月別ログ_2005年07月分
スポンサーサイト (--/--/--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
夏休み傲慢企画第一弾(僕と他人とオーストラリアン編の始まりの巻) (2005/07/29)
みなさん、このクソ暑い夏をいかがおすごしでしょうか?

まあ

答えたくなければ僕も深くは立ち入りませんが。

よく言われることですが、外国の人は適当だと・・・・・。
矢野氏も語っていましたが。

ここで

「いやいやガイジンは日本人よりゆとりのある生活をしてるだけだよ」

と反論したい気持ちもつ鬱屈した日本人コンプレックスによって外国かぶれになってしまったにもかかわらずここで、そうここで敢えて外国人をガイジンと呼んで軽く見下してもいるという矛盾を抱えて生きているかたもいらっしゃるとは思いますがそれはそれ。

まあどっちでもいいんです。適当に見えれば。
そんな適当社会・・・・・・なのかは知らんけど、この経済大国日本でゆとり教育世代にもなれず、なおかつ土曜日が学校ある日を体験したにもかかわらず適当な・・・・・・いやここは敢えてアバウトと言おう・・・・・・んでアバウトな考えとアバウトな生き方が突出してしまった、いやむしろそれを望んだ形で受け入れたのかもしれないこの僕が、海外に単身踏み込もうなどという奇跡。
ガイジンから見たらかっこうのカモ・・・・・・・いや無謀なイエロー・モンキーです。
まあ、外国にもチョンやニガーやホワイトゴリラがいっぱいいるんですけど・・・・。

結局なにがなんだかわからん文になったなぁ・・・・・・。

まあそんな感じです。

ここ数日の用意で僕のアバウト加減が群を抜いて顕著に表れたのでヒサミさんも真知子ちゃんにもかなり怒られ気味・・・・・・まあ怒られてはないか・・・・・。

期待3割不安7割の路頭に迷いそうな旅

がいよいよスタートするわけでね。

実際、このブログも更新できるかどうか分かりません。

いったい何が僕に待ち受けてるのかと。
昨日英会話学校の電話で言われました。

強制送還だけはされないでね。

ほんとに大丈夫?

はい。大丈夫かどうかは行ってからでないと分かりません。
ていうより飛行機が嫌です。
乗ることに関しても飛ぶのを見ることに関しても全然嫌いではないのですが、どちらかと言うと好きな部類なんですが、いかんせん、気圧の関係かなんなのかはわかりませんが、飛行機に乗ると左耳がものすごい痛くなります。
痛いのは前に語ったとおり嫌いなので
楽しみ<痛み
になるわけです。

非計算の合理主義!!

それではまた後日。
スポンサーサイト
変わったこと (2005/07/28)
景色が変わった。

僕の携帯が変わった。

うちの味噌汁の味が変わった。

というわけで携帯が変わりました。
別に変える気はさらさらなかったんですが、どうやらうちのオカンはどうしても国際電話仕様にしたかったみたいで。

ついに僕の携帯も

ボーダーを一つ超えました

ついに時代は3Gへ。

3Gの意味がよくわからんが・・・・・。
ものすごい意味あるのかわからん機能がついてますよ。
とりあえず、かなり重いファイルなんかもダウンロードできるせいでフリーズするらしいです。
前の携帯もちょくちょくフリーズしました。
たぶん壊れてたんだと思います。

あと3G携帯は携帯の番号を変なチップで交換できるからチップさえ交換すればすぐ別の携帯を使うことができるみたいです。
例えば海外に行くときにその方法を使うとレンタル携帯が自分の番号のまま使えるので便利だそうです。

すごいぞすごいぞ3G。

んで、国際電話使えるようになってしったのが、海外っていろんな業者が電波出してます。日本だけでもそうなんかもしれんけど。
んで通話料もそれぞれ違います。
この3G携帯!一番強い電波発してるヤツを勝手に受信できるらしいです。
もちろん違う電波を受信できるよう設定できるみたいです。
ここまでくると本当に携帯電話にウィンドウズが入る日は近いです。

昔、高校の知り合いが携帯にウィンドウズのマーク貼ってて、

これウィンドウズがはいっとるよ

と言ってましたが、それも近い将来当たり前になるかもしれません。

ところで、

3Gってどういう意味なんですか?

んで、今日偶然テレビを見たときに最近おばさんを筆頭に女性の間で人気のあるらしいチョンのビッグスター・・・・・・・・名前知らんけど、安全地帯の「ワインレッドの心」を唄っていました。

あれはやっぱりおばさん連中を狙って

一昔前のヒット曲(それもバラード)でも歌わしときゃ勝手におばさんが懐かしがったり喜んだりして売れるだろうと思ってのことなんでしょうか?

まあ「ワインレッドの心」はやっぱり玉置浩二か井上陽水のやつのほうがいいなぁといったところでしょうか。

隙あらば虐待!!!

以上今日のブログでした。
ビビっときました夏の夜 (2005/07/27)
本日2回目ですがちょっと聞いて下さい。
ちょっと今

良い詞が来ました。

最近流行のやつで言えば

キターーーーー(゚∀゚)ーーーーーーー!!

的な・・・・・・。

「わたしは嫁には行けません

わたしは婿にはなれますが

わたしはそれは嫌なのです」

ほら・・・・・・。

・・・・・・・・。

失敗orz
ウェスと私とホルモンと(久しぶりだよ全員集合編) (2005/07/27)
どうも。
結構久しぶりですね。

都会のしがらみに負けてネットも止められました。

学校に行っても出てくるのは論文形式問題がかかれた薄っぺらい紙くらいなもんです。

あと学校のあの演算処理が中坊並でしかもログインしんとつかえんという独特の構造を持ったパソコンをどうしても使う気にならず、はっきりいってめんどいし

たくさんの同年代の人間

にこんなものを見せて向こうの気分を害しかつ己の気分も害すのもあれなので。

とにかく実家に帰郷したんですよ。

なので僕は今、光の力を存分に使いつつ正しいインターネットライフを歩んでいます。

昨日本屋で村上龍の

コインロッカーベイビー

という名前からして不幸そうな本を買いました。

ええ、そうです

上下巻ともに

です。

別に買うつもりもなかったんです。

ほんとうはもっと希望と情熱に満ちあふれたさわやか爽快冒険活劇・・・・・・・・・簡単に言えば

小学生の夏休みの冒険

的なものを買おうと思ったんですが・・・・・・・・別に作家に詳しくもないですし面白そうなものもなかったので買おうにも買えませんでした。

そこでコインロッカーベイベーの登場です。

まあそんな話はさておき、この前買った「UMAハンター馬子」?(名前あっとるか分からんけど)の本はだいぶ前に読み終わりました。
この本、最終的に登場するUMAを実際なんなんだ?という疑問を解消してくれます。まあ作者の観点からですが・・・・・。
そこがなかなか面白いです。
んでそん中に巨大化系の動物とかが出てきます。
まあこれはUMAでいえば

