージのモデルは持ってるっていう人も少なくないはずだし、実際ヴィンテージモデルの需要もあるんやろうで作ってるわけだし。

音に関しては、たとえばギター自体(まあたぶんこれは規制対象外と自分では理解しとるのだけど一応)でいったら、古い木材の方がからっとしとって良いとか(まあこれはバイオリンとかでも一緒)。

冷たい水の中に何百年も沈没してて、年輪がしっかりと引き締まった木を使ったギターなんてのもあるくらいだから、木に関してはよっぽどのもの、実際、ギター等に使われてるものっていうのは高級木材がほとんどだそうで、本当に安いやつっていうのはもうその時点で評価価値がないからみたい。

そん次は、実際の部品、とかの劣化とかで、出力が低くなってるから。

ほんでもまあこれは、ヴィンテージモデルとかのピックアップで実際出力が抑えめのやつとかがあるから、まあそこまで問題なのではないかもしれんが・・・・。

エフェクターとかやと、まあ似てるのだけれど、この年代まではこういう作りだったのだけど、それから、安定性とかで規制されてもう昔の作りでは作られてないからとかね。

アンティークとかも一緒で古いものが人気があるっていうのは、ようは、古いから価値があるのではなくて、それ自体すでに価値を持ってるからっていうわけなんだろう・・・・。

中古とかでも普通より安く手に入るとか、実際、巧い人とかの弾いてたギターとかなんかは、良い状態になってるとか色々あるみたい。

ちなみに僕のストラトも中古で手に入れたのだけれど、元々の人がいろいろ好きにパーツを集めてって自分の好みにしたんだけど、結局ヴィンテージのすごく良いやつを買って本当に必要なくなったから捨て値で売ったみたいで、本当に僕も捨て値で手に入れたけど、なかなか良いよ。

乏しい理解と知識で一応気になったから書いたのだけれど、あんま自分でもよく分からんね。

まあ実際なんで規制するかっていったら、危険の可能性があって、何か問題があったときに

国が規制しんかったもんで、怪我したやろこのボケが、責任とれや

ってことになると実際、国としても困るでやろうけどね。

そのこと考えずに反対活動とかはしたらあかんよとは言いたい。

ってことが言いたい。

ちなみに僕は、今のところ特に僕に対して実害はないので

正直どっちでもいい

んだけれど。

どうもこんばんは。

さて、ここ4日間体調不良をやたら訴えて、少ない読者に対して媚をうっていたのだけれど、

いつまで経っても治らん。

こうなると人間、さすがに不安になるもんで

もしかしたら今までかかったことない病気なんじゃないか?

とさすがにびびって、今日は病院に行ってみた。

結果

胃腸風邪

なるほど、どおりで喉風邪の薬では治らんわけだ。

どうやら胃腸風邪も喉にくる時があるようで。

まあようするに

なんかあったら病院行け

っていうこと。

薬をたくさんもらったよ。

転居ザワールド (2006/02/20)


実家に帰らせてもらいます

ということで、僕はそろそろ引っ越すのだけれど、

いろんな契約を解約する

のがめんどくさくてたまらない。

今日ようやく電話をする運びとなりまして(まあめんどかったで今日までほかっといただけなんだけれど)、

住居

電話

インターネット

を解約手続きだけしました。

住居はまあ一度、契約した会社の事務所までいかないかんそうなんだけど、問題だったのは

電話とインターネット。

ほんとに久しぶりに理不尽にぶち切れそうになった。

とりあえず、インターネットを先に処理しようと思って電話したのが2時、なぜかしらんが、携帯電話でかけるときはフリーダイヤルが使えんらしいのでしょうがなくそっちでかける・・・。

インターネット「この電話は現在使われておりません、」

え・・・・。

インターネット「○○○の方におかけください」

まあしょうがないな・・・・っていうかそういうことは先に分かるように前もって電話番号変更のお知らせの手紙くらい出せよと・・・・。

しょうがなく、指定された番号にかける。

インターネット「こちらはフリーダイヤル○○○です。お客様のお電話ではご利用になれません」

はぁ?

僕はこの番号しか教えられてませんが・・・・・。

仕方ないで、解約手続きとかするとこじゃなくて、料金センターとかいうところに一度電話してそこで解約するセンターの番号を聞くことに。

インターネット「ただいま大変混雑しておりますので、このままお待ちいただくか、しばらくした後にお電話の方よろしくお願いします。」

とりあえず、切ってちょっとたってから電話

インターネット「ただいま大変(以下略)」

あーこんどるなぁ・・・。

先電話の方やっとくか・・・・。

電話「ただいま大変(以下略)」

・・・・・・

こっちもかよ・・・orz

まあこの時期引っ越し多いやろうで、混んでるのだろう・・・・。

そんでも電話会社の方は携帯でもフリーダイヤルが使えるので待つことに・・・。

10分後

つながったつながった。

そんで電話の方は終了。

インターネットの方に電話。

インターネット「ただいま大変(以下略)」

あーまだ混み合ってるのか。

しばらくして何度かかけては見たが、電話料金を貪り取られるのみで、いっこうにつながる気配がしん・・・・。

そこで

もしかしたら、僕が切った後にまた誰かしらが電話してまって、それでその誰かしらが切らずに待ってるから、優先順位が変わって僕が余計待つことになってるんじゃないのか

と思い、今度は仕方なくつながるまで待つことに。

5分後つながった。

ほんでそこで、ようやく解約手続きのできるセンターの番号を知ることができ電話(というか一つの場所で全部できるようにしとけと思うのだけれど)

インターネット「ただい(以下略)」

嗚呼・・・どうせこんなことだろうと思ったよ・・・・。

ということで、また切ってしばらくして電話をかけることを繰り返してみるが結局電話料金のみ貪られるため切らずに待つことに・・・・。

ほんでようやくつながって、手続き完了。

通話料金が出る・・・・

1600円orz

久しぶりに長電話したよ・・・・・。

まああんましゃべってないけどね・・・・。

たかが3件に電話するのに2時間近くかかったよ・・・・。

僕は短気なのかはしらんが・・・・

もうちょい、うまくまわす方法あるんじゃない?

