月別ログ_2005年11月分
スポンサーサイト (--/--/--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
シンガポールの洋式の宿泊施設(ホテル編) (2005/11/30)
責任追及で責任のなすりつけあいしとるのは

別にいいんやけど。

そのまえに

もう居住者の補償とかしたのか・・・・・・?

と問いたい。

責任追及で裁判とかなってるあいだに地震で

ドーンm9(^Д^)プギャー!!

ってなっても困るし。

なんとかしてやって。

ということで、

村上龍の「ラッフルズホテル」。

読み終わったよ。

関係ないけど、上の「なんとかしてやって」の続きにほんとは入れようと思ったドラ焼き大好きネコ型ロボット。

画像がアップロードできません・・・・orz

まあええか・・・・・。

んで、後で知ったんやけど、これ、村上龍が本書いて出す前にこの人の監督で「ラッフルズホテル」やっとったみたいね。

脚本は違う人やけど。

ということで下の「ラッフルズホテル」の解説読んで。

熱帯都市シンガポールを舞台に謎めいたヒロインの愛の追跡をドラマチックに描く。脚本は「その男、凶暴につき」の野沢尚、監督は「だいじょうぶマイ・フレンド」の村上龍、撮影監督は「ドグラ・マグラ」の鈴木達夫がそれぞれ担当。主題歌は、桑田佳祐(「Blue~こんな夜には踊れない」)。

へぇー。

んで、実際ラッフルズホテルってところがあるみたい↓

021014063h.jpg


へぇー。

一応主役は「本間萌子」って言う名前で藤谷美和子がやってる。

fujitani.jpg


本間萌子役の人↑

本しか読んでないでなんともいえんけど、キャラとこの人のイメージがあわん気がする・・・・・。

このキャラ、唯一の狂人キャラやし。

んで、この主人公のシンガポールでのガイド役に本木雅弘

motoki.jpg


納得。

ていうかカッコイイね。

んで主人公の愛人(狩谷さん)役の人?(こっちの人が結婚しとって主人公がしてない場合でも愛人っていうのか知らんけど)とにかくこの元戦場カメラマン役が根津甚八↓

nezu.jpg


関係ないけどめちゃわらっとる。

んで基本的に本の内容は、この3人が主軸なのです。

んで、「第一話 マレーシア 本間萌子」とか「第2話 マレーシア 狩谷さん」みたいに、物語上の同じ時間が別の人の視点であるっていう。

まあ結構こういう書き方あるかもしれんのやけど、僕ははじめて。

んでたぶん他の作家と違うのは、片方(主人公なんやけど)が狂いまくりのアレなので、意見が食い違ってる部分がめちゃめちゃある。

っていうか今まで読んだ中で一番理解不能やったけど、サクサク読めたって事は意外に面白かったのもあるし、半分意味わからんと読んでたでやろう・・・・・・。

ダメやん・・・・・orz

内容の良かったとこは実際結構あったんやけど正直多すぎて書くのめんどいで端折る。

んで内容とは関係ないけど

村上龍の画像↓

ryu.jpg


これみてちょっと減なりしてまったっていう・・・・・。

んで大塚明夫↓

ootsuka1.jpg


正直チャゲ↓と区別つかんっていう・・・・・・。

chage1.jpg


世の中

似たり寄ったり

バイバイ。
スポンサーサイト
マグナムドライとキングコング (2005/11/30)
ガッときて

ギュッときて

アベッ!

abe117.jpg


どうもこんばんは。

阿部寛と宇梶剛士について考えるブログ。

今日はほんとは別のことを書こうとおもったんやけど

上の写真を探すためにいろいろやってたら面白いのを見つけたので。

変更。

北斗の拳が実写版で3月にやるよ(・W・)ヤタヨー

人は

同じ過ちを繰り返そうとしている。

昔、ハリウッドかどこか忘れたけど、結構B級の北斗の拳の実写がやってて、僕は結構好き。

んで今度は俳優が日本人。

役はケンシロウ役が

阿部寛↓

abe119.jpg


阿部さん「がんばりまーす。」

ラオウ役が

宇梶剛士↓

12.jpg


宇梶さん「がんばりまーす。」

ということでもうこの時点であれです。

大ウケ間違いない。

もちろんケンシロウとラオウが出てくるので

ケンシロウ「おまえはもう死んでいる」↓

abe109.jpg


ラオウ「お…おれは拳王!拳王は決してひざなど地につかぬ~!!」↓

16.jpg


ケンシロウ「あなたが最大の強敵(とも)だった。」↓

abe106.jpg


ラオウ「わが生涯に一片の悔いなし」↓

pika1.jpg


みたいになるわけですね。

せっかく保存した画像を使いたいわけです。

ということで今日は書いた量は少ないね。

m4.jpg


宇梶さん「そうだね」

付記

ポエット意訳し隊(まるでダメだよ翻訳機編) (2005/11/29)
どうもこんばんは。

実家でゆったりしてたら

「今日、こんの?」

何が?

練習忘れとった・・・・・orz

授業も忘れとった・・・・・orz

出席ありがとう。

ということで、再びやってまいりました、名古屋。

バイトがあって、はじめの子は来れんっぽくて、暇になって、僕がスタッフやってたときの社員の人がおってちょっとしゃべった。

んでまあ1時間くらいちょっと暇やったので、本屋に行って、いろいろ教えて貰った本を買おうと思って探しました。

んで買いましたよ。

海辺のカフカ



半落ち

(・W・)bヤタヨー

というわけで、結局教えてもらった本は探そうとしたんやけど、タイトルしかわからんくてあきらめた・・・・・。

結構本屋にいると読みたいなって本が多くて今日見てただけでも

「模倣犯」宮部みゆき
「影武者 徳川家康」隆慶一郎
「蝉しぐれ」誰か忘れた

やらいろいろ。

文庫本は漫画買う程度で買えるし漫画より長いので得した気分だし読みやすいしいろいろ得なような気がする。

んでも一回読んだらたぶん二度と読まんけど。

「読む」でふと今日、洋楽の歌詞をめったに見ないもんで、翻訳サイトで翻訳して読んだら結構おもしろいかなぁと思ってちょっと試しました。

結果、

こりゃだめだ・・・・。

結局直訳しかしてくれんし、文法がポエティックライセンスとかでめちゃめちゃなやつもあるもんで、まあ考えたら分かるけど、日本語訳のやつ読めってことを再認識した・・・・・。

訳がしっかりできる人はほんとすごいね。

英語独特の(まあ外国語ならなんでもええけど)言い回しというかセンスというもんを結局日本人にわかりやすくなおかつかっこよくしないかんわけで・・・・。

オーストラリアにいったとき、本を買ってみたけど、ほんと意味分からなすぎな文法というかまあそういうもんやったので、もう読んでない・・・。

ほんと学校でやっとることは初歩の初歩なんやろうなぁ、きっと。

日本語でも分からんやつあるのに英語やとさっぱり。

そんなこんなで洋書が読めると格好いいなぁ・・・。
ムーミンパパとナガネギマン (2005/11/28)
どうもこんばんは。

今日はさわやかな朝。

まあ寝てないで迎えた朝なわけだが

一杯の珈琲とパン。

食べて寝る。

現代生活と珈琲の接点を模索するブログ。

昨日は夜中にバンドオブブラザースが(まあ毎週やってるんだけど)やってたので見た。

いつもはじめにたぶんやけど、実際大戦経験者のおじいちゃんたちがいろいろ語ってからはじまるっぽいんやけど、それは見てない。

今回のバンドオブブラザース。

主役は衛生兵。

たぶん今まで見たやつの中で一番良かったかと。

映画では主役になりそうもなくかといって良い脇役になる気もしない衛生兵。

でも彼らを主観で捉えた話は戦争の最も戦争たる部分な気もします。

医者でもなく医者の代わりをしないといけない緊張。

敵の攻撃よりも負傷者に集中しないといけない恐怖。

一番多くの死に目に立ち会ってるのだと思います。

話の中の舞台は、一番しんどそうな雪が降っている冬で、衛生面も悪いしケガしたらすぐ凍傷になってしまうような環境で、満足に医療用具もなく、一時間歩いて別のチームの医療用具をお裾分けしにいったりだとか、満足に食事の取れないところで、兵隊に食事を取らせたりだとか、気を遣う部分がとても多そう。

