カテゴリ別ログ_僕と鬼畜としまんちゅと
スポンサーサイト (--/--/--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

僕と鬼畜としまんちゅと(第3章 9月15日 本当の最終章編) (2005/09/19)
この日。
ついにやってきたこの日が。
僕にかけがえのないものになるであろうことは。

そんなこともない。

この日はモブログをあきらめていたので思い出して書かんといかんの。

朝。
彼は目覚めた。
背中の痛みとともに。
背中に日焼け。
ふくらはぎに日焼け。
肩にも日焼け。
股ズレ・・・・。

男は思った。

昨日海ではしゃぎすぎた。

そして彼は彼の幾人かの仲間とともに車に乗り込む。
そう、彼らには一つの使命。

自由行動。

それは27人ものこの旅行者の中、人数のためもありつつ、最後の日は自由に廻ろうと。

自由行動。
それは愛であり憎しみであり創造であり破壊である・・・・・・・・とは思っていない。

僕たちは向かう。
自由行動という名のもとに、
自らの意志で、
鉄のかたまりを動かし、
自ら望むところへ。

というわけで自由行動だったの。

はじめに行ったとこ、

ビオスの丘?

そこは日本最後のジャングル。
まあこの書き方はめんどくさいでええわ・・・・・。

見たこともない花や植物がありました。
どうやらランの花が有名なようで・・・・・。
んでとりあえず食事。
ソーキ丼を食べる。
その前に軽く山羊と戯れる。

めぇめぇ。

その後にいろいろ昔の遊び道具やら見つけてひとしきり遊ぶ。
んでいざ、人工池を進むボートへ。
うーん・・・・・・癒し系。
ていうか形容めんどくさいのではしょる。

そういや、はじめネギポがお金あんまないらしく、ボートに乗ろうとしなくてヤッサンがお金貸して恥ずかしがったネギポを懐柔するという見せ場がありました。

次に首里城に行きました。たしか・・・。
首里城では雨がたくさん降ったのでべちゃべちゃになりました。
博物館に今はなりさがってましたが、結構面白かったです。
みんながパッパパッパと行ってしまうので置いてけぼりをくらいましたが・・・・。
たぶん、僕は解説とか読むのが遅いのだろうと思いました。
帰りにシーサーにまたがって写真を撮りました。

それから鍾乳洞を見に行きました。
鍾乳洞といえば・・・・・・・・
昔、中学の時の修学旅行で広島と萩に行った時にでっかいやつに行きました。
鍾乳洞は薄暗く、湿度も高いのでベタベタしました。
僕は、官能小説家西野タンと一緒にドンドン先に行ってしまいました。
でも鍾乳洞はすごいのです。
1㍉の長さを作るのに3年かかるそうです。
ということは1㍍だと・・・・・・・考えませんでした。
それから上に上がってみると、工房がいくつもありました。
はじめに藍染めのところをちらっとみましたが、染料は緑の葉っぱに白い花の植物なのに藍色の染料なので、結構不思議です。
ちなみに桜色にするときは、桜の花の部分ではなくて木の部分を染料にします。
なので僕は、花の色は藍色だと思っていましたがそんなことはないんですね・・・・・。
次ぎに行ったのは楽器系統です。
沖縄で有名なのはもちろん蛇の皮を貼って作られる三線?(蛇皮線とも言うよ・・・・たしか)です。
弾いてみました。
いとおかしでした。
他にも太鼓やら笛やらあって全部で遊んでみました。
それから、いろいろ廻って最後に蛇を見に行きました。
正確にはハブです。
まあここはめんどくさくなったのではぶきます。
でも蛇が一番良かったです。

それから僕が沖縄で一番行ってみたかった「ひめゆりの塔」へ行きました。
でも資料館は閉館されてました。
時間が時間だったので。
でも、まあこれは行く前から十中八九予想できていたので想定内です。
非常に残念でしたが・・・・・・。
ひめゆりの塔はいつかゆっくり見れる時間を作ってたっぷり鑑賞したいです。