と思った。

どうもこんばんは。

今日は午後から僕から姉ちゃんへの結婚記念のプレゼントがようやく届くので待ってるわけなのですが・・・・・

まだ来る気配がありません。

そんなこともあって、僕は家の中に一切の食料をおいていないので、午後から何も食べてないんだけれど、

というか、風邪の一件以来ほんとにろくなもん食ってないので、どうやら胃の方も限界に来たようで

妙にお腹が痛い。

まあさすがにそろそろ来るやろう・・・・。

来てくれんとさすがに困る・・・。

っていう、なんか分かりづらい話。

転居する人は早めにやっとかんと痛い目見るよ・・・・・と。

意思表示がなければ契約は続行されたものと見なされるらしいので。

付記

ヒストリーオブヒーローズ (2006/02/19)
ローリングストーンズがリオデジャネイロで無料コンサートを開き

約120万人

の客を動員したそうで。

まあ僕は結構有名どころの曲くらいしか知らんのだけれど。

ミック・ジャガーは100万人集まらなければ失敗と言っていたそうだが、現実にはそれをはるかに上回ってロックコンサート史上最大級のものとなった。

ストーンズのメンバーの平均年齢は60歳以上なのだけれど

恐ろしい爺集団

もう感嘆するしかない。

それにしても100万人相手にコンサートをするっていうのはどんなものなのか・・・・。

このローリングストーンズ、たぶん5月くらいに来日する。

日本ではないだろうが、ストーンズ、たしか前座でやるバンドが結構良いメンツだった場合が多いみたいで、ホワイトストライプスとかも前座でやっていたそう。

日本では(まあ僕が見た中では)、前座とかはあんまないのでそこに期待はしてないけれど(まああるところはあるやろうが・・・)、グランドファンクレイルロードとかはたしか、前座でやったライブで爆発的に人気がのびたりしたようなので、そういうのを増やしてほしいなぁと・・・・。

どうもこんばんは。

今、セガールがテロリストと戦ってるよ。

さて、昨日の夜に僕の風邪は最高潮を記録したみたいで、そのままダウンして起きたら朝だったわけで、今日はまだフラフラはしたので、大事をとって家にいた。

そんで昨日は帰ってからほぼ寝てたので早く起きたわけだけれど、久しぶりに朝のヒーローモノを見た。

たぶん今日から戦隊ものは新しくなって(たしかボウケンジャーとか言ってた)けれど、

最近のヒーローモノはすごいな。

ほんと感心。

やたらCGが使ってあって、ようやるなぁと・・・・・。

最近のヒーローモノってもしかして昔と違って、男3人と女2人っていう組み合わせが多いの?

昔はピンクのみが女性だったような気がするが・・・・。

しかも、一人は天然ボケキャラ(こいつはイエロー)でもう一人は優等生キャラ(こいつがピンク)で、マニアの心をがっちりつかもうとしている気がしてならない・・・。

ほんでこの内容がおもしろくて、全体の話はたぶん、漫画「スプリガン」のパクリみたいなもんでオーパーツを悪用されんように集めることみたいなんだけれど、

そのオーパーツと一緒に、悪い軍団をよみがえらせてしまったっていう

正直迷惑きわまりない

ものだった。

はじめからほかっておけば良かったのじゃないのかと・・・。

余計なことをしたんじゃないのかと・・・。

するどく指摘したいところ・・・・。

あと、どうやら主人公たちの設定がトレジャーハンターとかやもんで、武器にスコップとかそういう系統を持ってるんやけど、オープニングの時かなんかにお馴染みの巨大ロボットがスコップもって地面をほっていたのが良かった。

非常に良かった。

そんでたしか、リーダー役のレッドが昔は狙った獲物は逃がさない「不滅の牙」とかなんとか言われてたらしくて、これも子供の心をがっちりつかみそう。

そんなこんなでまあ、ようは見てみりゃ分かる。

っていう話。

光陰は矢のごとく (2006/02/19)
今日

サイエンスミステリー「それは運命か奇跡か!? DNAが解き明かす人間の真実と愛」

というのがやっていて、僕はうつらうつらしながら見ていたのだけれど。

恐怖を感じる遺伝子による恐怖症やら前頭葉のみ25%破損した人のことやらやっていて、前頭葉のやつは以前にアンビリバボーかなんかで見たことがあったのだけれど、その番組でもう一つ以前に見たやつがあって

プロジェリア症候群のアシュリーちゃん。

これ見ている間に不覚にも寝てしまったのだけれど、このプロジェリア症候群というのは何だ?と。

これは早老症という病気の種類だそうで、他にもハンチントン・ギルフォード症候群・ウェルナー症候群というのがあり、それぞれがどういう違いなのかはちょっとわかんない。

要するに早老症というのは遺伝子病である遺伝子に異常が発生すると染色体が不安定になり、老化現象を発現するそう。

テレビでは一年で普通の10倍くらいで老いが進んでいくみたいなことを言ってた。

治療法は未だに解明されていないようだが、アシュリーちゃんは病気を理解した上で、

「人生もまだ捨てたモノじゃない」

と。

わずか15歳にしてすごいこと言ってるのだけれど、内心には恐怖だってあるだろう。

しかし、周りの助けもありながら現実に立ち向かっているのは偉大なことだなぁと。

参考↓

早老症

どうもこんばんは。

今週はずっと風邪気味な気がしてならんのだけれど、今日学校から帰ってきてどうやらピークを迎えたっぽくて、熱とかは別に苦にならんのだけれど、

関節痛

がいやだ。

というか昨日書いとった体の衰えっていうのはただ単に風邪気味やったでじゃないかと思うのだが。

とりあえず治せば安心か・・・・。

っていう希望。
なりたくてなりたくて (2006/02/18)
今、探偵ナイトスクープがやってるのだけれど、

納豆になりたい少年

というのがさっき依頼者でいた。

「なりたいものある?」

って聞かれて子供の中にはこの子のようにまさか予想もしていないとんでもないものになりたいと言い出す子は、よくテレビで見かけるし、実際、僕の従兄弟もそうだったし、僕自身も子供のころは「ウルトラマン」になりたいとやたらと言っていたそうで。

実際どうなのかは分からんが、子供の頭の柔らかさは群を抜いているっていうことなのだろうか・・・・。

最近は脳の力をアップさせることや脳を柔らかくすること、まあ要するに頭を良くすることが人気なのだけれど、

今日トイザらスでやってみた。

30歳。

まあこんなもんか・・・・・・・orz

たぶんこういうやつって頭の応用力とか理解力とかを鍛えるやつなんだろうね。

現代において技術の進歩はめざましく、たとえば、病院の患者の情報(まあカルテ、普通の企業とかでいったらお客さんの情報)とかもパソコンで管理するようになったし、これは実際ここ数年間の間にようやく確立したものです。