このバンドオブブラザース。

まだあんま見てないんやけど、事実をもとに再現している感じなので、カメラの撮り方が「プライベートライアン」みたいにすごいとか、映画みたいに最後にすごく盛り上がるとか、そんなことはあんまない。

話の流れ的にも結構わかりずらいんやろうけど、かなり面白いのはそういう今までと視点が違う部分かもしれん。

アクション的というよりは人間ドラマに近い気がする。

ロバート・キャパみたいな戦争カメラマンの話もやらんかなぁ・・・・。

関係ないけど、ベトナム戦争では、結構日本のカメラマンも有名になった人が結構おって昔、特別ドラマでその一番有名な人(名前忘れたけどとりあえず高校か中学の資料集でも川の中にいるベトナム人の家族の写真が載せられているような人やったと思う。)が主人公の作品があったと思う。

それは見てないんやけどたしかその人はベトコンに捕まって処刑されてまったと思う(たしかね・・・・)。

そういうような、今までと違った視点のキャラクターで見る戦争っていうのも、結局は不毛なものなんかもしれんけど、考えさせられる部分はたくさんあるだろうなぁと思います。

さて、今日はロードショーで伊達男スティーブン・セガールの「DAKKANアルカトラス」がやっとった。

最後の最後で面白くなくてだれたんやけど、間違いなくセガちゃんの吹き替えは大塚明夫だと思う。

大塚明夫は僕が好きな「メタルギアソリッド」の主人公ソリッドスネークの声やってる人なんやけど、声がめちゃ渋くてかっこいい。

だからセガちゃんみたいな伊達男の吹き替えやるともうほんとかっこいい。

ちなみにこの人、今やってるブラックジャックの黒田くん(ブラックジャック本名ね、たしか黒田黒雄とかそんな感じの名前やったと思う)の声とか紅の豚のカーチスの声やらタイトルにも書いたムーミンパパとアンパンマンの劇場版に出てくるナガネギマンの声もやってる。

後半がちょっと驚きだったけど。

この前007がやっとってまあ見たことあるやつやったもんでテレビ付けたまま無視しとったら、ふいにシティハンターの「さえばりょう」の声がしたのでびっくり。

そしたらボンドの声が神谷明だった。

たしかに女がいればすぐ口説くけどやるときにはやる男の代名詞的な「ジェームス・ボンド」と「さえばりょう」やけど、いかんせん声が合わなすぎ・・・・・・。

どう考えてもミスマッチだろうとおもわんかったんだろうか・・・・・。

エディ・マーフィーなら山寺宏一(山ちゃん)、ジャッキー・チェンなら石丸博也(たしかね・・・・)みたいなゴールデンな組み合わせをもうちょっと考えた方がいいんじゃないか・・・・・・・・と思う。

ちなみに慎吾ママの「オッハー」はほんとは間違いで実は山ちゃんはオーハーって言ってるっていう・・・・・。

世の中言ったもん勝ち

バイバイ。

付記

That's (what's called) crying for the moon. (2005/11/27)
冬っておもしろいもので

睡眠と取る時間がめちゃめちゃ不規則になる。

暖かいとどこでも眠たくなるから

その心地よさに負けてしまう。

負けてしまうと

大事なときに寝られない。

人間が冬眠しなくなったのは、

もしかしたら理性があるからかもしれません。

どうもこんばんは。

冬眠と島民について考えるブログ。

間違ってもユーミンやフーミンについては考えない。

関係ないけど、今読んでる村上龍の本で人間と発情期についてちょっとかかれているのだけれど

人間は子孫繁栄のために発情期をなくした

そうです。

なのでたぶん人間から理性を取り除いたらたぶん万年発情期のウサギさんのようになりそうです。

さて、

昨日、フーファイの新しいプロモを発見して、かなり嬉しかったのですが、メンバー全員かなりダンディーになってました。

まあ曲自体は別にぱっとしませんが、どうせなら、あのギターとあの服装で「ベストオブユー」のプロモもやって欲しかったなぁと。

んでデイブが新しく使っていたギブソンの白いESっぽいやつがかっこよくて

欲しいのですよ。

でもあんな新品ピカピカのじゃなくて、

たとえるならエアロのジョー・ペリーとか、ジョン・フルシアンテとかクラプトンのブラッキー(もう売ってまってないかもしれんけど)とかみたいに塗装はげまくりのぼろっちいうさんくさそうなやつが良いんだけれど。

僕は影響されやすいのか飽きっぽいのかそのどちらもかなのかは分かりませんが、すぐ欲しくなります。

いろいろなものを。

「ないものねだり」とはよく言ったもので、でも実際この意味はどういう意味なのかよく分かりません。

実在しないものを欲しがるのか、自分にはないものを欲しがるのか。

というわけで、ヤフー辞書で

「ないもの‐ねだり」【無い物強=請り】

ない物を欲しがること。実現できないことを無理に望むこと。

というわけで日本語だと実際よく分かりません。

「ないものねだり」を英語にすると「crying for the moon.
」。

これを直訳すると「月を欲しがって泣く」、翻訳ソフトにかけると「手の届かないものを欲しがる」。

うーん・・・・。

実際よく分からん。

英語の方で見てみると、たしかに「月」は実在するけど、たしかに手の届かないもので・・・。

そうすると、「ないものねだり」の「ないもの」っていうのは永久的に手の届かないものであるのか、現時点で手の届かないものなのか・・・・?

後者であれば、僕は「ないものねだり」なのですが、それだと、また僕の言う「自分にはないものを欲しがる」というのとはまた別の話なわけで・・・・。

ということで

正直めんどいのでもういいや・・・・。

付記

超えられるもの (2005/11/26)
鎮痛剤もなくなって

丸腰になった僕は

結構元気。

こんばんは。

体の石と戦うブログ。

水分をたくさん取ると良いと聞いたのでいっぱい取ろうとしています。

というわけで、まだちょっと痛いですが、耐えられんほどでもない。

人間、ある程度の痛みを経験しとけば、まあそれ以下の痛みには耐えられるもんなんでしょう。

どうなんでしょう。

あとは、ある程度の覚悟さえしとけば、まあなんとか・・・・。

でも、特に「痛み」を耐えてもイライラしたりするかもしれないのでので明日余分に鎮痛剤はもらいに行こう。

関係ないけど、一番この世でイライラする痛みはたぶん「歯の痛み」でしょうね・・・。

まあ僕は実際特に経験したことはありませんが、昔はしょっちゅう歯医者に行っていたような気もしないではありません。

歯医者で僕が一番イヤだったのは、全体の歯の汚れを取るために歯を全体的に磨く?ようなやつ。

あれ、歯医者の人が結構無駄に思い切りがいいので歯茎にチュイーンの部分がよく当たるのですが、

ひどい有様です。

ガラガラぺッてやるときのあの悲惨な状況は見てられません。

関係ありませんが今日聞いてへぇって思ったのは

男性と女性の感じる痛みは違う

そうです。

実際、僕は女性の痛みに関しては無知に等しいですが(というか無知ですが)、もしかしたら神経の構造もちょっと違うのかもしれません。

そして全体的に見れば、全体的な神経も違うのかもしれません。

ん・・・なんかよう分からん文になったけど・・・・。

まあ例えば、男の人が例えば触られる感覚と女の人の触られる感覚も違う、とか。

まあいいや・・・・。

バイバイ。
僕と長い一日(噂の結石男爵の巻) (2005/11/24)
こんにちは。

誰がなんと言おうと、

今日はもう終わり。

僕のこのたった数時間は1ヶ月に匹敵するほどです。

そんな一日を語るブログ。

話は昨日に遡る。

それは確実に

ゆっくりと

僕にやってくる。

はじまりは僕の

なんかちょっと内臓が痛い

から。

はじめはしばらくたっておさまった痛み。

まあそこまで気にする程度ではなかったらしい。

僕は、徒歩で家に帰宅。

午後10時

僕はブログを書いた。

午後11時頃

内臓、痛くなる。

まあ寝れば治ると結論。

寝る。

痛くて寝れねぇよorz

痛みは加速するほど膨れあがり悶絶級。

しばらく悶える。

ちなみに前も言ったと思うけど僕は人一倍「痛み」に関しては弱い(と思う)。

悶えつつ半狂乱になってもどうしようもないのでどうにか痛みを抑える方法を考える。

・作戦第一「精神的苦痛和らげ法」
痛みっていうのは、体に異常があることを告げる信号なわけで、「痛み」ってことを「痛い」と捉えるのではなく、「痛み」を「体のシグナル」と捉えることで、痛みを和ら・・・・・・・