んでそれからアメリカンヴィレッジに行きました。
そこでご飯。
んでそれから、ちょっといろいろ店を廻りました。
米軍放出品は安いそうですが、もともとが高いので結局高かったです。
でも一個欲しいなぁと思います。
まあこっちのやつに行ってみよう・・・・・。

んで帰ってから、花火をして、そっから打ち上げみたいな感じになりましたが僕はちょっとしてから寝ました。

全体的に沖縄自体は楽しめたので良かったです。
他は・・・・・まあいろいろあるけど、ここで書くほどのおもしろみもないので心に秘めておきます。

ということで僕と鬼畜としまんちゅとは終わりを迎えます。

疑問に思ったかたもいらっしゃるとは存じます。
はい・・・・・

鬼畜としまんちゅはどうした?

ですね。
ちなみに僕は、部屋で鬼畜将軍西野タンに犯されそうになりました。
しまんちゅは、まあオーストラリアで結構話したので別にたいしてあれでもないです。

んじゃバイバイ。
スポンサーサイト
僕と鬼畜としまんちゅと(第2章 9月14日) (2005/09/18)
太陽と海と青い空(なんのひねりもない話)
いつもなんのひねりもない話ですが・・・・今日は最たるもんです。
まあ今日というか9月14日なわけで(それもこれもモブログが悪い)。
沖縄二日目。
僕は海に行った。
水納島(漢字に自信はないがとりあえず「みんなじま」と読む)に。
正直、海でまともに泳ぐのは初めてなのだよ。
はじめて。
はじめに入ったらコンタクトしとるもんで水中で目があけれん・・・・。
そういや泳ぐのも7・8年ぶり。高校にはプールがあれんやけど腐っとった(と
言うのが一番正しいと思う)ので体育なかった。
んで話戻るけど、とにかく目があけれんもんで背泳ぎしとったけど飽きてシュノ
ーケル付き?のゴーグルを借りた。
これが・・・・・。

正解だった!

海の中はきれいでした。
太陽の光を波が反射して底に網目状の輝きを投影してたりとか。

珊瑚・・・・・・・・・・

黒猫のタンゴ、タンゴ、タンゴ、タンゴ

珊瑚もあってその中にはたくさんの魚がいっぱい隠れてました。
午前中はほぼ一人でずっと海の中、魚を捕ろうとしたりあきらめたり、あきらめた振りをしてとろうとしたり、とろうとしたらでかい魚に威嚇攻撃をされたりしました。
威嚇攻撃といえば

アメリカ。

まああの馬鹿でかい異民族の集まった国は自分たちが最強だと思ってますが、まあある程度あたっているのでなんとも言えません。
まあブッシュはいろんなアーティストから嫌われとるみたいやけど。

話は戻ります。
その後バーベキューらしくない冷めたバーベキューを食べて、そのまままた海に。
ちょうどその辺から潮が満ちてきたみたいで深くなってまいりました。
ちょっと遠くへ行くともう足つかない・・・・・・。
なので、魚を見たり、魚を捕ろうと思って失敗したり、あきらめたり、あきらめた振りをして魚を捕ろうとしたり、おぼれそうになったりしました。
なかなかはじめての海にしては上級な感覚で楽しめました。

問題はその後、

日焼け!!

僕は調子に乗って日焼け止めも塗らなかったので大変でした。
現在、9月18日の時点でもさらにひどくなったような・・・・・。
帰りの途中でタコライスを食べました。
おいしかったです。
ちなみにちょっと昔に「いりなか」周辺の沖縄料理屋に行った時食べたことがあります。
今はもうつぶれちゃったかんじですが・・・・・。

沖縄料理。
僕が少し気づいたのはへたに沖縄料理屋って感じのところに行くと、どうやら泡盛とかあったり一品料理が多いもんで飲み屋さんに近い。
なので料理の値段も高いし出てくる量も少ないんですね。
ということです。
なので沖縄料理ってとこ行くよりも定食屋さんって感じのとこ行った方が安くお腹いっぱいになれる気がします。

んで帰ってからお風呂に入りました。
初回、サウナ。
日焼けが痛すぎてアウト。
次、水風呂。
何故か結構気持ちいい。
次、露天風呂。
お湯が痛すぎて入りずらい・・・・。
という感じでした。

まあこの日はかなり満足。
僕と鬼畜としまんちゅと(序章 9月13日) (2005/09/17)
今日は出発編なんだよ。
そうなんだよ。

んでとりあえず朝、ネギの人の家に。
そっから金山。

関係ないけどどっかで「かなまら祭」っていう男性器・・・・・・。
まあつまり、ち○こ。
ちん○を頑張ってワッショイする祭があるのでいつか行きたいですよね?

