カテゴリ別ログ_地元のお話
スポンサーサイト (--/--/--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

雨が降った日の (2006/06/17)
僕はよく図書館にいる。

図書館で本を読む。

自分が買った本やらいろいろ。

そして疲れた時は外に出てカップの自販機で100円でカルピスを買う。

そんで唯一の喫煙所で一服する。

まだ空は晴れている。

子どもが水辺で遊んでる。

夏の図書館の外っていうのはこんなに賑わうもんなんやなぁと思う。

また戻って本を読む。

疲れたらカルピス。

買って外で一服。

それの繰り返し。

気づいたら雨が降っていて、外の子どもはもう帰った。

一人の老人が僕の方に近づいてくる。

僕は思うのだけれど、意外と端から見て僕が地べたに座ってタバコ吸ってるのは結構近寄りがたいものだと思う。

でも爺さんは近づいて、僕の隣で地べたに座った。

若い子がたくさんおると老人にゃあちょっと宇宙にいるみたいな感覚になるわ

見知らぬ爺さんのはじめのセリフ。

それから一服終わるまで、爺さんの経歴、なぜ図書館にいるのか、不景気、そんなようなことを聞かされる。

僕は爺さんの顔は見ないで相づちを打ったり、聞かれたことに普通に答えたりする。

やがて僕のタバコも短くなって、僕は腰をあげる。

まあがんばれよ

と言われる。

さっきまで全く知らない爺さんは僕が去るときはなぜかにこやかだった。

本を読みながら考える。

最近はだんだん日本も好景気に向かってると言われてるけど、結局好景気になってない時に定年した人たちにとっては不安しか残ってない。

テレビでは、定年したサラリーマンの爺さん婆さんが田舎に家を建ててスローライフを送っているのをニュースなどで取り上げられている。

でも、僕が今日会った爺さんがスローライフを過ごせるまでは遠い道のりである。

爺さんが話してる途中で言ってたが

結局最後まで勉強

なのかもしれない。

数字を見れば上がってるかもしれないが、上がった人は一部の人で、他の人は下がったかもしくは変わってないのが現状かもしれない。

だからどのみち個々でみたら不安は減ってないのかもしれない。

まだまだ好景気には遠い日本だと感じたとある一日の話。



スポンサーサイト
モ・レ・ラ モ・レ・ラ (2006/06/12)
最近できた、岐阜最大のショッピングモール「モレラ岐阜」に行ってきた。

モレラ、前もいったけどやっぱりネーミングはよろしくない。

しかも「モレラ岐阜」ってこれまたGIFUが付くもんで

それって第何サティアン?

つまりカルト宗教のにおいがすると。

ほんでもシマムラとかそこそこ大きい楽器屋が入ったので、それはそれで良かったと言えば良かった。

だから買ってきた

ボトルネック

ただいま猛烈に練習した後なんだけど、なんかようわからん。

いや、ようわからんくは無いのだけど。

まあええわ。

最近ドブロが欲しいのだけれど、ボトルネックのために開発された(たしい)ドブロをボトルネックで弾けない僕が持つという妙な葛藤で練習してみた。

なかなか弾きづらい。

まあ、ほんとは違うこと書こうと思ったら消えたからこんなもんでええか。


ページ上部に戻る▲
空想ジャンクションボーイズ © 千 2017. (http://thousand.blog7.fc2.com/)
/
This BlogTemplate's origin was written by Tamico.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。