痛い痛い痛い・・・・・orz

無 理 ・ ・ ・ ・ 。

・作戦第2「読書作戦」
読書をすることによって「痛み」にいってる意識を別のところに集中させ「痛み」を忘れる。

10分後

痛すぎて内容全然覚えてない・・・orz

・作戦第3「痛みの原因解明作戦」
「痛み」の原因がはっきりすれば覚悟ができて「痛み」に対する抵抗ができるのではないか?
とりあえずネットで検索。
「左脇腹 痛み 症状」で検索。

ふむふむ・・・・。

余計不安になった・・・・・orz 

とりあえずお腹痛い時は正露丸を飲むと良いと思って飲む。

痛みが消えると良い。

・作戦第3「とりあえずベッド法」
どうしようもないのでベッドに入って、寝ることに徹する。

幸い、正露丸が聞いたのか眠くなったのか知らないが、とりあえず眠ることに成功。

そして朝。

「痛み」が消えてる。

良かった良かった、さあ学校に・・・・・

痛い痛い痛い・・・・

病院に行こう・・・・・・。

とりあえず原付でフラフラしながらお金をおろし(保険証が更新かなんかのために実家においてあるため)病院へ。

こういうときの不親切な車はほんとに、いつか10円傷を付けてやろうと思う・・・。

病院に着いた時、「痛み」がついにMAXに。

トラトラトラこ~いはいちず~

トラトラトラ勝負よ

世界中で・・・・・

とかリアルに言える場合じゃなくなってきた。

僕のその時のスキル
・辛うじて歩く
・辛うじてしゃべる
・苦笑

さすがに看護婦の方も係員の人も心配になったらしく、かなり親切にされる。
車いすを勧められるがとりあえず断る。

待つ時間こそ恐怖の時間。
朝一は老人と赤ちゃん連れが多い。

老人と赤ちゃんと悶絶する男。

そんなことを考えている余裕はない。

はじめの診察。

医者のそのときの考えは食中毒がたぶん一番かも。

看護婦さんが車いすを勧める。

とりあえず何事も経験、乗ってみる。

採血、CT、レントゲン。

人間の血なんて抜こうと思えば簡単にどれだけでも抜けるものだ・・・・。

CT、はじめての経験。

なんかこう、自分の知らない部分をのぞかれた気分。

まあそうなんだが・・・・。

レントゲン、まあええわ・・・・。

んで待つこと数十分。

結果

尿道結石・・・・・orz

痛いはずだと・・・・。

内臓が痛いっていうのはニアミスで

腎臓が痛い

が正解。

とりあえず

鎮痛剤を所望・・・。

問題はその後、

保険証持ってきてないので自費負担(後で返してもらえるけど)。

なんとお値段

3万円相当

あー

痛い痛い痛い。

っていう。

まあそんな話。

まあ尿道結石ならまだいいか・・・・・。

でもちょっとロックが嫌いになった日・・・・。

そうして僕の長い一日が終わり、

僕は思う

こりゃ良いネタになるわ

と。

バイバイ。
ダンスウィズザドッグ(脇役ワクワク編) (2005/11/23)
ついに名古屋で

ゴミ屋敷(っぽいとこ)

発見。

さすが名古屋。

まあ家があるのかは暗くてようわからんかったけど。

とりあえず、小道の両側がゴミだらけだったのですね。

こんばんは。

現代のゴミ問題について考えるブログ。

とりあえず、名古屋のゴミは

名古屋で処理しろと

言ってやりたい。

さて、今日、ようやく・・・・ほんとようやく「白い犬とワルツを」を読み終えました。

外国人の作家が書いたんやけど、意訳する人のさじ加減なのかもしれんけど、どうなんでしょう。

ある人を客観的に見たり、主観的に見たりする、その構成がすごい多かった。

「彼」と「俺」で。

あとは、その人の主観だと、ある人が「あれ」になったり、客観やと「○○」って名前になったり。

日本のやつでもこういう感じで書いたやつは少なくないんやろうけど・・・・・。

内容はなかなか良かったです。

たぶんメインは「人の死」なんやろう・・・・。

老人が主人公で、妻が死んで、しばらくして白い犬が現れるっていう。

間々で無二の友だったり知人だったりがどんどん死んでいく。

別に、特別どこどこが良いとかじゃないけど、じわーっと。

じわーっと。

って感じ。

んでこの本に「マーシャル」っていう人物が、ちょこっと出てくるんやけどこの人物が良いです。

だいたい有名作品には「名脇役」っていうのがいるんだろうけど、僕の思うこの「白い犬とワルツを」の名脇役は「マーシャル」。

時に主人公より人気があり、もう話のメインじゃねぇかと、行くとこまでいくとそいつの話が外伝的に作られる、みたいな。

良い作品には名脇役。

決して主人公よりめだってはダメ。

仕事は話の味付け。

それなのに、際だってしまう。

もしかしたら、人は皆、主人公ではなく脇役で良い仕事というのに憧れを抱いているのかもしれません。

そんなスケールのでかいこと(なのかどうかは知らんけど)を考えていたらもうすぐ「あいのうた」が始まるので見よう。

あるのかないのか?(僕とバイブル編) (2005/11/22)
いし・・・

バリ・・・・

いも~。

い・・・ブチブチ

やきー・・バリ

いも~。

ホッカホカ♪

っていうのが聞こえてきたのですが、

何が言いたいのかわからん。

というかわかるけど、売る気があるのか問いたい。

ということで、

アダムは林檎を食べて恥じらいを

カインはアベルを殺して

ソドムとゴモラの街は滅ぼされて

欲望に負けたロトの妻は塩の柱に

結局何が言いたいかっていうと、

歴史上の本当のベストセラーであるのはもしかしたらこういった聖書なのかもしれません。

まあ宗教からんどるでみんな持ってるっていうのでやけど。

意外に「神」のうざったい言葉をもう少し改善すれば結構SFファンタジー的になるのかもしれません。

んでエピソードで分けてゆくゆくは映画化、みたいな。

下手に宗教がらんでなければ面白いかもね。

林檎を食べて恥じらい、楽園を追放される人間の話。

快楽と欲望の街。

箱舟。

壮大なファンタジーな気もしないではないのです。

ということをふと思った。
秘密のカウントダウン (2005/11/21)
こんばんは。

ボヤボヤしてたらいつのまにかもうすぐ12月。

時間は待ってはくれません。

重々承知しております。

ということで、今日のタイトル。

まあ何もカウントダウンするものも事もなく、

ただ

私は

CDってコンパクトディスクの略称やったかと

考えてたら、まあめんどくさいでカウントダウンでええわ

と。

そう思ったのです。

前々からうすうす感づいていたのですが

CDってもしかして、

聴きやすい曲をはじめの方にわざと持ってきて後の方に、だんだん聴いていくと「これ良いかも」ってなるようにしてあるの?