これから先もどんどんそういったものは増えていくだろうし、実際そういうものは、若い人のほうが受け入れやすいし理解もしやすい。

他にもなにか新しい問題があった場合にそれに対してのなにかしらの処置を考える早さや質なども思いつきやすいのかもしれん。

たぶんそういうのは全体の把握が容易にできるかが問題になってくるのだろうけど。

ただ単に本を読むことでは簡単にはこういう力がつかないし(ようは知識の話じゃない)、知識なんて通常暮らしていくだけでも経験などによって増えていく。

ほんでもこういう力をのばしていくことっていうのはなかなか集中してできるものじゃないだろうから、ゲーム感覚でできるっていうのは良いと思う。

実際歴史とかの勉強も教科書読むより漫画読んだほうが覚わりやすいし。

まあ

僕は買わんけど。

どうもこんばんは。

最近、体力の低下が著しい。

というより、今まで積もってきたものが顕著に見えるようになってきたのだろうけど。

昔は、アホみたいに無駄な動きが多かったのに、今はそんなこともないような気がする。

練習でも、前ほどの動きはないし・・・・・。

まあ改善するつもりは特にないんだけれど、自分の動けるっていうところを過信するとマジけがしかねん(今日も思いっきりこけたし)。

ということで、自分の身体能力に見合った行動をとっていかないかんなぁ・・・・。

っていう思い。
ゲット・ロスト・ストリーツ (2006/02/16)
ここ数日の間に2・3件道を尋ねられることがあった。

実際道ばたでいきなり知らない人から道を聞かれるっていうのは結構あることではないような気がするし、実際聞かれたところで僕は地理に詳しい人間ではないし土地勘もないし説明も下手だ。

あと、外見上の問題(まあ親切そうには見えないと思う)でもまず聞かれることは少ないだろうと思うのだけれど。

よっぽど迷った人がせっぱ詰まってたのか、他に(僕よりも)まともそうな人間がいなかったのか、僕しか人がいなかったのかは分からんけれど。

たぶん昔こういう日記に書いたのだけれど2年ほど前に学校から出た途端に声をかけられた。

ふと声の主の方に顔を向けると

外国人老夫妻

だった。

どうりで最初の声のかけ方が「エクスキューズミー」だったわけだと納得。

やたらと話かけてくるのだけれど、僕はあんまり意味も分からず、しばらくして

チャーチ(教会)

がどうのこうのと行ってるのが分かって、分かったからといって僕はキリシタンでもないので場所が分からない。

そこで分からんから「すいません分かりません」とでも行っておけばよかったんだけど、日本人の典型的な外国人に声をかけられた場合の行動、つまり

うろたえた

もんで、とりあえず、その人たちをなんとか着いてきてっていって学校の総合受付に行って聞いて、その道筋もうまく伝えれるとは思わなかったので、結局教会まで連れて行った。

ものすごい感謝されたのだけれど、結局、僕が断っておけば、老夫婦は他の人に聞いて場所が分かったのだから、ただ単に煩わしいことをしてしまったことと、外国語コンプレックスで自己嫌悪。

それが、僕が英会話学校に行った一番の理由かもしれん・・・・。

どうもこんばんは。

もはや日本でも英語を使わないといけない世の中に多少の苦悩を見せるブログ(まあ英語自体は嫌いではないのだけれど)。

今日は、朝っぱらに練習があったので学校へ。

そのあと、どうせなら、兄が貸してくれたMTRを利用しようと思って、とりあえずギターとマルチエフェクターっていうアホみたいにかさばるものを持って帰った。

ほんでMTRをとりあえず出して、家にヘッドフォンはあったのでそれ使えばなんとかなるやろと思ったら

端子あわへん・・・・orz

変換するやつもないので、うーん・・・・と思ったのだけれど、MTRの鞄の中に接続コードがあったので、ふと試そうと思って、MTRにつないでとりあえずテレビにつなげてみた。

音出た!

まあ当たり前なんだろうが・・・・・意外に使える代物やったな・・・・。

っていうあんまりボタンがたくさんある機械は苦手(というよりは、どこをどう押せばどうなるとかが分かってないだけだが)な僕の奇跡的な結果の話。
ムカデとサソリ(二匹の結婚の巻) (2006/02/16)
ギネスで

1000匹のムカデとおりの中で28日間過ごした男性と

3400匹のサソリと32日間をともにした女性が

結婚したそうだ。

ギネスブックに登録されたこともある2人は、南部サムイ島で出演したショーで知り合い、7年越しで愛を実らせた。

ヤフーニュースより。

テレビ番組の結果結婚したとか、今話題のブログで結婚したという人がいるこの現代、

ますます出会いの場は広まるばかりであるが、

興味があるのはムカデ男とサソリ女の築いた家庭には、予測としては当然ムカデとサソリが多数いるものと思われるのだが、

こえぇよ

と。

ほんでもムカデとサソリのおかげで結婚できたのだから、感謝感謝なのだろう。

とりあえず、子供の名前は男だったら

centipede(ムカデ)

女だったら

scorpion(サソリ)

で決まりだろう。

まあどちらにしても

こえぇよ

っていう感じなのだけれど。

どうもこんばんは。

所詮こんなブログっていう感じは否めないブログ。

今日は、バンドの練習もありつつで、久しぶりにストラトをアンプにつなぐ機会があったのだけれど

音太すぎ・・・・orz

こんなにストラトって音太かったっけというぐらいの太さ。

まさにストラト界のチャック・ウィルソン。

冗談が通じません。

まあ少しずつ直して行こう。

今日は飲み会があったのだけれど

今現在左脇腹が痛い。

尿道結石の精神的ダメージであることを祈りつつ疲れたから寝る。

っていう話。
バスト・オブ・エボリューションズ (2006/02/14)
ちょっと昔のやつを読み返してみたんだけど

アレだね。

ち○ことか書かなくなったね。

まあ良いことなんだろうが・・・・。

まあそれはそれ

これはこれ

で、今日は、日本女性のバストの話。

ふとニュースをネットで見てたんだけれど、日本女性のブラジャーのサイズっていうのは年々大きくなっているそうだ。

1980年
Aカップ58・6%/Bカップ25.2%/Cカップ11.7%/Dカップ4.5%

1990年
Aカップ44.7%⇒32.3%/Bカップ30.5%/Cカップ21.4%/Dカップ10.0%/Eカップ5.6%/F0.2%

1992年
Aカップ25.9%/Bカップ28.3%/Cカップ24.1%/Dカップ12・8%/Eカップ7.8%/F1.1%

1996年
Aカップ23.8%/Bカップ34.2%/Cカップ23.9%/Dカップ11.7%/Eカップ4.4%/F1・8%/Gカップ0.2%

2004年
Aカップ10.2%/Bカップ27.8%/Cカップ27.8%/Dカップ21.5%/Eカップ10.0%/F2.1%/Gカップ0.6%

↑EXITEニュースより

というようにまあ、1980~1990年においてはAカップが圧倒的に多くいが、近年にかけて、Bカップ層とCカップ層が主流になってきたみたい。

そして、年が経つにつれ、FカップやらGカップやらの大きい層も現れてきた。

食の欧米化などで現代女性の体格がよくなったということが要因でありそうだが、これだけが理由ではない(変化が著しいからみたい)ようで

その他の理由をまたEXITEニュースから抜粋するのだが

「以前は、バストが大きいのは恥ずかしい、隠したいという傾向が強かったので、本来のサイズより小さめのものをつけていた方もいたようです。最近は逆に隠すのではなくきれいに見せるという流れになっているので昔よりサイズを1つ大きくされたお客様もいると思います。デザインも谷間を作ってボリュームアップというものが多いですね。カップのタイプもしっかり包みこむフルカップよりハーフ、4分の3カップなどが売れています」