クラーケン
(でっかいタコとかイカとか言う説が一般的)↑
シーサーペント
(海の巨大な怪物。ワニっぽいとか竜っぽいとかいう説がある)

とかのことです。
こいつらは本にも登場するんやけど、作者は成長ホルモン巨大化生物説でした。
つまり成長ホルモンの関係で動物や人間もそうやけど成長してある程度のところまでで成長しんくなるのです。
成長ホルモンとかのバランスが異常だった場合人間でもめちゃ背が高いとかそういうのになります。
つまり永久に成長ホルモンがでればめっちゃでかくなるんです。

なので、もしかしたら、今後、成長ホルモンによって、整形界が揺らぐかもしれません。
今までの顔や脂肪吸引とか身体の大きさなどを調節してより好みの体型になれるのかもしれません。
っていうかもしかしたらもうすでにやってるかもしれません。

そう考えると

よりぞっとするのは僕だけですか?

まあこういろいろ今日だけでも無駄な心配をたくさんしてるわけですよ。
そんな僕に
ぞっとるすのは僕だけですか?

と・・・・・。
まだ昼になっていないから (2005/07/22)
こんにちは。

今日も腐るような暑さの中いかがおすごしでしょうか?

まあちょっと興味あるな。

次世代ファーム研究所

とかが最近の流行ですね。
ああいう、謎の団体って探すと結構多いんだろうなぁと思います。
まあ

似非宗教法人

みたいなもんだろうと確信してます。

結構、この場を借りて、あれはアホだの馬鹿だのキチガイなどと罵ってますが、まあどうせこのネット世界にそれこそアホのように存在するブログのひとつなんで、まあ見つかることはないでしょう。

ちなみにさっきテストうけてきました。まだ今日はもう一個あります。
だから発表したテスト問題をネットを駆使して解こうかなと思ってます。

最近家のネットが止められたせいもあり、うちのパソコンはただの、いろいろな使わない機能がついてる、プレイヤーになっています。
でも、ネットがないので、基本的に音楽をじっくり聴く行為だけになってちょっと価値あることしとるかもみたいな気が密かにしています。

昔(まあ30年くらい前やと思う)はレコードを家できくときはプレイヤー?蓄音機?電蓄?まあ名前はいいけどつまり、その前に座って何もしずに聴いていたそうです。まあリリーフランキーの本で読んだで、どこまでが本当かしらんけど。
つまりそれだけレコードを聴く、という行為自体、なにか仰々しい・・・・・感じのものだったんかもしれません。
んで、今となってはその行為も一般的なものになり、ただ、音楽を聴くという行為、つまり聴く意外に、たとえば本読みながらとか、学校に行きながらとか、○○しながら聴く、ということのほうが多いです。というより、たぶん大体それ。
じっくり聴くだけの行為をしてみると、今までに気づかなかったことがわかります。たとえば、ほんとに聴こえるか聴こえんくらいのかすかなギターの音やらなんやら。
じっくり聴くことをしないと、ほんとに見逃してしまうものが結構あります。

まあそんなことはどうでもいいんです。

最近のお気に入りは、エレカシが、ちょっとハードロックっぽいことになっとる・・・・・まあつまりは「真夜中のヒーロー」とか「コールアンドレスポンス」とかのころ、メロディーがしっかりしとって途中からもうほぼ叫んどる感じなんやけど、でもメロディーしっかりしとるねぇ、ってころを聴いてます。どっちかというと、僕は個人的に、ちょっと歌謡チックとかフォークチックな感じの曲のほうがエレカシは好きなんだけど、そのころの、妙なダサ格好よさが惹かれます。

あとは、吉田拓郎もよく聴きます。
これは、まあ、ベストに入ってる曲をだいたい全部聴いてるから・・・・・でもなぜか

全部抱きしめて

はとばすけど。
まあ、この独特な歌い方と歌詞の妙な重みと古臭さというのか・・・・まあ昔気質な恋愛やら考え方やらがすごいよいです。

あとは、まあ適当にいろんなバンドを聴きます。

実際、誰しもおもっとることやろうけど、テスト期間中っていうのは、ほかの物事に対する意欲がものすごい上昇します。ほかごとのときのほうが驚くべき集中力を発揮します。

まあそういうことです。

だから、ほんとに何かうまくなりたい人はテスト期間中に、
あー勉強やらないと
と思いながらほかごとをやって結果的にテストを全部捨てるといいです。
たぶん、へたしたら一日が一年くらいの価値があります。
これを「テスト期間における精神と時の部屋理論」といいます。

変なことかいてたら何を最後に言いたかったのか忘れた・・・・・・。
まあええか・・・・・。
10分間の奇跡 (2005/07/19)
朝起きたら、
9時25分だったよ。