っていうかたぶんそう。

絶対そう。

ちなみに今、FOO FIGHTERSの「THERE IS NOTHING LEFT TO LOSE」を聴いてます。

このタイトルを翻訳サイトで翻訳・・・・まあするまでもないんやけど、意味は

もう何も失うものはありません。

もう何も失うものはありません。

デイブは結構失うものはまだまだあると思うけど。

まあそんなことはどうでもいいとして、このアルバム。

フーファイ史上(というかまだアルバムは5枚しか出てないけど)の中では非常にポップ色の強いアルバムなんですが

一つのフーファイのフーファイらしさを確立したアルバムのような気がします。

セカンド「The Colour And The Shape」での言わばフーファイの荒削り染みたフーファイらしさをここで濃縮して、精製したのがサード。

そんな気がします。

まあ全体通して(一曲目の「stacked actors」はポップじゃないけど)ポップい。

んではじめの5曲くらいがだいたい疾走感もありつつのまあ聴きやすいライブでやりやすい曲なんやけど、後の方はバラードでもないけどスローテンポのやつが多い。

なのではじめは最初の方ばっか聴いてましたが、ふとした時、後の方の曲の方が気に入りだして聴いてます。

たぶん、元々、一回聴くだけじゃ味わえない曲だったのかもしれません。

たぶん曲っていうのは結構種類があって、それは人それぞれの趣味の問題なんやけどその人それぞれ曲の好みが違っても、種類を分類すると分類だけは同じになると思います。

ずっと良い曲

ずっと悪い曲

はじめは良かったんだけど後からだんだん飽きてきてまう曲

はじめはあんま良くないと思ってたけどだんだん良くなってきたって曲

たぶんこんな感じ。

だから、たぶん、いろいろ曲を作ってCDに吹き込む方々はこれは良い曲だけど、じっくり聴かんとわからんやろうから後の方、この曲はガツンと印象を与えれるからはじめの方みたいな感じで曲の順番をちゃんと考えて、他にも、こうこうこうなってこうなるからこうした方がいいって考えて全体として、一つにしているのだろうなぁと。

当たり前だけど、実際、あんま考えることは僕にはない。

だからそういうことを考えながら一つのアルバムを聴くと、まあ・・・・・・なんだ、新しい視点で曲を聴ける・・・・・というかアルバム全体を聴けるようになるだろうなぁと思います。

ということを今日は言いたかった。

伝えたい

伝えたい

オレのこの気持ちを

あ、ちなみに僕がフーファイのサードで今気に入ってるのはたぶんボーナストラックで最後に入ってると思われる「MIA」って曲。

img041.gif


デイブの4枚目の時のメインギター。

コシャーンガタカターみたいな音がした・・・・と思う。

リズムアンドブラック (2005/11/20)
こんばんは。

頼むから

頼むから

コンビニエンスストアの名札をひらがな表記にするのは

やめていただけないでしょうか?

どうしても、中国人の人の名字の表記がひらがなだと戸惑ってしまう・・・・・。

「ちん」

とか。

在日外国人の保護を訴えるブログ。

さて、

今日ふと思ったのですが、何かと音楽の面で実際「黒人」の方っていうのはすごいのです。

まあ音楽の面でなくても。

ということで、まあ声質とか、身体的な面でなく、違うとこで考えてみようと。

特にリズムね。

もう、リズムって黒人の方々が形成したようなもんです。

まだ黒人の方々が奴隷とかで虐げられていた時代、何も楽しむことがなかった時代、簡素なもので打楽器。

そんな中でたぶん、独特のリズムが生まれたのだけれど。

たぶんこんな感じ。

することも何もない、

とりあえず動きたい

音楽聴ける身分じゃない

でもノリだけならば、打楽器で十分

リズムでのってみる

楽しい

よりのることができることが打楽器に要求される

リズムの発達。

たぶん・・・・・。

でも問題は現在なのですよ。

昔の人はこういうことがありつつで巧く、そして旨くなったのです。

現在に至ってもそれはあんま変わることがないのです。

リズム感は実際人それぞれですが、実際「黒人」アーティストの方々の独特なものには負けてしまうような気もしないではありません。

というわけで考えてみました。

まず、リズムを発達させていった黒人アーティスト。

ということで、黒人たちの音楽が認められていく。

だから当たり前のように黒人音楽家は多い。

そんな多い黒人音楽家もゆくゆくは子供を持つ。

んで、その子供も、音楽に魅了され、身近にいる父母の影響を受ける。

小さい頃から高度な経験。

英才教育。

音楽家2世誕生。

こう!

というか・・・・・・当たり前か・・・・・。

そんなこんなですごいね。

関係ないけど、昔、なんとかちゃんねるを見てたら

東京事変のスレでやたらとマーカス・ミラーと東京事変を比較してマーカスがすごいとか言ってる人(香具師)がいて、

まあこの人比較するとこ間違ってるなぁと。

とまあ、こう謎の比較をする方々がよくいます。

例えばジャズは他の音楽と比較して高度だとか。

まあ比較する部分がまちがっとるのだと。

まちがっとるんじゃない?

と。

まあええけど。

バイバイ。
嗚呼無情 (2005/11/19)
何もかも失われてしまった。

手塩にかけた手間も時間も。

全部消えたのさ~~orz

というわけで、こんばんは。

むしろ再びこんばんは。

さっきまで、書いてたブログは僕の思い出の中に・・・・・。

なんか無駄なことやるのは好きなんですが、その無駄なことが本当に無駄なことに終わると

この圧倒的不毛感

ったらないね。

ないね。

半角押そうとしてEscを押してしまったこの指が憎い・・・・。

まあそんなこともないけど。

関係ないけど、タイトルの、「ああ無情」って、たぶんタイトルあっとると思うんやけど(感じは「無常」やったかもしれんけど)

小学4年生、僕の担任の先生は、毎回帰りの会に本を朗読してくれまして、この頃の僕は、特に本が好きなわけでもないのだけれど、結構この朗読は好きで、今でも少しの内容と朧気だけどその時の先生の声色の使い方も結構覚えてるわけで、

まあええか・・・・。

今日は、おとーとおかーが急に来て

去っていきました。

まあこんなもん。
妄想ブレインウォッシャーズ (2005/11/18)
こんばんは。

さっきまで「天使にラブ・ソングを2」を見とったよ。

2は何回も、それこそ腐るほど見たけど、1は一回しか見たことないからちょっともう一回見たい。

でも同じ音楽系コメディーで言えば、僕はブルースブラザーズのほうが好きです。

あの主人公たちのおちゃらけっぷりも音楽も無駄に金使ったカースタントも。

USJには、たしかブルースブラザーズのそっくりさんがおってライブやってたような気がするけど、それは遠い過去の話なのだろうか・・・・・・・。

今もやっとんのなら見たいけど・・・・。

さて、最近、ゼミの関連もありつつで、法律の勉強をチマチマやってるのですがアレやね、

理解するとまあ興味持てるね。

基本的に暗記科目でも何がどうなってこうなるのかをはっきりさせんと、覚えれんと・・・・いうよりは、覚える気が起きないので大変です。

基本的に、勉強するときは無理矢理自分の中を揺さぶって、無理矢理にでもその科目に興味を持っているっていう感覚にさせようと勤めるのです。

簡単にいったら、無理矢理笑ってるのと一緒です。

でも、そういったことをしないと結構もちません。

一種の自己暗示なんやろうけど、これって結構やっかいなもんでたぶんどんなことでもそうなんですが、

今日はついてないなぁと思ったら、その日はなんか心の変化が起こるようなことが起こらない限りは、後ろ向きなまま一日が終わります。

逆に今日は良い日だなんて思ってると、大概の苦境は苦境でなく終わります。

思いこむ力ってすごいもんで、この前西野タンがいっとったけど、

嫌いなモノを無理矢理食べてもその食品に含まれる栄養価の吸収率が下がる

そうです。

これはもう統計とかで証明されてるみたいです。

あとは、なんでもそうだけど、プロの人たちでなんか本番前に「できるできる」って思いこむってことはよくある話で。

うまく使えればおいしい話なんやけど逆に

自分は病んでる病んでる、もしくは鬱だ鬱だとかなんでもそうなんですが、こういうマイナス面の思いこみが度を超えると結構自分で自分を追い込む結果になるのかもしれません。

なので、

自分は孤独だ、と思ってる人は、周りよりもむしろ自分自身が自分を孤独にしてるのかもしれない

のですよ・・・・・いや、たぶんだけど。

プラス面のことでも思いこみで悪い結果を起こすのは

自分がカッコイイカッコイイ、って思っててそれが度を超すとただのナルシスト、精神ナルシストになって周りに迷惑かけることにもつながりかねません

たぶん。

なので、プラス面、マイナス面でもどちらにせよ、度を超えるとまあよくないかもしれません。

真ん中くらいがちょうど良い。

そんな気がしてなりません。

あー

頭良くなりたい頭良くなりたい

まあこれは願望か・・・・・・。

自己暗示もほどほどに。

さよなら

付記

気まぐれサザエボン (2005/11/17)
「よーし、みんな目をつぶって。

 ちゃんとつぶったかー?