要するに評価視点の変化のようである。

昔のグラビア誌等はたぶん規制が厳しかったので、むやみに強調するようなことはしなかったのだろうが、近年にかけてその規制が緩和していったので、そういったメディアからの情報によってモノ(まあ今回はバストだが・・・)の見方というのが変わってきたのだろう。

まあ今では、いろんなところから贅肉を持ってきてバストアップを図るくらいだから数年の間でずいぶんものの考え方(まあ今回はバストだが・・・)が変わったなぁと。

まあ男としては、詳しいことはよく分からんな・・・・あくまで見る側の人間なので・・・。

どうもこんばんは。

なんとも書きにくいことを書いてまとめの収まりがつかんくなったブログ。

非常に私的なことなのだが、どうやら昨日から風邪をひいているようでたまに頭痛がする。

まあ特に問題はないんだが、頭痛っていうのは鬱陶しい。

動くとその分痛みが走るので、あんま動きたくなくなるので。

熱はまあでとったかでてないかは分からんが、大学4年間あまりの間で何度か高熱をくらったのであんまり気にならんようになってきた(まあほんとは良くないんだろうが・・・)。

そんなわけで雨も降っていたのでずっとギター弾いたりとかしていたのだけれど

ちょっとはうまくなったんじゃないか?

まあ所詮人並み程度だが・・・・。

まあそんなくらいか・・・。
ストラトス・ストラトス(誰かが街のどこかで編) (2006/02/13)
集団ストーカーというのをご存じだろうか?

文字通り集団で個人に対しストーカーのような行為を行い、個人の生活を邪魔するものですが、

一人の人間でなく、不特定多数の人間(被害者が見知らぬ人間も含めたものであると思われるが)が別々の日に違ったストーカー行為を働くので相手を特定することは難しく共謀の証明も難しいものであるためにストーカー規制法による処罰では対処できない恐れがあります。

また被害者の話で多いのは本人に心当たりがないことです。

この集団ストーカー、発想としては職場での嫌がらせによって被害者を辞職に追い込む「モビング」という行為と類似していますが違いは、集団ストーカーの場合、職場でなく日常の生活にまでいやがらせが及ぶというもので、

行為のねらいとしては、組織的に「偶然」を装った嫌がらせによって被害者を生活の困難な状況に陥れ「社会的抹殺」します。

僕が思うのは、もし学校という小さなコミュニティーで言えば、集団ストーカーはまだ被害者に暴力等の実質的な行為が起きていない「いじめ」。

しかもたちが悪いのは、それが、本人が全く原因ではなく言わば強制的に弱者にされるものです。そして、本人が原因ではないのでいつ起こるのか、予防のしようもありません。

日本に限ったことではなく世界的に集団ストーカーが増えているようで、個々の相手ではなく組織の特定が必要ですが、被害者が急増しているのにかかわらず、警察等の捜査機関も逃げ腰になっているということは否定できない現状なようです。

参考
An AntiGangStalkingActivitySite

文明が発達するにつれて、やっかいな事件の類型はどんどんと増えていくなぁと思います。

もしくは、もともとあったものだけれど、今まで見過ごされてきて名前がなかったか・・・。

まあとにかく、国も早く規制できる手段を考えていかないといけないですね。

というちょっとまじめな話。

どうもこんばんは。

今回は僕自身も、ちょっとタイトルの意味を把握できてないブログ。

そんなこんなで今日は、昨日買ったプラモを作ってみつつ、昨日返してもらったギターを弾いてみた。

そのギターはストラトキャスターで、僕が2年前に購入したものなんだけれど、

ストラト弾きやすいね。

というよりは、たぶん、僕がここ半年くらい弾いているギターがほんとろくでもない代物ばかりだったのが原因だと思うのだけれど。

一つめは

かっこばかりでその他のことはあんま考えられてないんじゃないか?とも思える

ファイアーバード

まあそこが良いっていうのがファイアーバードの通説のようだが・・・。

二つめは

僕がただ単にこういうギターっていうのはぶっとい弦はらんといかんのじゃないかと思っててそのままにしといた

アシュトンのアコースティックギター

まあ詳しい名前はしらんけど。

たぶんアシュトンっていうのはオーストラリア地域限定かなんかのメーカー。

ほんでもこの前の一件(結婚式)でマーチンの細めの弦付けたらえらいよくなった。

そんなこんなでストラトはやっぱり一番弾きやすいと思う。

まあ・・・・・・・だから何って言われると非常に困るのだが・・・・。
マニアックインプレッションの慟哭 (2006/02/12)
昨日、深夜に眠れなくて軽くテレビを見てたらプラモの番組が何故かやっていた。

プラモっていうのも、なかなか奥が深いものでいろいろな技術があります。

そのときやってたのは基本的には塗装の技術とかそういうので、

色彩のトリックスター○○○○(名前忘れた)

とか色々な異名を持つ言わばプロの作る人がもういい感じのおっさん具合なのに必死でプラモ作るわけです。

実際やってたのは塗装で陰影をうまく付けたりとか汚れとかを付けたりしてリアルさ(何をもってリアルというかは実際そいつ次第なんだけど)を出す的な。

こういうのも一つの芸のようなもので実際、それで収入を得ている(副業が多いそうだけれど)のはたいしたものだ。

実際、アホみたいに芸能人とかを一芸入試で入れてまうよりかは全然良いと思いますよ

早○田大学さん

みたいなね。

世の中にはいろいろなものがあって、その一つ一つに偉大な人の2・3人はいるものだなぁと。

僕もそれに影響されたかどうかは別として買ってみました

UCA04.jpg


キュベレイをな(4人で買いに行った)。

これ書き終わったら作ろう。

ちなみに去年もなんかよう分からんがザクを作った。

まあそんなけだが。

みなさんこんばんは。

プラスチックモデルを略したらプラモ

ガンダムのプラモを略すとガンプラ

だからガンプラっていうのはガンダムプラスチックモデルなんだ!

