カテゴリ別ログ_僕と他人とオーストラリアン編
スポンサーサイト (--/--/--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

僕と他人とオーストラリアン (2005/08/28)
あっというまの軌跡を辿る。

僕の周りには確実に今まで面識がない人しかいなかった。
台湾人も韓国人もメキシコ人もタイ人もフランス人、そしてもちろんオーストラリア人も日本人でさえ。
この短い期間に僕は数々の出会いを経験し、それに伴って別れを経験しました。

その周りを繋ぐのは英語であって、僕はそれを自在に使うことはできませんでした。
でも正直、

相手がなにいっとるかわかりゃなんとかなる。

単語だけ羅列していっても相手は察してくれます。
もちろん実際はそんなことはあんまりしてないが・・・・・・・。

僕がはじめて行った単身での海外は僕を暖かく迎えくれました。
たぶん僕は結構ラッキーだったのだろうと今思います。

白いのも黒いのも黄色いのもみんな黄色い僕にやさしかったです。

時々冷たい人もおったが・・・・・。

たぶん、二度とこれほど英語を使う経験はないだろうし、これだけ多国籍な人間と会うこともないです。

いいところでうまくワンジャパニーズと言えば笑いのとれる1ヶ月は貴重なものだったと思います。

あとは大概、韓国語とかチャイニーズの口説き文句や下ネタワードで大丈夫でした。

あーあと、親とひどくかしこまったメールのやりとりをするのもこれで最後だろうと思います。

書くこと忘れたでこんなもんでええやろ・・・・・・。

僕と他人とオーストラリアン編  終
スポンサーサイト
遙かなる祖国へと (2005/08/27)
わーい。

無事帰還

わーいわーい。

朝6時、猫の顔ペロペロにより起きる。
最後の支度を終えるとボスも起きてアーリーモーニングブレックファスト。
最後の会話。
ひどく切ない。

一ヶ月という短い期間の間に僕はいろんな経験をこの人から得ました。
僕のオーストラリアの偉大なる母であることを実感。
子供も起きて最後の挨拶。
泣きそうになりながらも最後まで自分自身を貫いてみる、とまあ別にかっこよくもなんともないんだが・・・・・・。

迎え来る。
僕の乗る車が見えなくなるまで家の前にいてくれたマザー。

迎えのおばさん・・・・・何いっとんのかわかりづらい・・・・・しかも軽くきれぎみ・・・・・・。
嫌な空気がエアポートまで続く。

んで降りる。
チェックインへ。
長い行列。
この一ヶ月を振り返ってみる・・・・。
日本語で話しかけられる。

「ケアンズ経由で関空いくんですけどここでいいですよね?」

一人の女の人。

僕「たぶん大丈夫だと思いますよ」

少しかわした会話。

僕のチェックインの番。

係の人「積載量がオーバーしてるので280ドル払ってもらいますね。」

僕「はぁ??」

どうやらこっちは結構厳しいらしい。
でも280ドルはないだろ・・・・・。

僕「280ドルですか?」

係の人「ええと、ちょっとまって、ああ、180ドルですね」

それでも高いよと思いつつまあしょうがないのでチケットカウンターにて

僕「あのー積載量オーバーなのでお金払いたいんですけどクレジットカードでもいいですか?」

係の人2「ああ、いいですよ。あなた日本人?」

僕「そうですが」

係の人「おー、ドモアリガト(カタカナは日本語)」

妙にハイテンション・・・・・。
どっかでてって戻ってきたときもハイテンション・・・・・なんかようわからんが・・・・・。

んでゲートに行く。
そしたらさっき日本語で質問してきた日本人の女の人がいた。

大阪の人で僕より年上で、結構親しくなり、とりあえずケアンズの国際線乗り場までは一緒に行こうということに。

んでケアンズ行きに乗る。
相変わらず飛行機に乗るのは結構苦手・・・・・。
特に着陸が怖い・・・・・・。
飛行機は着陸するとき必ず斜め上向きになって車輪ついてがたがたするのでそれが怖い・・・・・。
でも無事ケアンズへ。

んでその女の人と一緒にケアンズの国内線から国際線へ歩く。
雨ふってる。しかも尋常じゃない。
かなりぬれる・・・・・。
んでその人と一緒にゲートまで行って時間の許す限り免税店で買い物。
といっても時間、ほぼ15分程度しかゆとりがない・・・・。
結局ビールだけしか買えず・・・・・。