 じゃあやってしまった人挙手しなさい。

 先生誰が手を挙げたか言わないから。

 よし、みんな目を開けて。

じゃあ、○○は後で職員室に来なさい。」
 
先生、あなたは教師として、大人の汚いやり口を身をもって教えてくれたのですね。

でも

汚ねぇ・・・・・。

ルールは非公開。

真実は公開。

後で後悔。

どうもこんばんは。

大人の汚いやり口を研究していくブログ。

今日は、バイトで行ったら、生徒が来なくて、45分たって当日キャンセルになったので帰りました。

生徒は時間を間違えて45分待った時、すねまくって手が付けれなかったのに、

僕が待ってもそんなことできないよ(・W・)bヤッタナ!

大変大変。

そんなこんなで、毎日毎日、なんか面白いことないかなぁと探しています。

最近、いろんな良い感じのバンドを見つけるのですが、いかんせんアレがない。

金がない。

だからいまのところは視聴で満足しようと、よくいろんなサイトを見ます。

こうインターネットが普及すると、やっぱり大量のサイトが出来るわけです。

一人ずつにパソコンの時代が来た後は、一人ずつにHPの時代が来るのかもしれません。

とりあえず、

インターネットは8割以上疑ってかかれ!

をモットーに、この新しい時代を生きていけば、躓くことも少ないなぁと思います。

タイトル書く時にふとおもったんやけど、いまだに京都らへんでは、ああいう、まがいもん合成キャラクターグッズを売る店があるんだろうかと思いました。

僕がサザエボンやらアジデスやらその他いろいろなまがいもん系グッズを知ったのは、小学校6年生で、今からちょうど10年前に奈良・京都に修学旅行に行った時で、

ちょうど一年前にこの道を通った夜

みたいな感じの歌詞で有名な、ざ・とらぶりゅーさんのロードもこの頃くらいやったかどうかは定かでないので、ほんとどうでもいいのですが、

まだ流行ってるのだろうか・・・・・。

とらぶりゅーさんは最近とんと見ませんが、まがいもん系グッズはたま~に、ほんとたま~に見つけます。

また流行る時は来るのでしょうか・・・・・・。

関係ないけど、北の方の独裁国家ではそういうまがいもんキャラクターがいっぱいいるみたいです。

まがいもんキャラクターおたくっていうのも結構多いのかもしれません。

本物よりも、まがいもん。

いつかまた、サザエボンたちが蘇る日を

まあ別にどうでもいいけど。

バイバイ。
サンダーボルトとアレルギー (2005/11/16)
さあさあさあさ

もう茶番は終わりだ!!

ってちょっと言ってみたいね。

ね。

こんばんは。

今日は「あいのうた」の放送が午後10:30からなので、それまで退屈です。

まあ見ないでも実家でDVDにとってもらってるからあれなんやけど。

今日もまあそれなりに元気です。

今日はゼミの発表でスカンスカンに言われたよ。

んで今テレビ見てる。

なんかあれらしいね。

電気のアレルギーってあるみたいね。

もう電気なしで生きられない人間にとってそれほどの地獄はないな・・・・・。

解決法

・昔の人の暮らしに戻る

周りが電気だらけで無理

・無人島に行く

原始の世界

・もう一度蒸気機関を

結構良いかも

そんなことを考えながら、やっぱりエレクトリックはすごいなぁと思います。

今でこそ普及してますが、昔はそりゃあ大変だったでしょう。

感電死する人もおったやろうし。

そもそも電気でモノ動かせるなんて盲点やったやろし。

そうこうしているうちに誰かが

もう茶番は終わりだ!!

って言って本気だしたらもうこのご時世、電気使わない人なんていません。

火力で電気、原子力で電気。

すごいね。

自転車で電気、溜めて電池。

すごいね。

こうやって今電気が使えるのは

「茶番は終わりだ」って言って本気で電気について頑張った人やね。

まあこんぐらいか・・・。

関係ないけど、税金無駄に使いたくないなら、天皇制やめてもいいんじゃない?

なんか可哀想やし、さらしあげで。

まあいいけど・・・・。

あ、「あいのうた」はじまった。

じゃあこんなブログ書いてるような

茶番はもう終わり。

バイバイ。

付記

ディープブレッドメンズ (2005/11/15)
こんばんは。

だいたい「こんばんは」しか使わんな・・・・。

おはようございます

も結構いいかもしれん・・・・。

さて、

今日は、久しぶりにブックオフに行ってみました。

楽譜とか見るつもりだったのですが、入り口に入ってすぐ、本が105円で名作みたいな感じで陳列してあったので、ざらっと見てみましたら、

ぽっぽや 浅田次郎

ラッフルズホテル 村上龍

と、文庫本じゃないアレがあったのでとりあえず買おうと思い手にとりました。

その後「ぽっぽや」は映画みたし、まあそれ以上の期待はないだろうと思いやめました。

ラッフルズホテルは名前はちらっとしっとるけど内容はわかりません。

まあでも、数々の狂人を輩出した村上龍さんなので

たぶん大丈夫。

とまあ結局これしか買ってないのです。

消費税引き上げかどうかというこの最中、

ジュースよりも安い。

というかジュースが高い。

消費税3%で10円アップ。

消費税5%でまた10円アップ。

うん、

アレだね・・・・。

あー怖い怖い。

ふとおもったんやけど、なんで文庫本のほうが全然安いし読みやすいのにはじめに出る時はご丁寧に「本」って感じのやつ出して読みにくくて高い値段で売るのだろう・・・・・・。

まあ儲からんからか・・・・・。

アレだね・・・・・。

あー世知辛い世知辛い。

最近とんと本を読んでないので、まあまた少しずつ読むのもいいかなぁと思います。

ということで、前から思ってたんやけど

天皇家って血が濃いよね。

すごいよね。

同じ顔やね。

奥さんに似れば良いのにね。

その血の濃さが天皇の天皇たる由縁なのかもね。

昨日くらいに軽くはなしとったんやけど、天皇家ってはじめはどこからはじまったんだろうっていう。

はじめて天皇になった人ね。

それを僕らは勉強してない・・・・・・はず。

もしかしたら、触れたらいかん事実なのかもしれん。

一応、「神」やったし。

まあ天皇もいろいろ大変なのです。

天皇家も

アレやなぁ・・・・・。

バイバイ。
いろいろぶつけてみる (2005/11/14)
み~あ~げて~ごらん~

よぞら~のほ~しを~

どうもこんばんは。

今日の星空が見えるかどうか分かりませんが

冬の夜空はたぶんきれいです。

今日、実家から来る時に

いつものように

至極当然のように

電車に乗るわけです。

まだ早い時間なので

こういった場所は

混むわけなのです。

学校行った時にちらっと話したけど、

券売機で切符を買う方々

よく考えて下さい

買った後

なんで後ろに行こうとするのですか?

後ろにはたくさんの人たちが並んでます。

もちろん僕も並んでます。

なのに、

何故

そこで後ろに行こうとするのですか?