大急ぎで学校へ。
遅刻で間に合ったテスト。
よかったよかった。

タイトルの話は終わり。

昨日はいろいろ書くことがあったよ。
でも、名古屋に帰ってきたらネット止められてたよ。
今はテスト終わったから学校のパソコンで書いてるんだよ。

見られやしないか、

どきどきです。

この空間の中でどれだけ恥ずかしいことが書けるのか・・・・・。

昨日はオトンに駅まで送ってもらって、見送りもなく僕は名古屋に戻った。
電車の中ではいろいろあったよ。

とりあえず。
歩きながら本を読むなと・・・・・。

漫画よんどるなと・・・・。

彼女と一緒に歩きながらおまえ

漫画よんどるなと・・・・。

スーツ着て男性が

少女漫画よんどるなと・・・・・。

ほんとに突っ込んでやりたくなる光景がちらほらでした。

あとは昨日はなんか祭りがあったみたいで浴衣きた子もちらほら。

浴衣は紺色に限る。

と思う。あとできるだけ柄ついてないやつのほうが・・・・・・。
まあ僕だけか・・・・・・。
でもたぶん紺色系は一般的なはず。
まあどうでもいいけど。

あと、いろっぽくなりたいなら男も女も手をうまく使うんだと・・・・・。

まあそれだけいいたかった・・・・・。

んじゃ。
芸能人と非芸能人の関係について (2005/07/17)
こんばんは。
今日は、車でちょっと出たんだけど、前こすった箇所が直ってて、

オトン感謝

な気分です。

芸能人の話。

まあ他の人にとってはどうでもいいことかもしれませんが、人と言うのは確実に嫌いな人間の一人や二人はいます。
絶対います。
理由なんてあろうがなかろうが嫌悪してしまいます。
もちろん実際には面識がなくても嫌いな人というのはできてしまいます。
それが偶然なのか必然なのかは別として。
そんな実際あったことない場合で嫌いという希有な存在とも呼べるもの、それが

芸能人

です。
まあ実際おまえ達は芸能というものをもっとるのかと聞かれても答えられない人たちもいるだろうが、ここではあえてそんな芸能非所有な芸能人も一緒に含めたいと思います。

このブログを欠かさず見ている、別に見たくはないけどまあそれなりに見ている、もしくは見てしまった人、見たくないけど偶然入ってしまった人の中にもたぶん大多数こんな経験をされている方がいらっしゃると存じます。

ある特定の芸能人を見ると確実にチャンネルを変える。

この行為を。

まあ、似たような感覚は、例えば僕のブログがほんとにキチガイじみていて見るのも嫌だけど残念ながらのクリックミスで開いてしまったから大急ぎで別のサイトに行くかもしくはAltとF4を同時に押すっていう感じに似ています。

僕は、確実にチャンネルを変える芸能人がいます。
まあ本人にとってはどうでもいいことでしょうが。
だからこそ僕はここでかなりきついことも言ってみようと思います。
どうせ本人見てないんで。

とりあえず3人います。
僕の中の芸能人の格付け、もしくはその呼称としては、

林家こぶ平・林家いっ平よりも見たくない芸能人

といったところでしょうか。
あといくら林家こぶ平が名前が変わろうと僕はこぶ平と呼びます。

とりあえず一人目、細木数子。
たぶんこの人はこの人の感覚で言うと地獄に落ちるわよという感じです。
あのゴールデンタイムのジャニーズと出てる番組はなんでまだやっているのか不思議でなりません。

2人目、つんく。
言うまでもなく嫌です。
まあ最近ようやく落ち気味なので安心です。

3人目、マルシア。
細木数子と同じくらい嫌です。
この人が夜もひっぱれに出ると確実にチャンネルを変えています。
あの強気な態度がどこからくるのか不思議でなりません。
どうにかして欲しいです。
さっきも行列のできる法律相談所に出てたので、ほんとあいつをどうにかしてほしいです。

順位的には
同率1位でマルシア・細木数子。
3位につんくといったところでしょうか。

まあ僕にこんなことを言われても世論も覆りそうにはないのでまあ僕はただひたすら敬遠しようと思います。

付記

うちにはひとりでかえります (2005/07/16)
僕にはネコ科動物には
切っても切れない因果関係が存在するみたいなので。

今日は実家に帰る前に山本ポリポリンチョ氏の電話があってコメダ珈琲店?に行ってきました。
相変わらずの関係と
相変わらずのトピックで
相変わらずの雰囲気でした。

そしてそのコメダのドアを開けて階段を降りると

そこは猫の楽園でした。

フェンスに囲まれた場所。
アスファルト。
そんなところに7・8匹の猫が。

そういやここらへんではよく猫見るなあと思ったらどうやら近くの飯屋かなんかがその囲まれた空間に猫のえさをおいとくようで、そこが必然的に猫のたまり場になっているというわけです。

どうやら大家族な様子で、子宝に恵まれた家庭みたいです。
そこでじゃれあう子猫、オカンっぽい猫に甘える子猫。
それを無視でご飯を食べる馬鹿親父。

幸せそうですね。

この世知辛い世の中・・・・・かどうかはしりませんが、そんな中この猫たちのように幸せをかみしめてる人たちはどのくらいいるのでしょうか。

まあ少なくはないと思いますが。

もっと、狩りしとるところとか驚異的な身体能力とかを拝見したかったのですが、間違いなく安全地帯にいる彼らはいっこうにそれをみせはしませんでした。

んで本屋に行って前買った「UMAハンター馬子」?やったかな・・・・・それの続編を買いました。
ほんとは同じ著者の「蹴りたい田中」がよかったんですがいかんせん物語調ではないのでまた今度にしておきました。
結構本買ってるなぁと最近自分でも感心します。
良いことか悪いことかどうかは別にして。

リリーフランキーの「東京タワー」はどうなったんだとツッコミたい人がいるかどうか別にして、僕個人のただ・・・・・・ただ無駄に発言したい感情に任せて言うと、昨日・・・・・・というより今日の日の出くらいに読み終わりました。

この作品、泣いてる読者が多いのは前々から口をすっぱくするほどは言ってませんがそういうことで、

最後のへん号泣

してしまいました。不覚にも。
これだけ涙を流したのは大学入って初めてでしょう。

要するに

そんなけ卑怯な書き方

してます。
まあそれがいいんやけど。
こんなん泣いて当然やろう・・・・・・・。
やりきれません。

関係ないけど、まだロバート・キャパの「ちょっとピンぼけ」と浅田次郎の「壬生義子伝 下巻」

共にまだ半分くらいしか読んでません。

どっちも文章難しい系(僕にとっては)なので疲れるのでついつい読みやすいやつにはしってしまいます。
まあ夏休み中に読み切りたいです。面白いし。疲れるけど。

んでもって、それからその今日買った本を読みながら電車に揺られました。
まあ、途中満員電車に運がよくも悪くも、もしくは運命か意思がそうさせたのかは分かりませんがホームがレスしてしまった人が近くに乗ってその人が酒臭くてそれがもう電車内に充満してものすごいやりきれない思いをしましたが。