んでその女の人の乗る関空行きは僕の乗るやつの15分後発で、ほんとに親切な人で途中まで見送ってくれた。

そして僕は名古屋行きに乗った。
およそ6時間か7時間・・・・・。
長い・・・・・。
あまり眠れず、ロバートキャパの「ちょっとピンぼけ」も2回目に読んだのが3日前に読み終わったし、「コインロッカーベイビーズ」は2回目の上まで読んだのでとりあえず下巻を読む。あと音楽も全然おもしろそうなのがなかったのでジャズの放送を聞いてみる。
これが結構よかった。

とまあ面白くもなく終わる。
そして僕は三重の上空を通り名古屋へ。

税関ではスーンとした女の人にただ口頭で聞かれただけで余裕で通れました。

そして親に迎えられ一路岐阜へ。
んでお風呂入って今現在と・・・・・・。

そして明日、「僕と他人とオーストラリアン編」は最終を迎える・・・・・。

次回へさようなら。
考えてみよう(ラストデイ編) (2005/08/26)
オーストラリアは関係ないんやけど昨日

きききりん(漢字忘れた)

のことで少し悩みました。

きききりんさんは「きききりん」全部が名前なのか名字も入っているのか否か?

きききりんが全部名前 妥当

き(名字) ききりん(名前) まあないやろうけど名前がちょっとかわいい。

きき(名字) きりん(名前) まあ妥当

ききき(名字) りん(名前) これも悪くないと思う。

きききり(名字) ん(名前) ない。

このようにいくつかに分類できるわけで、分類するとイントネーションも少し変わってくるかと。

まあどうでもいいんやけどね。

今日は実はオーストラリア最後の日です。
厳密にいうとかえるの明日なので明日が最後の日なんやけど。
意外にあっというまでしたね。

今日は台湾人の女の子にチャイ語を少し教えてもらいました。
まあそれくらいです。

まあ帰ってきたらまとめでも書きます。
ではまた明日の夜にでも。

付記

ウェンズデイナイトフィーバー(帰ってきたよっぱらい編) (2005/08/25)
おらーは死んじまっただー

という{帰ってきたよっぱらい}で有名なフォーククルセイダーズではなく今は切実に吉田拓郎が聞きたいなぁという感じ。
あとフーファイも・・・・。

昨日はパーティータイムでした。
でもその前に先に違うパブで飲みました。
グラス4杯ほど。

めちゃ広いパブで。
とりあえず手始めにコリアンのクラスメイトとビリヤードなんぞをやってみる。
ええ、エイトボールです。

んで飲む。飲む。飲む。
んでもって飲む。
そしたら、ダンスタイムになりました。

もういい気分だったので踊れました。
たぶんもう二度とやりません。

そのときにかなりのコリアンやら他の国の人もやけどしゃべった。
だもんで、今日、よう声かけられたけど向こうの名前がぜんぜんわからん。
向こうは名指しで声かけてくれるのに・・・・・・。

千尋という僕の名前。
アジアンには結構使えます。
ええ、千と千尋の神隠しです。
でも英語圏ではあんま通用しないみたいです。

んで、かなりフラフラになった酔っ払いを友達が駅まで連れてってくれました。

電車40分待ちってどういうこと?

と思いながら気分が悪いのでぐったり。

たぶん家に帰れたのは奇跡に近いです。

んでそのままベッドですぐ就寝。

朝起きるとかなり久しぶりの二日酔い・・・・・。
お酒が嫌いになる・・・・・。
でもまた一ヶ月もすると忘れ結局飲むという悪循環。
まあそんなもんなのだろう・・・・・。

朝、ホストファミリーのボスが僕に二日酔い解消法を伝授してくれた。
まず、水に溶かして飲む薬と錠剤を飲む。
そのあとにダイエットコーラ。なんでかわからんけどダイエットコーラ。
そのあとボスが

「学校行く前にどっかでパイを買って食べなさい。もしくはマックに行きなさい。」

んでマックでハンバーガーを食べて完了。

頭痛はおさまりました。
体は少しだるいです。

今日はいろいろ帰る準備をしようと思います。
チャイナタウンとオージーと (2005/08/24)
昨日はチャイナタウンにいってきました。

あんま面白くなかったですが。

でも、西洋式の家々にチャイニーズやらハングルやらで文字書いてあったり、チャイニーズよりもむしろオージーの方が多いので、なかなか興味深いです。
あとチャイナタウンのCD屋のCDが10ドルとかやったもんでお金あまったら買おうと思います。