後ろに行こうとする→後ろには行列→いったん立ち止まって考える→人のいない横から出て行く


うーん

法則発見(・W・)ノヤタヨー

まだあります。

朝9時(たしかね・・・・)までは痴漢防止(やと思う)で女性専用車両になるとこ。

なんで真ん中にあるの?

女性の立場で考えると

「痴漢の防止」と「降りやすい」ので安心で便利

   1   +   1   =   2

男性の場合

「痴漢できない」と「真ん中の車両使えないので降りにくい」ので
   -1   +     (-1)      

悲しみと憤り

= -2

だから「女性の立場」と「男性の立場」を計算した場合
     2    -  (-2)  = 4

ほら、4も差がある。

4です。

4。

1の4倍です。

まあいろんな環境を考えてまた違うのだろうけど。

あと痴漢は犯罪なので、2までは許そう。

腑に落ちません。

関係ないけど、ホストってかっこいいのか・・・・・。

まあええか・・・・。

今テレビでやってるんやけど。

さっきまで女子バレーのやつやっとったのに・・・・。

そんなこんなで、電車に乗ってる時も飽きずにすみました。

バイバイ。
触ってしまった核弾頭 (2005/11/13)
どーも

こんばんは。

どぉも

こんばんは。

同じ「どうも」でも発音は違うよ。

日本語も発音難しい時もある。

日常に光を探すブログ。

今日は、おじいちゃんの墓参りに。

何よりもお酒とセブンスターが好きだったじいちゃんなので

僕がセブンスター、兄ちゃんがお酒

をもっていきました。

まあそれからお寿司を食べて、姉ちゃんと旦那さんのとこへ。

僕は運転してないのでビールを飲んで。

いやー、あれだね

ビールがおいしいときって

・めちゃ疲れたとき

・車に乗ってるとき

・人の家でタダで飲むとき

ね。

関係ないけど、今日、事故を二件見た。

一つはまだ警察も来てない結構悲惨目なやつ。

怖いね。

どれだけ気をつけても巻き込まれてしまう状況はいったいどうすればいいのだろう・・・・・。

警察も大変ですね。

まあ仕事ですから・・・・。

ちょっと不謹慎なんだけど、ペシャンコになった車って結構嫌いじゃない・・・・・。

幸せは身近に結構あるもので

不幸せも結構身近にあるものです。

不幸せの方は最近とんと気づかんのやけど・・・・・

まあそんな頭が幸せな僕でした。

バイバイ。
死に際からの脱却(冬物衣類運搬作戦) (2005/11/13)
こんばんは。

昨日のライブから一夜明け

首が痛くなると思ったら

そうでもなかったよ。

そんなこんなで昼に起きた僕は

着信履歴からバイト先にかけたら

今日のバイト当キャン。

うーん・・・・・・・・

ついてるついてる!!

そんなこんなでネギポの電話もあって勇治とフータンと金山に。

そして、とあるフリーコンサートのジャズトリオを見ることに。

サックスとギターとベース。

サックスの白人は知らない人だったけど、

ギターとベースの黒人の人らは倉木麻衣(漢字あってるかわからんけど)のバックバンドの人だそうで、

めちゃ良かった。

繊細かつ大胆で、しかも茶目っ気たっぷりで日本語もうまくて、あとで握手してちょっとしゃべった。

この二日間でこれで5人握手。

これって結構多い。

ふだん握手する機会ないし。

曲の方は、サックスメインでドラムは打ち込みでみたいな感じでまったりと強く優しい感じ。

んで全員もちろんうまいんだけど、メインの邪魔をしないバッキングなのに、奥深い。

すごいねすごいねネイティブは!!

タカ・ヒロセもそうやけど、別に実際それほど巧くなくても縁の下の力持ちで味わい深いアーティストって多いね。

フータンとも話しとったけど、うならせるバンドって結構ドラムとベースが安定しててギターが安心してクチャクチャできるバンドが多いなぁと。

でもよく聴いてみるとベースもドラムも味わい深いの。

それは巧い下手にかかわらず。

まあ安定感は必要なんやけど。

そういうのはやっぱそういうバンド当人にしかできない旨さなのだろうなぁと。

巧さじゃなくて旨さね。

結構こう音楽を(まあ対して僕は巧くも旨くもないのだけれど)やってると、音楽自体を純粋に見れなくなるような気もしないでもない・・・・・。

巧いからすごいとかじゃなくて、この曲は良い悪いとかカッコイイとか、もっと音楽聴くのって別に漫画読むとか小説読むとかドラマ見るとか映画見るとかに近いような気がする・・・・・。

まあ弾く側じゃなくて聴く側的にやけど・・・・・。

まあそんな感じなんだろう・・・・・。

ということで金山から岐阜に帰り、僕はようやく冬物衣類を手に入れてこの冬の寒さを乗り切ることができそうです。

っていうか最近急に寒さが勢いを増したみたいで、もう昼間でさえ寒い・・・・・。

今日当キャンした子もたぶんそうやろうけど、風邪ひかんようにしよう・・・・。

この冬

僕は

雨ニモ負ケズ

系統で生きていけたら

いいなぁ・・・・・。

そういや、実家でとってもらってた「あいのうた」を3週間さっきまで見てました。

お・・・・・おもしろい・・・・・。

いいね。

和久井映見(漢字あってる?)と菅野美穂のやりとりが結構好きです・・・・。

来週もとってもらおう・・・・。

ちなみに今日はあと一時間後くらいに「バンド・オブ・ブラザース」がやるので、見れたら見よう。

見れんかったら借りよう・・・・。

バイバイ。
作られた支流に向かって(ライブ編) (2005/11/12)
こんばんは。

どうもこんばんは。

最近足腰がたたんくなることが多いのです。

そんなわけで今日は、

FEEDERのライブに

はせ参じたわけです。

ということで

よかったよかった。

ほんと良かった。

いやー良かった。

良かった。

話は今日の夕方にさかのぼります。

僕らはパルコにいました。

フラフラフラフラフラフラフラ。

フラフラフラフラフラフラフラ。

そんで並びました。

209番。

誰かがあんまり大きくない黄色い声援と共に現れました。

史上最強のベーシスト・・・・・

タカ・ヒロセ

現る現る。

階段降りる時に肩がぶつかりました。

彼はゴリラのようにごつくて温かい人でした。

フータンがタカ・ヒロセの実質上のアレなので、そのことを言ったら気づいたかどうか知らんけど

「ウホウホウホーーー」

っとちょっと英語なまりのある日本語でなんか言って手を振ってくれました。

やべぇ・・・・・・かっこいい。

ゴリラみたいやけど・・・・・・。

かっこいい。

というわけでまだライブは始まっていないので会場へ。

そして待つこと数十分。

始まる始まる。

FEEDERのライブ。

いやぁ・・・・・・・

普通に良かった。

いや、良かった。

のっけから結構定番の曲もやりつつ僕の好きな「カムバックアラウンド」もはじめの方にやった。

途中で曲の終わりにやったピックスクラッチでグラントが親指切ったみたいで血だらけだった。

でもあんま支障はなかったみたいで、ギターが一本軽く血だらけになっとったけど逆に良かったです。

んでグラントは格好良かった。

ちょっと髪の毛ペシャンコで無精髭やったし、寝癖もあったけど逆にくたびれた好青年みたいな感じが良いね・・・・・。

髪きっとったのはちょっと悲しかったが・・・・・。

途中の曲の方で僕は、前から三列目のグラントとタカ・ヒロセの間でグラントよりの辺やったでめちゃ良かった。

最後にメンバー全員と握手できたし。

というわけで、僕はかなり満足で

そんなこんなで出待ちしたけど無理で、しょうがないのでタカ・ヒロセのリアル父ちゃん(浅田飴の宣伝に出てくる人っぽい、あー「えいろくすけ」やわ)にちょっと話しかけてっていう感じ。