みたいなブログ。

そういや

ガンダムはロボットよりも宇宙服に近いからモビルスーツなんだ

っていうのはどうでもいい、ロボットでいいじゃないか・・・と僕は思う。

今日は栄に行ってHMVでCDを買った。

関係ないけど目的がないのに何かを買うとき、僕は基本的に色々見てほしいなぁと思うものをチョイスしてそのあとに買うものを選ぶようだ。

ちなみに買ったのは

ヤードバーズ「ロジャー・ジ・エンジニア」

これはジェフ・ベック在籍時代で僕が聴きたかった、「幻の10年(英題忘れたが・・・前いってたやつ)」があったので買った。
実際、この曲は良くて、まあほかの曲は・・・・・うーんっていう感じ。
まあいまのところやで聴き込んだら好きになるかもしれん。

あともう一枚

ウェス・モンゴメリー「フルハウス」

これはウェスの名盤のうちの一つらしくて、ライブやったので買った。
今聴いてるけど、やっぱウェス・モンゴメリーは良いね。
他にサックスのソロやらドラムやらベースソロもライブやでふんだんに入ってるから結構ギターには興味ねぇとか言っちゃってる人も聴けるんじゃない?
知らんけど。
曲的には今4曲目なんだけど、比較的アップテンポな曲が多いのかも。

ほんでCD買ったあとにラーメン横町とか言うとこ(僕はあんまようわからんけど、昭和の町中っぽい雰囲気の中にラーメン屋がいっぱいある)でラーメンを食った。

なかなかおいしかったと思うよ。

店の名前忘れたけど。

いろんな店があっていろんなスープやら麺のラーメンがあるからラーメン好きな人にはたまらんかもしれんね。

ちなみに僕は味噌ラーメンが一番好きなんだけど(みそ汁っぽくて)。

その後に路上で先輩のライブを見てギターを返してもらってパルコ(ちなみに今中古CDのセールやってる)とか行ってみてその前に偶然栄のそばの道ばたで先輩にあったりとかしていろいろあった。

ライブは寒空の中でPAもあまり良くなかったみたいだったので大変そうだった。

それでも他に出てたバンドより全然良かったと思うけど。

そんでそっからいろいろあって、プラモ買って帰ってきたっていうね。

そんな話。
祝いの宴 (2006/02/12)
僕だけかもしれないが「もらい泣き」って、そこまで感情が高ぶってないのに起こるものだ。

元々涙腺が弱いのかしらないが(この話は以前したような気がするが)僕は結構些細なことで泣くことがある。

そんな感じの今日。

どうもこんばんは。

前々から言っていた姉の結婚式(入籍は一年前にしてたのだが忙しくて式はしてなかったので)があった。

そんでもって、新婦の弟でなおかつなまじっか楽器が演奏できるというアレで兄に出し物的なものを手伝えと。

まあここまでは前に話したことなのであるが、一応前置き。

ということで、一昨日、一回だけしっかり兄と演奏を合わせる機会があった。

まあ僕はそんときは歌を唄うだけで(ピアノだけの曲なので、兄が伴奏)僕はなんにも練習してなかったのだが。

(ギターを)弾けとのお達し

で急遽弾くことになったわけです。

ほんでそもそも曲というのは僕ははじめ

「ああ、コブクロとかあーいう感じのやつはいややなぁ」

とか思ってたんだけれど(実際しっかり覚えんといかんもんで)

お題

コブクロの「永遠にともに」。

あちゃーorz

みたいな感じで。

まあそんなこんながあって結局特に他にやって受けそうな感じでもないだろうで、やることになり

あーこれピアノで作った曲やもんでコード進行めんどくさいわと思いつつ、そこそこ覚えて本番に望む。

挙式(なんていうのか分からんが教会みたいなとこでやるやつ)では、あらかじめ、姉が

「カメラ渡すで適当に撮ってくれればいいわ」

とか言ってたのだけれど、意外にスタッフと打ち合わせみたいなことをするほどめんどくさく、新郎新婦双方に一人ずつしかカメラとか撮る人は認められないもん(その理由は分からんが)で重大任務だった。

そんでおじさんがついでにデジタルビデオも撮ってくれと言ったので僕は右手でビデオ、左手カメラっていう怪しい出で立ちで結構器用なことをしとった(実際あんまうまくいってないが)。

そんで、披露宴が始まって、二人の生い立ちみたいなビデオでバックで流れている曲が

心がい~まと~ても~おだやか~なのは~

Σ(゜Д゜)

これが結構大問題で、

僕らが演奏する曲とモロかぶってる・・・・・・・orz

まあそんでも、それしか覚えてきてないので結局やる。

やってる最中にふと姉サイドの方を見ると

おいおい、お姉さん泣いとりますよ

と。

あまりの出来事に僕の演奏が止まる(まあそれだけが理由ではないが・・・・・要するにあんままともにやってなかったってことやけど)。

まあなかなか好評やったで良かったが・・・・。

他にもいろいろあったがまあこんな感じ。
前夜 (2006/02/10)
昨日は結局11時にお迎えが来て実家についたのは1時くらいで。

まあ大変。

結婚式というのは

まあ大変。

今日は、その出し物の前日一回限りの練習をして式場まで言って、電子機器がつなげれる試す。

そんなこんなで忙しいもんで、

まあアレだから終了。
選択クライシス(セレクション・セレクション・君は誰?編) (2006/02/09)
僕たち、私たちは人生において、まあこれでもかと言うくらいの選択をしていく。

受験やらなんやらだってそうであるし、「ああ今晩何食べよう」っていう些細なことでも・・・。

それはゲームのように決して3択でもないし、ましてやゲームのように後先考えずに決めれるものでもないのは当たり前である。

それでも人は選択によっては成功し、失敗する。

開き直りもあれば後悔することもある。

その選択の善し悪しによって人をすごいといい、また蔑む。

そして、文明が発達し社会が発達するにつれて選択の幅も程度も大きく増える。

そんな中、これはあきらかに選択ミスなんじゃないかと見られるのが

TVチャンピオン

である。

木曜日のゴールデンタイムっていうのは、僕はあんま見る番組がないので(それが結果的にTVチャンピオンみたいな番組でもなんとかなるっていうことに繋がるが・・・)しょうがなく見るのだけれど、最近

アキバ王決定戦

だとか

萌えフィギュア王決定戦

とか、今日なんか今までで一番むごいもので

ダメ独身男モテさせ王決定戦

どう評価するっていうんだ・・・・orz

そんな感じで、妙に間違った(というかただ単にキモイ)オタク感のみをフューチャリングして時代の波に乗ったきでいるTVチャンピオンを僕は

もう駄目だなと・・・応援しています

っていうね。

どうもこんばんは。

今日は、バイトがあって生徒の小学生と楽しくよろしくで、まあそんな感じ。

バイトが終わってから実家帰らないかんのだけれど、遅いもんでもう帰らんとこうと思ったら、兄が今日実家帰るそうなので、ついでにここまで迎えにきてもらうということで

わたしまーつーわ。いつまでもまーつーわ。

という訳で至極退屈な時間を過ごしている。
噂の空想ジャンクションボーイ、豊橋に上陸 (2006/02/08)
ニューギニア島で希少生物の未知の楽園が発見されたそうで

空からは全体像を把握できていてもまだまだ未開の地は多いようです。

新種の動物やら希少種が発見されてまあ生物学的に観るとすごい発見のようで

短期間の調査でこれほど多くの新種が確認された例は極めて珍しく、調査をした米環境保護団体コンサベーション・インターナショナル(CI)などのチームは「この地域の生態系の価値は計り知れない」と早急な保護対策を訴えた。
ヤフーニュースより