んでまあそこで飯食っちゃったりだとかしたりしてからセントレアへ。
いざ出発。
離陸時にみんなが騒ぎ始めたので楽しかったです。
でも実際は結構うざかったです。
でもやっぱりこっちの方がいいと改まったりしました。
それで飛行機に乗ってた時はとりあえず「一夢庵風流記」を読んでました。
やっぱり面白いのですよね?
なんか初めて携帯でブログを書くのでいつもの勢いがないの。
とりあえず、ちんこって言っとけばいいな・・・・。んで着いたんだよ。
んで車でブーンやよ。
ブーンって。
ね、ブーン。
んで国際通りってとこで御飯を食べました。
ええ、沖縄を満喫するために沖縄料理をたべたよ。
ヤッサソのお勧めの店は最強でした。
豚料理はおいしかったよ。
んで早めに出てアメリカ屋ってとこで軍服っぽいドイツの・・・・・・軍服っぽ
いのをかったよ。
でも長袖だから。
沖縄暑くて湿度高いから。
まだ着れないから。

んでホテルについたよ。
サトウキビ畑に囲まれたホテルはとても良いところだよ。
明日は早いからもうすぐねるよ。

という話だったのさ・・・・・・・。
僕と鬼畜としまんちゅと(最終章) (2005/09/17)
どうも。
いきなり

最終章とはどういう了見だ!

と思う方もいらっしゃると思いますが、正直

僕も同じように問いたい!

のです。

携帯からメールを打てばアップされるというモブログ。

使えてなかったよ・・・・・・・。

ちゃんとメール送ったんだが・・・・・・・。

どういう了見だ!

だ・・・・・・・・!

3Gは非対応ですか?

まあ良いけど・・・・・。

そんで帰ってきたのです。

沖縄から。

まああんま面白くもないのではしょるけど。

今ネギポがデスノートよんどるよ・・・・・。

ねえちょっと聞いて、



部屋の電気止められたんだってさ。

ということです。

明日からは一日一日「僕と鬼畜としまんちゅと」を振り返っていこうと思います。

というか、送ったメールがもったいないので使い回すだけやで楽なんだけど。

まあ、

最終章から始まる話もいいじゃないか。

んで、帰ってから「てるる・・・」っていうバンドの曲を聴いてます。

このギターボーカル。

たぶん頭ん中は軽く中坊入ってるけど(あくまで僕の主観だが)ギター

かっこいいし、歌のメロの妙に合唱歌っぽい感じが気に入ってきて最近よく聞いてます。

まあ「最早 この絵は虫の息」っていうミニアルバム?チックなやつしか持ってないけど・・・・・。

とりあえずグレッチのテネシーローズっぽいのを使ってて、どの曲もだいたいディレイかかっとるという・・・・・・。

ディレイで思い出したが今日、飛行機のラジオで久しぶりにU2の「サンデイ ブラッディ サンデイ」って曲聴いたんだけどやっぱU2はあれが一番好きです。

で、話は戻って「てるる・・・」。
ベースの人はあんまよう分からんけど、たまにジャズっぽい調子になったりもします。
まああくまで「っぽい」なだけやけど。
そして相変わらず、合唱歌っぽいんやけど(でもそれが気に入ってるんだけど)。

もうちょっと歌詞が良かったらはまりそうな気もしないでもないのです。

最近お気に入りですから。

後、最近はエレカシの「孤独な太陽」って曲と椎名林檎のカルキザーメンの「迷彩」って曲がお気に入りですから。

付記

ページ上部に戻る▲
空想ジャンクションボーイズ © 千 2017. (http://thousand.blog7.fc2.com/)
/
This BlogTemplate's origin was written by Tamico.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。