あー

満足だウホー

バイバイ。

付記

子連れオオカミ(子育て奮闘編) (2005/11/10)
こんばんは。

大学前で

まさかの

タイホ・・・・・orz

5000円罰金・・・・。

お金ないときに限ってこういうことは訪れるもので、

今までに2回ほど味わったことのあるこの切ない感情・・・・・。

とりあえず、愛知の警察は

交通事故死一位をなんとかしろと・・・・・。

悲しい・・・・・。

あー、まじ気をつけよ・・・・・。

ということで警察のノルマに貢献しました

と・・・・・。

んでそれからバイト・・・・。

僕の気苦労の大部分は平日のこの一時間半にあると思う・・・・・・。

ひどいもんでした・・・・・。

ということで、今日僕が思ったのは、子育てって大変です。

もう大変も大変。

人一人を親として諭さないかんもん・・・。

大変も大変。

もしかしたら人生で一番めんどくさくて神経はらんといかんくて、悩みまくるのは子育てなのかもしれません。

兄弟かなんかの子供は楽なもんです。

たまに会いに行って喜ばせてなんか買ったったらええもん。

怒らんでええもん。

よしよししときゃええもん。

でも実際親はそんなこともできません。

怒らないかんし、甘やかさないかんし、まあ限度考えてバランスよく。

怒られたら反省させんといかんし、仏の顔も三度までやし。

うーん・・・・・・。

まあ僕は良い親には慣れそうにないで良いおじさんでええか・・・・・・・。

付記

あくる日の罠(僕は現実を見るの巻) (2005/11/09)
霊柩車が二台続いて横を通り過ぎる。

その後黒猫が前を通りすぎる。

今日はゼミで発表だったけど諸事情でなくなった。

結構ラッキー。

佐野史郎の狂人っぷりは結構好き。

関係ないけど、バキとか書いてる板垣恵介の「バキ」と「飢狼伝」が同時発売。

する必要ないと思うけど・・・・。

やっぱりか。

金のにおいがプンプンします。

やっぱり世の中

筋肉だ!!

きっとそう・・・・・・。

あと、ついでに「20世紀少年」も買いました。

ようやく話も佳境。

これで終わらんかったらさすがに・・・・・・・ねぇ・・・・。

でも終わって欲しくないな・・・・・。

まあ「プルートゥ」あるでいいか・・・・・・・・。

また関係ないけど、今日、さっきまで寝てて、コンビニに行こうと思ってドアを開けたら、赤飯、フータン、山本のマッドトリオが目の前にありました。

戦う
呪文  
逃げる ←
持ち物

しかし回り込まれた。

んでコンビニ行って今に至る・・・・・・・・。

んじゃ。
だいたい習慣ボーイ (2005/11/08)
一ヶ月に一度

だれかの家に集まって

じゃんけんして

どこか誰もいない浜辺で

そこにはテトラポッドとかもいっぱいあって

どっかから電気を盗んできて

たくさんの照明とPA卓

オケを流して

衣装を着込んで

みんなで唄う

そんな「昭和歌謡大全集」チックな大がかりなカラオケとか

不思議なポッケで叶えてくれんかなー

叶えてくれんやろなー

この猫畜生↓

o971005.jpg


あんなメゾソプラノなドラえもんはイヤだ。

どうもこんばんは。

タイトルが最近気に入ったのが思いつかないブログ。

なんかこれきたーってのがないね・・・・・。

んで冒頭のこともそうなんですが、結構僕は漫画にしろ小説にしろ映画とかにしろ結構悪い意味でのめり込むことが多いようです。

作者とかによって、主人公のキャラクターが当たり前に違うのですが、くたびれとるけど知的でかっこいいとか頭悪そうなのに論理的だとか、なんも考えてなさそうなのに結局そいつの思う通りにいっとるやつとか。

作者ごとに主人公の味があってだから面白いんだろうね。

さて、昔からよく言われます、

「継続は力なり」って。

僕の一番不得意な分野なのですが、これ、実際そう。

実力とか能力的な面じゃなくて、例えば根性とかいったみたいなメンタル的なところで。

嫌いなことって当たり前のように続けるのめんどい。

でも続けれる人は続けれる。

そこらへんは物事の考え方の違いもあるやろうけど、精神面でやっぱり続けれる人っていうのはぶっといもん持ってる。

良い風に言えば真面目、悪い風に言えば生真面目。

どっちなのか分からんけど、やっぱり続けれる人はすごい。

もしかしたら、その続けれる人っていうのも、元々は続けれるような人じゃなくて、続けることでそういった根性を養ったんじゃないかと最近思います。

僕も昔は学校に毎日行ってたし、今、こう大学っていう自由で自堕落な日々を送るようになってしまったけど、ようは根性がないのだろう・・・・・・・・・。

まあ元々意気地がないのは分かってるけど。

そういったところを少しでも改善できればと。

というよりできんかったら、リアルに狂人になってまうっていうのもイヤなので。

狂人はいつまでもあこがれのままで生涯を閉じれたら本望だなぁと思います。

あー、なんか今日いつもと違うノリやな・・・・・・。

まあええか・・・・・。

ダチュラ!!!

↑コインロッカーベイビーズ参照

バイバイ。
頑張れこぼれ谷(なんだろうっていう話) (2005/11/07)
先生、先生、急患です。

先生、先生、急患です。

こぼれ谷先生、こぼれ谷先生!

今日ずっと頭の中で駆けめぐった「こぼれ谷先生」。

こんばんは。

昨日休みで今日書くブログ。

昨日は学祭最後だったよ。

じゃあハイライト的に言うと

グァーってなってウォーってなって

弦切れた・・・・・。

グァーってなってウォーってなってブァーって圧縮したら

翌朝声がかれて後ろ側の筋肉がだいたい痛い・・・・。

こんな感じか。

打ち上げは、最後の方疲れすぎてアングラな雰囲気を醸し出していたので、帰って何にもしずに寝る。

昨日は

ぐっすり。

関係ないけど、「受けたくなる授業」みたいな番組で誰かが

「読書」は好きな時は読み続けれ、嫌いな時は「読書」しなくても全然構わない、つまり好き勝手できるから良い

って。

うーん・・・・・・・・

納得。

こんなことを書きながら、ナフコのお総菜が半額になるのを・・・・・いや、ナフコのお総菜が半額の半額になるのを待ってます。

たぶん後、40分くらい。

最近、家に帰ったら寝るだけ、とかまあ一人になる時間というのがなかったので、あんま考えることもありませんでしたが、昨日の打ち上げ後くらいにようやく思考することを再び始めました。

もしかしたら、人っていうのは一番好きなのは自分で一番嫌いなのも自分なのかもしれません。

たぶん・・・・・。

だからなんかうまくいったときは、すごい高揚するし、うまくいかないと自分を責めて自己嫌悪みたいな・・・・・。

そんなことを夜空の下を歩きながら思ったわけです。

そんなことはどうでもいいんやけど、あれです。

寒い寒い寒い寒い

寒い。

もうそんな時期ですよ。

上着のたいがいが実家に持ってかれてしまったので、僕が今、まともに着れる上着が二着しかない・・・・・・。

マフラーもない。

ないないばかり。

ないない。

関係ないけど、赤ちゃんは「いないいないバー」で喜ぶのは手で顔を隠してる時、どこにいるのか分からなくなるからだそうですね、って漫画かなんかでよんだ。

いない

いない

ブァー!

ね。

ということで、一刻も早く実家に帰らないとだんだん眠たくなって誰かが

「おい、寝るんじゃない、寝たら死ぬぞ」

って言って顔をパチンパチンして

それでも眠くなってきてとりあえず、近くにあった小屋で暖をとることになって、それでも体は死に向かって直行しててそしたらドアが開いて誰だろうと思ったら

あ!

こぼれ谷先生!