とまあ、すごいわけですね

うん。

関係ないけれど動物の中で最近見たいのが

SAI1.jpg


サイね。

いやーかっこいい。

ゴツゴツした体で角が生えてて

うん。

ちなみに漢字で書くと

犀(読めんね)

みたいな。

動物番組を見るとやたらと好きな動物っていうのが目移りするわけです。

どうもこんばんは。

「噂の」ってよくタイトルに使うけど全く噂になってないけどねっていう・・・・・。

まあそんなことはどうでもええんやけど。

今日はとある理由で実家から名古屋に帰る(帰るっていうのもおかしいが・・・・)ついでに豊橋によってった。

豊橋まで行くとまあ結構切符代が高くつくのだけれど(あんま気にはならんかったけど)名古屋にとりあえず到着したときに、ちらっと見えたのが

名古屋~豊橋間往復切符1800円

まあ値段はあんま詳しく覚えてないが・・・・・・orz

とりあえず岐阜からの切符は1890円(行きのみ)だったのでどう考えても、名古屋の切符買ってからのほうがや安くすんだ気がする・・・・・。

思えば岐阜駅で

僕「すいません。豊橋行きの切符って売ってないのですか?っていうかいくらですか?」

駅員さん「1番か2番の販売機に売ってますよ。1890円ですね。」

僕「ああ、どうもありがとうございました。」

こんときに名古屋~豊橋の件について教えてくれれば・・・・・

そりゃないっすよ~的なね・・・・・。

関係ないけど東海道線で昔浜松までは行ったことがあるのでアレなんだが・・・・・安城・刈谷くらい超えたころから急に田舎になるね。

まあそんな雨から雪へ、雪から雨に変わる・・・・晴れた的な相変わらずの微妙な天気の中僕は豊橋に。

ほんで豊橋でとりあえずまあそこそこの街になるわけやけど・・・。

軽い田園風景的なね・・・・・そんななかにポツーンとした感じで見える蒲群あたりの観覧車ね・・・・。

ラグーナやったっけ・・・・。

あれがちょっと寂しかった。

まあ流行ってるのかどうか別として・・・・。

ほんで帰りに名古屋のバスに乗ったのだけれど

運転手さん「ありがとうございまーす(甘い声・・・・というかなんて言えばよう分からんけど恐ろしく優しい声)」

逆に吐き気を覚えるような声がたまらなかった・・・・・orz

とりあえず、最近よくある運転手の不祥事の後の処置のすごい裏の部分が妙に垣間見えた気がする・・・・。

というわけで久しぶりに帰ってきた名古屋は、

電灯まだ買ってないもんで部屋暗い・・・・orz

関係ないけど、豊橋でちょうど「バキ」の新巻でたもんで買ったよ。

っていう話。
アンビジブル(とうとう来たぞ透明人間編) (2006/02/07)
ネット配信で音楽が聴けるシステムが進歩してきたようで、今後はもしかしたらCDが無くなるんじゃないかという話がある。

ネット配信での利点は

ネット配信ならCDショップに足を運ばない層にも買ってもらえる。CD発売前の先行配信でも、話題性から注目度が高まる。iPodなどの携帯音楽プレーヤーの普及も背景にある。「どうせiPodで聴くのだからCDは要らない」というわけだ。BoAの例のように、録音からCD制作の期間を省いてファンに楽曲が届けられる素早さもメリットだ。

MSNニュースより

まあそうなんだろうね。

ほんでもCDショップに足を運ばない層っていうのは結局は特に音楽を聴かない人たちだろうから、そんなに利点とは思えないのだが・・・。

CDが無くなったらジャケットなど(もちろんCD自体も含めて)の製作のコストも削減できるし、実際にレンタルで借りるだけの人は、音楽そのモノのみにしか興味もないだろうしこっちの方が楽といえば楽。

特にジャケ買いっていうその場のノリ的な感じの人もいないし・・・。

CDが無くなることによって、元々目に見えない音楽がより目に見えないもの・・・・・要するに自分の所有している感じがなくなってしまうような気がしてそこはなんとなく寂しい気がする。

まあ完全に無くなるっていうことはないだろうけど。

こういうネット配信は何も音楽だけに限らず、本も電子書籍という形で今後配信が拡張されていくらしい。

僕が思うに・・・・ネット配信の一番の利点は、

場所を取らない

ってことだと思う。

データだとほんとちっこいSDカードに保存できるし、小説とかだと一度読んでしまうと僕は滅多に読み返さないので置き場に困る。

だもんでその点では便利。

これからはネット配信の拡大に伴って今も問題になってるやろうけど、データのコピーとかそういうことで問題が深刻になっていくやろうなぁと思う。

まあどのみち僕はほんとに欲しいモノはちゃんと自分に見える形で買うし元々収集壁があるであんま心配はなさそうだと・・・・。

どうもこんばんは。

あまり意味のないことをつらつらとネット配信しているブログ。

今日は意外に暖かい日和で、道路とか凍ることなくすんだ。

まあそんでも道路工事(なんかガス管を入れてるらしい)は普通にあるので鬱陶しいといえば鬱陶しい。

結構いろいろあったのだが、まあ結構今日は書いたのでまたいずれ思い出したら書こう

ちょっとした決断。
ストリート工事メン (2006/02/06)
どうやら最近僕の家の近辺だけかもしれんが道路工事が妙に多い。

まあ今年度の終わりをそろそろ迎える時は多くなるんだけどはっきりいって

邪魔

としか言いようがない。

もともと特にひび割れてたりとか問題ありそうな感じもしないので、そんなことやるならほんとにうちの近くの畦道みたいな腐った田舎道路を整備してほしいもんです。

ちょっと話は逸れるけど、最近やたらと太ったフィリピーナの女性を交通整備(まあ正直つったっとるだけやけど・・・タバコ吸いながら)でよく見るんやけど、なんか深い事情がありそうだ・・・・・・まあ興味ないけど。

あと今日車に乗ってて怖いなぁと思ったのが、

先読み運転

とかいうの?・・・・たしか。

信号がまだ赤のままなのに、もうすぐ青になるからと信号無視して行ってまったりだとか、僕が危なくなったのは、まだ僕が十字路を通りきってないのに対向車線のクソでかいトラックが右に曲がるために急に僕の車に近づいてきたりとか・・・・。

ほんと危うく十字路で悪魔に魂を売ってギターすごくうまくなってまうところだった(分からん人にはほんとに分からんネタやったな・・・・・)。

どうもこんばんは。

今日は、朝の4:30くらいに寝て午後2:30くらいに起きるという典型的な大学生のお手本のような暮らしからスタートした。

最近気温が低く、天気も悪いので雪が降ったり雨になったり霙になったりとほんとに

こなぁぁゆき・・・あれ・・・・・雨のち晴れもよ・・・・こなぁぁぁぁゆ・・・・また雨かよ・・・orz

的なレミオロメンみたいな天気ですが

特にすごいこともなかったな。

関係ないけどさっきニュースを見てたら

竹製キーボード「竹千代」発売──リンクス

みたいな。

はじめ鍵盤を押すと音が鳴るやつかと思ったら今使ってるやつで、とにかく説明↓がちょっとツボだった。

竹千代は、筐体に竹を採用するメンブレンスイッチタイプのUSB日本語104キーボード。竹の採用により、殺伐としたデスクトップに癒しと安らぎの空間を演出するとしている。