JRで普通電車に乗ったときは、あからさまにディズニーランドの帰りの娘・じいちゃん・母の3人組の幸せな図を見ました。
やりきれないこともなかったです。
じいちゃんと孫の関係はうらやましいなぁと思います。

んで、そっから岐阜駅で僕とは昔から父と子の関係にあるヒサミさんに家まで送ってもらいました。んでこれまた昔から僕とは母と子の関係にあるマチコちゃんとヒサミさんとご飯を食べました。

うちには卵豆腐があります。

んで、今日の洋画劇場はこれまたなんの因果関係が介在しているのかは無知な僕にはわかりませんが、ネコ科の動物

トラ

の兄弟の映画がやってました。
なかなかトラがよかったです。
あれですね・・・・・あの・・・・・トラってサバンナみたいなところにおるやつよりジャングルみたいなとこにおるやつの方がかっこいい。
木の上登ったりするし。
サバンナのやつは基本的に走ったりのんびりしたりしとるだけみたいなイメージやし。

でも、よくあんな映画作れたなぁと・・・・・・全部実写?

まあ技術?の進歩はすごいです。
新しい遊び (2005/07/16)
がふと頭に浮かびました。

なので忘れないうちにと思い今日二度目の話です。

題して

モルヒネ危機一髪

まず、たくさんの注射器にそれぞれモルヒネの濃度の違うものを入れていきます。
んで、それを順番で手に取り打っていきます。
ある程度行くと思考が無くなっていくと思うので、文字通り

とんだら負けよ。

うーん・・・・・・・・・。
絶対昔やった人らいると思う。

ちなみに用語を理解しようとして辞書ひいたら

モルヒネ

アヘンに含まれるアルカロイドの主成分。塩酸塩が鎮痛薬として癌(がん)などの疼痛(とうつう)に用いられる。連用により習慣性になりやすく、麻薬に指定。モルフィン。

モルヒネ‐ちゅうどく【モルヒネ中毒】

モルヒネによる麻薬中毒。一時的な大量使用では悪心(おしん)・嘔吐(おうと)、さらには昏睡(こんすい)状態に陥り、呼吸中枢の麻痺(まひ)を起こして死に至る。少量の連用からしだいに増量して慢性中毒となり、不安・不眠・幻覚や手足の震えなどがみられ、摂取を中止すると禁断現象を起こす。

うーん・・・・・・・いまいちおもしろみにかける・・・・・・。

あと

不謹慎

残念な結果になった・・・・・・・・・。
僕と脊椎動物とハンターについて (2005/07/15)
今日は画像をふんだんに使います。

最近、


ネコ科


の動物が熱いです。

たぶん正確に言うと、脊索動物門(尾索動物亜門を除く)哺乳綱食肉目ネコ科だと思います。

昨日、衛星放送かなんかのお試し番組みたいなので、「ビッグキャット」っていう番組がやってました。
こういうやつ↓

amurtiger.jpg


トラとか
こういうやつ↓


caracal.jpg


カラカルとかが紹介されてます。

イヌ科のこういうやつ↓

siberianwolf.jpg


ハイイロオオカミみたいな犬系統も好きなんだけど、飼うなら犬、見るなら猫という感じです。
何がすごいか?

ネコ科って身体能力とか見てみるとすごい魅力があります。
すごいバネしてます。
狩猟者として、これほどの動物はいないんじゃないかと。
もちろんネコ系よりも体が大きくて力が強いやつもおるんやけど。

こいつらとか↓

ezohiguma.jpg


ヒグマとかね。
まあ好きなんやけど。
昨日そのテレビを見とったら、かなり面白かったです。
いろいろなやつがいます。

寒い地方のやつは雪に足とられんような構造しとって砂漠ももちろん足をとられんようにしとったりとか。
あとは、基本的にはネコ系は水に濡れるの嫌いらしいけど、二重の毛の構造で皮膚に水がはいらんようにしとるネコとか。2Mくらい飛んでコウノトリをハントする猫とか。普通、捕食者には聞こえんような音を聞き取るやつとか。


かっこいいです。

cheetah.jpg


チーター(水前寺清子ではない)

jaguar.jpg


ジャガー

ocelot.jpg


オセロット

serval.jpg


サーバル

yukihyou.jpg


ユキヒョウ

地域によって大小様々なやつがおるんやけど、それぞれが驚くべき身体能力と環境によって生まれた特殊能力を駆使して生きてます。

かっこいいです。
捕食者が生き残るためには


得るエネルギー>使うエネルギー

でないとダメです。そこらへんが厳しいのだなぁと。
なので、無駄な動きをしたら負け組です。
なのでエモノがそこにいても捕まえられる確信がないと捕食しようとしません。
時には待ち伏せたり、限界までこっそり近寄って短時間で全開したりと大変です。

人間は

使うお金<得るお金

じゃないとダメです。負け組です。

大きいネコは天敵はいないと思うけど、
小さいネコは

ojirowashi_2.jpg


ワシとか

ootaka.jpg


タカとか

が天敵みたいです。
こいつらも結構好きです。

あと小さいネコはウサギとか小さいエモノをたくさん捕ったりたまには大きめの鳥とか自然に死んだ鹿とか食べるそうです。
んで、捕らえる時は、脊椎にかみつくらしいです。

大きいライオンとかはそれではエネルギーが足りないので大きいエモノを捕食するそうです。

んでそれだと脊椎にかみつけないので喉にかみついて窒息させるそうです。

かっこいいです。

満足。

ペンギンも好きです(アホっぽくて)↓

higepenguin.jpg

テンプレートとかいうやつを (2005/07/14)
変更したよ。


もうすぐ夏休みなので、夏休み仕様にしました。
まあ・・・・・

ただ、変えてみたかった

だけなのでいつ戻るか分からんけど。

飽きたら別のにしようそうしよう。

夏休みが終わるまでもつか・・・・。

まあ今日は言いたいこともないです。

まあ強いて言えば、

日射しが強かった。

たぶんちょっとやけたよ。

ダイナマイトと風の強い日 (2005/07/13)
朝、目が覚める。
まあ
「いいとも」やってたけど。
テレビつけっぱでした・・・・・。

僕を起こしたのはタモリではないです。
一件の着信でした。
着信の音が鳴り響く。
目をつぶったまま携帯へ手を伸ばす。
誰から電話だろう・・・・・。
僕は目を開ける。
携帯電話

着信

山本勇治

・・・・・・。
決断。

ひとまず無視して後でかけよう。

眠気には勝てません。
鳴りやまない携帯電話。
なかなか鳴りやまない。
しょうがなくとる。

僕「もしもし。」

声の主「もしもし、矢野ですけど・・・・・・・」

・・・・・・・・。
何故?