っていう話。
やたらと切り裂きまくるジャック (2005/11/05)
さっきスターキャットのお試し番組を見てたら

でら名古屋人っていう番組で

僕の大学の文化会フェスティバルの映像が使われてた。

このときの6月のライブんとき、

後輩とかと出たのやけど、

その映像もちらっと使われとった。

わーいわーい へ(・W・へ)

僕、手しかうつってなーい

わーいわーいわーい・・・・・・・。

そういや関係ないけど、ちょっと前に「受けたくなる授業」とかそういう番組で東京大学名誉教授の養老孟子先生が出てたんやけどそんときに

ナンバー1よりオンリー1とかそんなこと言ってると

自分は、このまま変わらないでも良いのだという気持ちになって向上心がなくなる場合があるみたいな・・・・・・・・。

あと、昔の子はよく考え、よく見て、絵とか書くのに、現代っ子は幻想にまかせっぱなし描きするそうです。

やっぱ「ゆとり教育」はろくなもんじゃないのだろうと思います。

もしかしたら「ゆとり教育」世代は会社は取らないとかそんなことになってみたいなことを前ちょっと話してました。

まあ「ゆとり教育」で狂人になっちゃった子は僕には手が付けれないのでどうでもいいですが・・・・・。

人間って怖いね。
友達ジャンキー (2005/11/05)
こんばんは。

昨日はあんま書かなかったブログ。

そんで昨日は、家の近くの場末感丸出しの銭湯に行って甘ったるいニオイのするコーヒー風呂に入ってヌルヌルしてまったり、

スパルタンX

とか見たりしたよ。

久し振りに会った友人と、あんま盛り上がらずグダグダする。

そんで今日は、ちょっと学祭を廻りつつ、ライブもあったよ。

軽音関係ない人をライブに呼ぶのは初で。

元々あがり症の僕はもちろん緊張して胃がシカシカしたりもします。

でもなんでかよう分からんけどそういう緊張って、はじめの一曲やったくらいには消えます。

まあ慣れもあるのか・・・・・馴れ合いなのかは別にして、結構気持ちよくできたのでまあ良かったし、友人にも変なとこみられんで良かった。

その後になんか片づけてたら女子高生っぽい子らが僕らがやっとった曲について聴いてきたのでちらっとしゃべっとったんやけど、その子らが9歳年下らしくてそんときはあんま気にしてなかったんやけど、後で気づいたら実は女子高生じゃなくて女子中学生やったっていう・・・・・・・。

最近の子が大人びとんのか、僕が日々の老化で老眼になっとんのかは知らんけど。

そんで焼き鳥食べてフータンとネギポとホセと神のライブを見とって、フータンの首がもげそうになっとって、それから友人を「いりなか」まで送ったよ。

結構満足してもらえてまあ良かったです。

ちなみになんかその友人は、結構ドラムが気に入ったみたいで、僕らのバンド(やっさん)とフータンとこのバンド(ホセ)に感動しとったみたいで良かったね。

そっから練習してから、ゴーイングアンダーグラウンドのライブを盗み聴きしとったらセンチメンタルデブの人が僕らの近くをとおってって、実際原曲は一曲も聴いたこともないけど、

あーセンチメンタルデブの人やと思って感動しました。

そっからみんなでご飯食べてなんかいろいろやっとって終わり。

っていう普通の日記。
明日の明日のまた明日まで (2005/11/04)
こんばんは。

深夜のスパルタンX

そんなブログ。

今日は、昨日言ったとおり、京都から小中高一緒やった友達がきとって

昭和っぽい銭湯行ったりとかしたりしました。

そんな日々。
さよならスパンコール。 (2005/11/02)
あ、

どうも。

こんばんは。

最近、寒さか何故か分かりませんが、夜になると下半身が関節痛になります。

老いって怖いね。

人間って怖いね。

関係ないけど、タイトルを打つとき、はじめに打った頭文字で昔作ったタイトル名が下にずらーっと出るのやけど、僕、結構「さよなら」っていう言葉をよく使うみたいですね。

そうですね。

最近ドラマ「あいのうた」は実家でわざわざDVDにとってもらっている人のブログ。

結果が全てなら、今一番売れているバンドはオレンジレンジかもね。

産業ロックに「くそくらえ」根性でのし上がったニルバナも結局キャッチーな感じで売れて結局どっちが産業ロックなのかわからんくなってるね、カートは(それが原因か知らんけど)自殺したね・・・・・。

メディアって怖いね。

精神ナルシストって怖いね。

自己満足が逝きすぎた結果に精神ナルシストだね。

訳の分からんこと書いたなぁ・・・・・。

結局、物事は自分で決めないとしょうがないなぁと思うのです。

誰に相談しようが本を読んでみたり何をするにしても結局最後は自分で決めないとよろしくない。

だから、奇声をあげるのもすぐ上半身裸になるのも乳毛をいくら伸ばそうともそれをライターであぶろうとも、

ダチュラ

↑コインロッカーベイビーズ参照

とまあ今日は、何が言いたいんだかよく分かりません。

とにかく今日の僕が言えるのは

怖いね。

ってことだけ。

んで明日は小学校から高校まで一緒に仲良く楽しく毎日を過ごした方がうちに来るので、結構楽しみなわけで、同時に学祭もあるのでその人と一緒にっていってもその人は2時半に名古屋にくるので学祭を楽しめるかどうかは定かじゃないのだけれど、夏休みにはあってないし、とにかく久し振りに会うから、結構あれなわけで、そういや関係ないけど昔、こういう風にいつまでも句読点かなんかわからんけど・・・・・・・まあ要するに「。」がいつまでたってもない文章書く友達がおったなぁと思って、今、彼は何やっとるのやろうと思いつつもこのへんで終わらしたいなあと思うので終わらせることにします。
楽しいキャンパスライフ (2005/11/01)
遅れをとっちゃったー

遅れをとっちゃったー

古田(弟)氏のブログ上でのあのふっきれぶりに

遅れをとっちゃったー

こんばんは。

内輪のネタで

世界を網羅

野武士を慈悲なく斬り殺すようなブログ。

最近、というかここ2日間。

ちょっといろんなことにチャレンジ中です。

学校に行って、

部活に行って、

授業に顔を出して、

メインストリート歩いたり、

図書館行って、

いろいろやったり、

談笑したり。

僕、気づきました。

大学生って楽しいね。

自分のペースでやるとそんなにイヤなことも苦になることもなく、

イヤになったらやらんけりゃ良いわっておもっとると、結構はかどるもので、

今まできづかんかった

もの・・・・・・。

思えば、今までの3年間

僕の大学生活、

怠惰と腐敗の繰り返し

怠惰と腐敗の繰り返し

タイダトフハイノクリカエシー Σ(゜Д゜)

そんな気がしないでもないのです。

ところが、どうやらこの二日間

嬉し恥ずかし。

そんなさわやかさ。

これは面白いだろうと思って言ってはみたものの、後で、「あーこれは言わん方が良かったなぁ」っていうちょっとはにかみ加減の切なさ、

テレビを付けたら嫌いな芸能人が出てて思わずテレビを消した後の少しの爽快感、

せっかく買ったジーンズが、革を使ってるので洗うに洗えないことに気づいた後のちょっとした悲しみ、

下ネタをせっかくオブラートに包んで上品に言ってみたのに、結局下ネタは下ネタだったみたいな軽いしてやったり感、

ギターをチューニングするときにチューナーに頼りすぎてなんかようわからんくなったもんでチューニングを上げ続けたら結局倍音に近い状態になって切れた時の「僕ってダメじゃないですか」という例のような自己嫌悪感、

異性に会ってちょっとしてから、何がとりあえずかわからんけど「とりあえず携帯番号教えてよ」とか言っちゃったあとのなにがしかの達成感、

帰ったら犬の散歩しなきゃっていう使命感、

そのようなものをミキサーかなんかにかけて出来たのが

僕の今の気持ち、

なわけはないですがまあ、最近ちょっとキャンパスライフ的な生活しとるのではないか的な、

的な!

そんな話。
ページ上部に戻る▲
空想ジャンクションボーイズ © 千 2005. (http://thousand.blog7.fc2.com/)
/
This BlogTemplate's origin was written by Tamico.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。