これ。

「殺伐としたデスクトップに癒しと安らぎの空間を演出」

あー・・・・そう・・・・。

ということは、これを買う人は

「あー、なんかデスクトップが殺伐としてるなぁ・・・・・もっとデスクトップに癒しと安らぎを求めたいから・・・・・・よし・・・・・この竹千代を買って、この竹の部分によってこの殺伐としたデスクトップに癒しと安らぎを演出してみよう」

みたいに思うんだろうなぁと思った。

まあ正直ニュースでとりあげるほどみんなが食いつくことなんかと問いたい・・・。
ファーストインプレッション (2006/02/06)
はじめの第一印象によってそいつの気質、とっつきにくいやつかとっつきやすいやつか決められて、そういう第一印象を持った人間の内ではそいつの人生が決められてしまうっていうことはよくあるもので、

まあそんなことはどうでもいいんやけど。

ようはファーストインプレッションっていうのは結構大事なんだけれど、一概にそんなことも言えないのだけれど。

ちなみに僕の場合は、ときどきでテンションの上がる時がだいぶ変わるので(だれか見知りの気が合う人がおったらまあ普段通り、それ以外だとかなりツンケンしとる)まあようはその時々によってそれぞれの相手の印象が変わる。

ようするに

今日特に言いたいことがうまく書けん。

どうもこんばんは。

今日は、昼だいぶ過ぎに先輩と会うために連れを集め車で

ブーン。

寒空の下を車で

ブーン。

とまあ楽しかったと。

そんで連れとお風呂に入って、湯船で

ブーン。

まあそんな感じ。
伝説の名水を追え(80%ウォーターボーイズ編) (2006/02/04)
今日の昼間くらいにN○Kでアメリカの料理番組で指定された食材を使って対決的なやつが放送されていた。

指定された食材が日本を代表する米「コシヒカリ」で、出場者もだいたいが日本料理に影響を受けましたとコメント。

ひどいものだった。

ほんとにこれをNH○が放送してしまってよろしいのですかと問いたいくらいに。

これでもかと具材を入れた巻きずしを油で揚げてしまったりだとか、砂糖を加えてケーキのスポンジ代わりにしてしまったりだとか。

どこらへんを日本料理に影響を受けたのか

をほんとに問いたい。

話はそれるが、ヨーロッパの美術家たちの間で浮世絵がもてはやされた19世紀後半ごろ、はじめは日本美術自体の背景等を考慮することなく、ただ自分たちの中だけで、ここはこうと決め込んで勝手な分析をして自分たちの作品に利用していただけであったそうだ。

もちろんこの後に、そういった今まで無視されてきた背景も考慮しながら研究が進められ、浮世絵だけではなく他の日本美術以外の関心(特に花鳥画)が示されたのだけれど。

だから用は現在は、もしかしたら、まだ日本食というものがそういった背景でなく利用されているだけなのかもしれない。

関係ないが、日本以外の国は、おかずを主食(米とかね)を食べる目的で食べてるような気がしない。

主食も食べるのだけれど、どちらかというと頻繁に食べる食材という感じ。

オーストラリアにおったときも、だいたいがメインの一皿(ようはおかずのみ)だった。

だから日本で言えば高級料理店的な感覚な気がする・・・・・まあただの僕のイメージだが・・・。

ようするに、おまえたち

ご飯を使った料理

じゃなくて

ご飯に合う料理

を作れって言いたい。

どうもこんばんは。

どうやら最近、実家では、飲料水として有名どころの湧き水を使うのが流行っているようす。

一応、水道水のカルキとか抜くやつ(なんていうのか忘れたが)があるのだが・・・・・・。

そんなこんなで、前に汲んできた水がなくなったので近く(まあそんなでもないが)の高賀神社とかいうところに名水に汲みにつれてかれたと。

最近新しくできた山県市ってところを抜けていくと本当に田舎(うちのあたりですら比較にならんほど)で、まだ雪が50㎝くらい残ってる。

こんなところから僕が昔通ってた高校まで来るヤツがおるんやで、ほんとその苦労は考えたくもない。

湧き水エリアに着くと、実家の辺より4度くらい寒くて0度。

改めて、岐阜県が住みにくいところだと知る(山しかないし)。

ほんでどうやらそこの湧き水を汲むために100円というケチな値段を払わされるらしく払った。

さっきからボロクソに言っているような節があるがしかし、ここの湧き水はどうやらメチャメチャに有名らしく、遠くは名古屋から、飲食関係の仕事に使うためにポリタンクを何十個と積んで来る人もいるし、実際今日も20~30人くらい人がいて並んでいるから驚きで、

水とはかくも人を惑わせるものか

と考えざるを得ないなぁと。

ちなみに僕は一杯飲んでみたが

気温が寒すぎてそれどころじゃない・・・・orz

そんな話。
みんなのハウス(帰れ編) (2006/02/03)
ちょうどさっきまで三谷幸喜脚本・監督の「みんなのいえ」がやっていた。

「有頂天ホテル」が今やってるでその宣伝的なものかもしれんけど、結構面白い。

裏番組で風の谷のナウシカがやってたけど、まあここは敢えて見んかった。

まあ昔アホみたいに見たし。

紅の豚はまた見たいけど。

そういや、「みんなのいえ」にココリコの田中が出てるんだけどたしか、演技中声がどもってて何言ってるか分からんっていうことが多かったので、声だけ録り直しが多かったそうで。

関係ないけど、三谷幸喜の作品って結構有名どころがちょい役とかで出てたりするような気がするっていうのを「みんなのいえ」と「有頂天ホテル」のCMで思ったんだけど・・・・・気のせいか・・・・。

どうもこんばんは。

特に誰かにハウスとは言われてないけどとりあえず実家に帰った。

どうせ下宿先にいても、みんなバイトやろうし、学校が入試で開いてないもんで、どうせなら無駄に浪費するよりは実家へ・・・的なね。

関係ないけど今日ご飯たべいこう的な感じで歩いてたら軽く雪がちらついた。

まだまだ寒くなりそうだ。

ほんで前行って良かったハンバーガーとかそういうのがある結構こじゃれた感じのお店に行ったんだけど、そこで、僕は雑誌に夢中で気づかなかったんだけど、前に見た倉木麻衣のバックで演奏しとる人(外国人)の本人か関係者っぽい人が入ってきて、なんか荷物受け取ってかえってったらしい。