前もあったんだが、矢野さんから国際電話があると確実に着信は山本勇治に・・・・・・・。
なに?
なんで?
とりあえず、雑談。
電波悪い。

25分して切れる・・・・。

とりあえずちょっと、楽器屋さんとCD屋さんが合わさったところ(ようするにミドガ)へ。
そして学校へ。

部会中に着信。
誰?
山本勇治

なんかあったのか?
とりあえず、別に眠気もないし、取らない理由もないので出る。

声の主「あ、もしもし矢野ですけど・・・・・・」

なんで?
矢野さんの電波=アメリカから
山本さんの電波=名古屋
何で?

たぶん二人は共通した電波を出してます。

まあ、前説はこんなもんか。

んで、さきほどちらっとでたミドガに行った理由は、

東京事変ライブ(ちょこっと)DVD「Dynamite out」
これ↑

説明するのめんどくさいのでコピーペーストで

2005年 NEW "東京事変" をコンセプトに、新曲、初披露カバー等を収録したDVDをリリース!大盛況のうちに終了した「東京事変」初の全国ツアー "dynamite!"。そのライブから、NEW「東京事変」(新曲、初披露のカバー曲、さらにツアードキュメント)を抽出したDVDを発売!新曲「透明人間」(作詞:椎名林檎 作曲:亀田誠治)のライブ映像収録!初披露カバー曲やニューアレンジ曲など初披露物満載充実の全ツアー・ドキュメント収録。入口価格1980円!ボーナストラック「群青日和」(ツアー・オフショット・エディト)収録

これ↑

8月にライブをフルで見れるDVDがでますが、とりあえず安いし面白そうなので先かっときました。

実際、このDVD。ライブよりも、ドキュメント?というか楽屋裏とかリハとか練習風景みたいなやつがすごいです。
いろいろやってます。
丸の内サディスティックを練習で、ライブでやってない別バージョンで見れるし、楽屋かどっかで、亀田と昼海(なんかバンド抜けて名前も少し改名した)が遭難をメジャーで弾いてる・・・・・・・・うーん・・・・・・・・音楽の知識というか語をしらんのでなんていえばいいか分からんが遭難の原曲はマイナー調で、それをふざけてメジャー調で明るく弾いてるし、クラブっぽいリンゴの唄とか、まあどれも最後までみれんのやけど面白いです。あとは、たぶんセンチュリーの物販があったところでハタトシキがはしゃいどったり、まあほんといろいろやってます。
後は、ヒイズミ マサユ機がすごいです。これはありすぎてなんとも言えん。
まあ、そういうことです。
無くなったもの、なくなった過去(結構ミラクルなこと) (2005/07/12)
一人の男が歩いていました。
朝、彼は意外にも起きました。
さわやかな朝、さわやかじゃない雨、さわやかな目覚め、さわやかじゃない外。
この雨では原付に乗れません。
彼は歩くことにしました。

彼は

基本的に歩くことは好きではありません。

でも歩きます。学校に向かって歩きます。
途中何度か犬の散歩を見ました。
男は「雨の中なのに大変やな」と思いました。
ようやく学校に着きました。
彼はパソコンのあるところへ向かいました。
そして、パソコンの電源を付ける。
ログインする。
単純作業を何度かした後、彼は一枚のCDをパソコンにいれました。
この1枚のCDにも彼の2日間のドラマが入っていました。
つまり、レポートです。
彼は、それをプリンターを使ってだそうとしていました。
一つのウィンドウを開きます。
そして、クリック。
ようやく彼の二日間の苦心が報われる時がきました。
彼は、達成感を胸に秘めていました。

だが・・・・・・

冷たい機械は言いました。

ディスクを挿入して下さいと。

・・・・・・・・・。

え?

さっきたしかにCD入れたよね・・・・・・・・・?
これは間違いないよね・・・・・・・・・・?
寝ぼけとったの・・・・・・・・?
でも、目の前のCDケースは間違いなく空なのです。
ということは確実に彼がその手にCDを持っていて、それをパソコンにいれたと言うことです。
いくら寝ぼけていようが間違っても持ったCDを別のところにいれるはずありません。
彼は少しクレバーに物を考えられるまで冷静さを取り戻しました。

そして彼は立ち上がりました。
そして歩き出しました。
係の人のところへ。
そして
パソコンにCDいれたら消えたんですけど。

言いました。係の人は言葉もなく



でした。
ようやく意味が通じ、ついにパンドラの箱が開かれようとしました。
そこに入っていたのは絶望でも希望でもなく、
一枚の軽く傷ついたCDでしたが・・・・・。

意外に貴重な体験をしたよ。

家畜を射殺す猛者(タイトル関係ないよ編) (2005/07/11)
今日は、湿度高いね。

どうも。

今日も意外に元気です。

レポート終わったよ。
意外にサクっとできました。
必死じゃなかったからですね。

そういうことです。

今日は、何故かするつもりもなく買い物をしたよ。

おかげであんまお金ないよ。

関係ないけど、

イヤホンとかのめちゃくちゃに絡まるときの全ての動きを一回見てみたいです。

あれ、びっくりしないですか?
絡まりすぎで、もう、どこ通ってるの?って感じなやつ。
奇術でもかかってるんじゃないかと。
まあ、自然の力は結構すごいということです。