さっきも逝ったように僕はそんときに雑誌に夢中で見てなくて、急にまわりのメンバーがテンション上がって

おまえら落ち着け

的な感じ(ではないけど)で応対してたら判明。

どうやら店主と知りあいらしくて、へぇーっと。

バックバンドの演奏を見て数日後に道を・・・・いやストリートをいかした黒人の親子(たぶんギターの人)が通ってって、僕と目があって「にんまり」してたのでもしかしたら覚えとるんじゃないか?・・・・・・・まあそんなことはどうでもよくて、この辺に住んでるんかと思ってて、店主に聞いてみたらやっぱそうやったから。

なんか話のまとまりがいつもより悪くて分かりづらいが・・・・・orz

世間っていうのはある意味狭いし、ある意味広いなと・・・・。

とりあえず、紹介してもらってギターとか教えてくれんかなぁ・・・・・・教えてくれんわなぁ・・・・・。

とまあそんな僕と黒人の僕の中では軽くテンション上がった話。
トップ・オブ・ザ・歩道橋(伝説のマッカーはサラダを) (2006/02/03)
最近マックに行くとガーデンサラダをセットのとき注文するときが増えた。

栄養バランスを考えてだとかそんな理由でなくただ単にドレッシング入れて

シェイクしたいから

だけだけど。

ほんでも今日気づいたけど、サラダ頼んでる人って全然いないね。

もしかしたら、初心者マッカー(別にマクドナルダーでもええけど)の僕だけはサラダを頼んで、ベテランマッカーはそんな僕を見て笑っているのかもしれん

「何おまえサラダ頼んでるんだ」

と。

高まる疑惑。

そんななか僕の前の客が

「ハンバーガー7個ください」

何?

店員も「こいつはできるやつ」といった面持ちで「ハンバーガー7つでよろしいですね」と確認。

まさかこいつがベテランマッカーか?

高まる疑惑。

もしかしたら今ベテランマッカーの間ではハンバーガーを単品でたくさん頼むだけで、ただ単にマックでおなかを膨らませよう的なものが流行ってるのか?

そんな機械的な作業が今のトレンドなのか?

僕の注文の番

僕「セットでサラダにしてください」

ここは敢えて初志貫徹で自分の食べたいものを注文しておこう。

店員「すいませんがもう一度お願いします」

え?

僕あんま聞き間違われることないほど声大きいし・・・・・

声どもってた?

もう一度言う。

その後も繰り返される「もう一度お願いします」や「○○でよろしいですね?」

あれ・・・・今までこんなことなかったのに・・・・。

おかしい・・・もしかして

「あんたそんなの今時はやってねーよ、本当にそれで良いの?」

的な・・・・・。

そう思うとこの店員のスマイルがどうにも嘲笑に見えてしょうがない・・・。

ハンバーガー単品が正解だったか・・・・orz

ほんでもセットとサラダ食べて片づける。

片づけると後ろに店員さん、全然感謝のこもってないロボット的な感じで

店員さん「ありがとうございました」

ええ?

やっぱり選択ミスですか?

みたいなね。

どうもこんばんは。

どうもこんばんは。

どうもこんばんは。

どうもこんばんは。

どうもこんばんは。

どうもこんばんは。

どうもこんばんは。

どうもこんばんは。

どうもこんばんは。

どうもこんばんは。

十(とお)もこんばんは・・・・・orz

今日はいつになくテンションが狂ってる男のブログ。

まあ現実世界の僕はいつもよりもテンション低いけどね

家帰ったらメインの蛍光灯死んでたから

暗い・・・・・orz

ほんで今日は、歩いてバイト先にいった。

そんときにふと気づいたのだけど、ちゃんと横断歩道あるのに、歩道橋がある道路があった。

もちろん使ってる人はいなかった。

別に急いでるわけでもないし、妙に興味がひかれたので、行ってみた。

うーん・・・・・。

なんであるのかわからん。

あんま意味ないね。

急いどっても歩道橋を渡り終える前にたぶん横断歩道わたれるようになるし・・・・・。

現実に潜む謎めいた物体だった

っていう。

バイト先まで行って、それからまた歩いて学校まで行った。

最近学校いく必要もなくなったのに、学校にリアルにいかないかんっていう時よりも行ってるっていうね。

まあ、そんな話。
彼奴の性分 (2006/02/01)
万博終了とともに森に帰ったと思われた彼らは

まだメディアに露出してるのだけれど

うん。

したたかなやつめ、

森に帰れ

と言いたいんだけど・・・・・・

たいして良いキャラでもないのに・・・・・と思うのは僕だけか?

やはり一度人間と関わってしまうと山猿のように人間の住む場所に進入してくるみたいです。

まあ万博は金ぼったくり過ぎっていうことはみんなわかっとるやろうけど・・・・・・・関係ないが。

どうもこんばんは。

昨日から多治見にいて帰ってきたわけですが、

どうもありがとう

と、感謝を。

まあ特に今日は言うこともなく・・・・・・・

終了。
SとかMとか人のSAGA (2006/02/01)
サド・マゾと人を区切ることがよくあるけれど、

僕は、その二つとも人の中に存在していると思う。

まあどっちかが強いかが問題なだけで。

ようはどっちも支配されたい面と支配したい面がある(これやとちょっとニュアンス違うけど、まあそんな感じ)っていうことで。

ほんで僕は銭湯に行ったとき、

かけ湯

っていうのが当然あって、なぜか湯だけでなく普通に冷たい水まであるもんで

ああ、じゃあこれは人にかけるようなんやな

と錯覚して、人にかけるのだけれど、その行為によって僕のSの面は満たされるのです。

それから、お風呂に入って僕はすぐ体があったまって湯冷めするんやけど、やっぱり何故か水風呂っていうのがあって、がんばって冷たいのを堪えながら入ると結構気持ちよくて、そういうところでまあ、僕はMの面が満たされると。

ほんでも僕はたぶんドSに観られがちだから、まあそれでいいんじゃないですかっていう・・・・・・ね・・・・。


どうもこんばんは。

たまに人の家のパソコンで書くブログ。

今日は、なぜかしら偶然が偶然を読んで

ピンチをチャンスに変えた

というか

チャンスをピンチに変えた

っていうか、まあよく分からんけどそんな運命的に

多治見におる。

みんな寝てまったので、僕ももう寝ようかと思っているのだけど。

とりあえず、なぜかしら霧が濃い夜(多治見では)で、ほんとに視界がブラックアウトしそうなくらいの中、車が走ったりだとか、そんなことしとる。

とりあえず

霧には気をつけろ

なにがなんでも気をつけろ

ナニがナニでナニであろうとも気をつけろ

と、

まあ口で言ってないのでぜんぜん勢いが伝わらないのだけれど。

ほんとに事故するから気をつけたほうが僕はいいんじゃないかと

思った。
ページ上部に戻る▲
空想ジャンクションボーイズ © 千 2006. (http://thousand.blog7.fc2.com/)
/
This BlogTemplate's origin was written by Tamico.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。