今日は家に帰ってから、MP3プレイヤーをいじってみたよ。
そんで、ふと、ルパン三世シングルスみたいなのがあるのに気づいて、聴いてみました。
ルパンといえば

大野雄二!!!!!!↓
profile_p.jpg

学生時代からジャズやって、コマーシャルの音楽担当になってまあルパンの音楽担当の偉い偉い人です。
まあ前紹介したんやけど。
コマーシャルの音楽やっとったおかげで、わかりやすい作品が多いです。と本人も言っています。

大野雄二曰く
ルパン系と呼ばれたい
だそうです。
もちろん音楽のジャンルです。
カッコイイです。
ライブ行ってみたいです。
まあとにかくすごいです。
キメキメジャズっぽいわかりやすテイスト。
流れるゆったり聴き心地。
カッコイイです。
カッコイイアニメサントラはこの人から始まったんじゃないかと思います。なんとなくですが・・・・。

ルパン三世のテーマ一つとってもだいぶ別バージョンがたくさんです。
最近のロードショーでやるやつはちゃんと舞台にした土地の例えばボサノヴァ風とかにアレンジしてるのでそりゃあ多いです。
好きなのはルパン三世’80ってやつです。
かっこいいですよ。

まあそれだけなんやけど。
あてもなく彷徨う男 (2005/07/11)
どうも、

元気ですか?

まあ知ったこっちゃないですが。
僕は元気っちゃあ元気です。

今日もバレー勝ったので結構テンション上がり目です。

まあこんなことは関係ないんです。

今日のタイトルは話すことと関係あります。
今、久しぶりにレポートなんぞをやっているんですが、結構しんどいです。
何故か?

正解ないんです。

でも論理的に書かんといかんのです。

論点しっかりあげること、あとそれに対する論理的展開と根拠。」

正直

めんどくさい

です。

そう、まさに
あてもなく彷徨う男(レポート課題編)!!!

どう書いていこう・・・・・あらかた求める理想像は掴めてきましたが、いかんせん、根拠がはっきりしてないのですよ。
こうなるとめんどくさいのが法学部の鬱陶しいことで、もう北朝鮮人のアホたれのようなキチガイっぷりで根拠を求めてきます。
そこまで根拠いるのかと言いたいですが、まあそこまで根拠はいるもんです。
そんな誰が悪いだの責任転嫁しとる場合ではないんです。

まあ正直な話、
おめーレポート課題出すんならテストなしにしやがれこのボケ・タコ・ハゲ・カス
って感じです。
今まで、専門科目でテストがなかったことないのでまあそれも運命ですが・・・・・・・・。

まあ結局、最後でうまくいけばいいなぁと思います。
日本の夜明けは近いのですか、坂本先生 (2005/07/09)
どうも、

こんばんは。

今日はどしゃぶりの雨の中

原付で

スーツ着て

びしょぬれだったよタンジェント・・・・・・・・・orz

そんでもって

タイトル全く意味ないよ。

そんな梅雨時まっさかりなんじゃないかと思われる日本より遙か彼方、
タイのバンコクでは

日本女子バレー陣が奮闘

しております。

何故かよく見ます。
基本的にスポーツ中継等は見ないんですけど。
面白いです。

バレーボールって。

なにしろ展開が速いので。
もう得点得点得点です。
後、バドミントンを体育でやってるせいか
ネットを使ったゲームというのが

すごく面白いんじゃないかと

思い始めてきました。
僕はあまりスポーツしないんですが、コートを行ったりきたりするよりも
狭いコートで奮迅するほうが性に合っているのかもしれません。

後、見てる時に

あー、やっぱうまいなぁ・・・・・。

と感心しっぱなしです。
まあ当然なんやけど。

あと、男より女の人の方がラリーが続くような気がします。
気のせいですかそうですか。

まあそんなこんなで明日のタイ戦も見逃せませんね。
ただいまハイジは交戦中 (2005/07/09)
1118158363926.png

の図↑

まあ今日は強いて言いたいこともないのです。
訴えかけたいことがないんです。
そういうことなんです。

そういや関係ないけど、ブラックレベルモーターサイクルクラブが気になります。
かっこよさげな感じでした。ネオサイケというものらしいけど、一曲聴いた感じでは

カッコイイロック

って感じでした。
シャッフルの良い感じの曲もあったような気がしないでもないです。

んで今日は、チャック・ウィルソンも野獣ボブサップも真っ青になるほどの狂気のオーラを纏ったフルタ氏にサブライムのCDを借りました。

「WHAT I GOT」の別バージョン、良いです。
後、灰皿も貰いました。

使ってまーす。

はい、以上。
うまい人 (2005/07/08)
正直な話、

うまいって基準って曖昧な気がする

のだけれど、僕の気のせいか?

例えば、ただ速く弾ける人はうまいのか・・・・。
テクニックだけでうまいのか・・・・。
曲がうまいのか・・・・。
その人の存在感や音自体うまいのか・・・。
ここってときに出せる存在感がうまいのか・・・。
人と合わせることがうまいのか・・・。

うまいっていう基準はたくさんです。
でも、とりあえずこの中で大事なのは、
曲のうまいと存在感がうまい。
これ。
大事。
だからこそ、ヘタウマという言葉があるのだろうし、
まあようするにいくらテクニックがあろうが速く弾けようがこんな人にはかないません。
ライブがひどかろうがなんだろうが、オーラさえあれば。
と、思います。

でも、テクニックも重要です。
それだけ自分の表現したいことが(こう言うとえらい大層なもの言いになるな・・・・・)増えますね。
まあ、要は卵一つとってもいろんな調理方法があるということです。
まあ、結局何が言いたかったのかさっぱり忘れてまったんやけど・・・。
眠れぬ夜は誰のせい?OH外人さん編 (2005/07/07)
まあ誰のせいでもないな。

今日は何故かしらお酒を飲んだよ。
だって、

最近よく行くお店がお酒半額だったのだもの

そういうことです。
御器所にある、なんちゃらなんちゃらカフェ。
最近一週間に一度のペースで行くのですが・・・・
ツボです。

そういうことです。
そこはオシャレー(ノ・W・)ノな店で、メニューもオシャレー(ノ・ハ・)ノな店です。
パスタがおいしいです。
今日は・・・・・なんやったっけ・・・・・。
思い出した。
スモークサーモンとほうれん草のオリーブオイル・・・・・・通称・・・・・なんとかなんとか・・・・・。
妙にこじゃれてる名前が付いててその横に英語っぽい名前が付いてます。
メニューは大概英語でかかれてて説明書きに日本語が載ってるって感じです。
なので外人さんが多いです。
よくいます。
ほんとによくいます。
今日も隣の席にいました。
はじめて奥の広々とした空間に入れました。
隣の席は4人とも外人でした。

一人は間違いなくチャド・スミスでした。
もう一人は黒人おじいさんっぽい感じの良い髭蓄えた牧師っぽい人でした。
もう一人はメガネかけたおっさんでした。
最後に来たのは超スキンヘッドの人でした。
隣はもう外国でした。
なんとかなんとかNAGOYA。なんとかなんとかNAGOYA。
と電話でチャド・スミスが連呼してました。

お勧めのパスタは「~タイ王国風」ってやつです。
大概おいしいです。
たぶんナンプラー使ってるぽいのですが全然臭みもなくておいしいです。
後はピッツァもおいしいし、小物系等も充実しています。
お酒が豊富です。
カクテルがめちゃめちゃあります。
今日は頑張ってお酒を多種飲んでみました。
・・・・・・・・これはウソだな・・・・・。
変わったお酒をチョイスしてみました。
ビールをはじめに飲んで、それから名前のみでお酒をチョイスしてみました。

ゴッドマザー!!!!

たいそうな名前です。
結構カクテルの名前は面白いです。
えらいカッコイイのやらなんやらいっぱいあります。
比喩するならば

ミッシェルガンエレファント属性の名前です。

これを気にちょっとカクテルなんぞの名前やら種類なんぞを覚えてちょっと粋な感じな大人を目指そうかと思います。

んで、そのゴッドマザー、僕はモスコミュール(ウォッカとジンジャエールのやつ)は結構好きなのでウォッカベースのから名前のみで選んだんだけど、思った以上にアルコール濃度が高く、はじめ辛めであとで杏仁豆腐のさわやかな味がするというなかなかオシャレな一品でしたよ。アマレットは何か分からんけどたぶんリキュールかなんかの類らしく、それでアルコール濃度が高めでした。チビチビと飲まないと無理なので、小粋な大人らしくチビチビ飲んでました。
今調べてみたらアルコール濃度が32でした・・・・・。
やっぱ高かった。
こういうのはチビチビ飲むに限ります。
アマレットも気になったので調べてみたら杏の種から作るリキュールでした。

なかなかいろいろ試してみるとカクテルも奥が深いなぁと・・・・・。
ちなみに僕はほぼそういうのに関しては初心者です。
でもちょっと分かるのは昔結婚式場のバイトでカクテルとかワインについて少し覚えないといけなかったからです。
意外に大人の男の必須事項の一つかもしれません・・・・・・。

ちなみにアマレット関係は今日のメンバーでは好評でカジュアルオタクの小木さんも眉の辺にピンがついてるフルタさんもアマレット関係を頼んでました。
まあカジュアルオタクの小木さんは僕らがおいしいだろうと推測したグレープフルーツとアマレットとテキーラとソーダの・・・・・・名前わすれたけど、そいつを頼んで失敗してました。ピン付きフルタ氏はオレンジとアマレットみたいな・・・・・・なんちゃらボールとかいうやつを頼んで成功したので、カジュアルオタク・・・・・略してカジュオタの小木氏はそれも頼みました。

ちなみにゴルゴは木イチゴのやつを頼んでておいしそうでした。
ベリーモニカクランベリーって名前やったかどうかは思いだせんけど。

うーん・・・・・奥が深いです。 
日本の外からこんばんは。(そして電話のベルは鳴る編) (2005/07/05)

雨!
雨!!
雨!!!
雨!!!!
雨!!!!!

二日続けて降り続きました雨のうっとうしさをどうにか表現してみたよ。

昨日の夜は傘を持って外に出たら足下ビショビショになったよ。

今日は、雨降ってない間に原付で学校行ったら帰る時に雨降ってたから歩いて帰ったよ。

雨もたまにはいいけど二日続けてもらっちゃうと困るよ。

それは電話のベルから始まりました。午後四時頃、そんなこんなでカジュアルオタクの伝道師こと小木氏とベンチに腰掛けていました。意外にも雨のおかげで涼しかったので不快さはそんなになかったけど、あの湿気はどうにかならないものかと考えておりましたところ、電話が鳴り出しました。
誰だと思ったら、なんだ山本さんかと電話をとりました。
でも、

声なんか違う・・・・・。

間違いなく山本さんと着信に名前があったのに全く別の人です。
しかし、聞き覚えのある声・・・・・この声まさか・・・・・そのとき電話の主から

・・・・・矢野ですけど・・・・。

ああ、なんだ矢野さんか・・・・・。と思うところではないのです。まあ2ヶ月ほど前なら思いましたが、今、矢野さんは知っての通りアメリカに亡命中です。
まさか・・・・・これが・・・・・

国 際 電 話 !

というやつですか。ブルジョアですねそうですね。
久しぶりに声を聴きましたよ。
意外にはっきりと声聞こえるものです。
人類は日々進化しているのですよそうですよ。
まあつのる話もありつつ、正直・・・・・・

日本におるころと変わりませんね。

って感じで。今思い返してみると。
そんなこんなで、僕はジャパンで、矢野さんアメリカ。
向こうは午後4時には午前0時でした。

まあ変わってないことが「あり」か「なし」かなら・・・・・

それもあり

と、ちょっと今日は気持ち悪い文体で全体的に終わったような確信めいたものがあるのですが、せっかくなんでのっけとこう。
わざわざ読み返すのもわずらしいし、「あり」か「なし」かで言ったら

断然あり

ではないけどね。
すたぁうぉーずを見て思ったこと (2005/07/03)
ルーク・スカイウォーカーって意外に残酷じゃない?
だって、最後の戦いで勝って帰ってきた時に、3POがR2D2?っていうちっこいロボットがぶっ壊れて心配しとるのに・・・・・彼

大丈夫さ

と無責任な発言してどっかササっと行ってまったよね?
あれって明らかに

どうでもいい

的な扱いじゃない?
いや、間違いない。絶対間違いない。
彼(ルーク・スカイウォーカー)は、自分が活躍して勝利した後に戻ってきてヒーローっぽくなったもんで、まわりにおった仲間を見捨てたよね。この時点で。
フォースの力は偉大ですね。

あと気になったのが、戦闘機乗りの方々。

良い味出してます。

必ず死に際に何か一言漏らしてます。
それももう死ぬ間際ってとこで。
なかなかツボでした。

うーん・・・・ちょっと興味がわいてきたような気もしないではないスターウォーズ。
んで、一つ疑問に思ったのは

ダースベイダーってカッコイイの?

ほんとに?
よく考えてみて。
実際、変なかぶりもんしとってシュコーシュコー言っててしかも吹き替えで妙におじじくさいしゃべり方してるよね・・・・?
実際、今日まともにダースベイダーを見た僕の感想は、

あんなんが強いのが癪
あんなんがアナキンなのが不快
です。
まあ小さいアナキンしか見てないんやけど。
まあたぶん、人間の域を脱してしまったダースベイダーにとっては、

あの格好がカッコイイと
自分くらい崇高な人間しかわからんだろ?と
思っているのかもしれません。
でももしかしたら、何かの手違いであんな格好になってしまったのかもしれません。
もしかしたらダースベイダーもあれを装着する時

ほんとはあんな変な格好したくないんだけど義務だからしかたない

だとか

着てみると意外に羞恥心なくなるもんだ

とか思ってるのかもしれません。

そんなこんなで、実際ストーリーわかんないんだけど・・・・・・・・。
もうちょっと詳しく教えてくれ誰か・・・・・。
アイ・ガット・マイ国家 (2005/07/02)
今日は、バイトも結構楽ちんに終わって家でまったりしてると山本さんから連絡があって、しばらく待つことになったので軽く運動がてら西野さんのポスティングの手伝いをかねて運動しました。
川名の辺は坂と金持ち単体の家が多くて精神的に結構疲れるのですが、意外に楽しく配れました。

コンビニにコンビニ限定タバコという、現代の喫煙者と嫌煙者とのジレンマが作りだした世の中を象徴したようなタバコが売っていました。
250円という破格の値段で、ちょっと買ってみましたら、キャビンの薄味でただ喉にくるという悲惨な結果になりました。

それから山本さんが近くのコンビニまでわざわざ来てしまったので、それから西野さんと別れて山本さんと本屋に行きました。
その前に山本さんが他称カジュアルオタクの小木さんに

「バイト終わったら連絡して」

というような内容のメールをしましたが、他称カジュアルオタクの小木さんが電話をかけても、そのころの山本さんは死語の本を読んで爆笑していたため無視していました。
なので、山本さんは天下無双のゲス野郎と命名されました。
それから「びっくりドンキー」に行ってご飯を食べて帰りました。

というのが今日の出来事。

それで本屋で本を買いました。
最近見る本見る本おもしろそうに見えてきて目的の物意外にいろいろ買おうとしてしまいます。
今日の目的はまたもやで申し訳ないですが、星新一の短編集です。
この前買った2冊とつい最近買った「妄想銀行」というタイトルの短編集を読んでしまい、もっと読みたくなったので今回は「マイ国家」と「ノックの音が」という短編集を買ってきました。
この前買った2冊の本「悪魔のいる天国」と「ボッコちゃん」も面白かったですが、この「妄想銀行」・・・・

ひと味違います。

たぶん今まで読んだ4冊「地球から来た男」と先ほど挙げた3冊の中ではトップクラスに良いです。
何故か?
めずらしく、ロマンチックな内容が多いです。
「古風な愛」という話や「鍵」という話とか。
もしかしたら、今のロマンチックな話、まあつまり映画とかのストーリーの原点はこの星新一の本からきてるのではないか?とも思わせられる感じです。

そんで、今回も2冊かったのですが、たぶん今回含め今までのを合わせてようやく代表的な短編集が揃った感じです。
でも星新一という方、800編以上のショートショートを書いてるのでまだ8分の1も読んだかどうか・・・・・。
でも面白いのでできることなら全部読んでみたいです。

また、どうやら今は文庫本フェアらしく、有名な著者、作品がずらっと並んでおりました。
余分に一個買おうと思って選んでいるとほんとにどれもこれも欲しくなります。
でも、最終的にはリリーフランキーの書いた小説、最近出たやつなんやけど

「東京タワー オカンとボクと、時々、オトン」

を買いました。
これ・・・文庫じゃなかったので高かったです・・・・。
まあとりあえず読まないともったいない本が増えてきたので当分買わなくてすみそうです。
あ・た・ま・が・・・・・・・・ (2005/07/01)
痛い・・・・・・・・・。
2003080318.jpg

グアーーーーーー。
頭が痛いの図↑
風邪ひいたのか・・・・・・?
1年に一回はいつもめちゃひどい風邪に悩まされます。
まあそれに比べればこの頭痛くらいならなんとか・・・・。
どっちにしろ痛みには弱いので関係ないですが・・・・。
大概の場合ひどい風邪のときは

胃腸風邪
です。
あれはほんと気をつけた方がいいです。
といっても気をつけてならないのならいいんですが、それでもなるときはなります。
なので僕が言いたいのは

苦しみを覚悟しとけ。

ってことです。
一度家族の大半が胃腸風邪にかかったことがあって、そのときの夜がすごいもんでしたよ。
全員吐き気に悩まされ、夜中にドアが何度も開いてトイレにみんな行くという・・・・・
地獄絵図
のようなものです。
しかもこらえても出しても吐き気というのは増幅されるので胃がかなり傷つきます。

まあそれだけ風邪ひくとめんどいんです。
特に何度もいうが
胃腸風邪
は風邪の王様だと思うのは僕の気のせいでしょうか?

そういや今日、マックに行って注文するときに
モスバーガー
と言いかけて店員さんに

ハァ?

って感じの顔をされました。
まあどうでもいいんやけど。
ページ上部に戻る▲
空想ジャンクションボーイズ © 千 2005. (http://thousand.blog7.fc2.com/)
/
This BlogTemplate's origin was written by Tamico.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。