ブリスベンに住む人間は結構多種多様で、だいたいはヨーロッパ方面からきとるんやろうけど、中にはネイティブアメリカン、つまりはインディアン系の人もちらほらいます。
あとは全体的にアジアンの学生が多い。
まあこれは当たり前やけど。

今日は、午後にでっかいパーティーがあるので、とりあえず家に帰ってリュックを置いてから戻って、友達の授業が終わるの待ってから、パーティーが終わるまでバーですごそうと思います。

んじゃバイバイ。
外人から見た僕の図 (2005/08/23)
そういや、昨日はスピーキングテストがありました。
まあ僕は受ける必要なかったんやけど、二人一組で受けないかんもんでまあしょうがないで受けました。

まあそれなりに。

今日も朝の授業が終わって、んでもって中休みがあってそれから昼までいつも授業があるんやけどスピーキングテストがあるもんでとりあえず自習でした。
暇やったもんでずっとあそんどったけど。
まあそんなもんです。

そしたらクラスメイトのメキシコ人がしきりに「おまえは日本人に見えないなぁ」といってきたのでとりあえず

「僕は生っ粋のくそったれの日本人だよ」
と言っておきました。
まあ納得してなかったですが。

んで、そのあとに韓国人の一人が北朝鮮のスピーチの物まねをしていてめちゃおもしろかったです。

今日は今からチャイナタウンでも見物してこようと思います。
いざ行かん、黄金と呼ばれる地へ。(what a nice sea編) (2005/08/22)
どうも。

日が早く経ちすぎて、いつのまにかここにいるのもあと1週間もなくなってしまいました。

週末はよくビールを飲みました。
お気に入りはカスケードっていうオージー産のちょっとビターなテイストなやつです。

さて、土曜日は恒例になったような気がしますがホストファミリーの子のサッカーの試合を見に行き、そのあと昼にそのサッカークラブのバーベキューパーティーがあったのでついでに行きました。
そこで結構ビールを飲んだので軽く頭痛に見まわれましたが、そのあと別居中の旦那さん、そのガールフレンド、子どもといっしょにエッカにいってきました。

エッカ。
これ、なんか先先週くらいからやっとるブリスベンのお祭りみたいなやつらしいんやけど、ようは、オーストラリアの一人万国博覧会みたいな・・・・・・。んで、それだけやと寂しいもんで遊園地作ったみたいな・・・・・。
そんなやつです。
高かったもんでアトラクションはやっとらんけど、なぜか旦那さんのガールフレンドがあなたもこれやってみなさいよと軽いゲームをやりました。
まあ、簡単に言うとおもちゃの魚を二匹釣るという、もう場末の遊園地にもおいてないようなチープゲームでした。
当然、僕は簡単に2匹つりあげてしまいまして、くそでかい犬のぬいぐるみをゲットしました。
まあ日本には持ってかえりません。

んで、昨日。
ホストファミリーのかあちゃんが「今日は予定あるの?」
僕「うーん・・・・いまのとこないです」
かあちゃん「あら、そう」
僕「・・・・じゃあゴールドコーストにもいってこようかな」
かあちゃん「誰と?」
僕「一人で」

という会話でスタートした、黄金の旅のはじまりですよ。
まずは駅にいつものように行く。
そしていつも降りる駅でおり、日本円を両替してからチケットを買いに行く。

僕「あのー、ゴールドコーストに行きたいんですが」
駅員さん「ゴールドコーストのどの駅まで?」
このとき僕はゴールドコーストという駅があるものだと思っていました。
僕「・・・・・海が見えればどこでもいいです。」
駅員さん「じゃあ○○○(はやすぎて何いっとるかわからん)はどうですか?」
僕「はい。じゃあそこで。」

とまあ先行き不安な展開。
そしてゴールドコーストエクスプレスという電車にのりまつこと1時間程。
みんながおりだした。

みんな降りるんやでたぶんここで降りとけばいいやろ、と思い降りる。
海・・・・・・近くにない。
不安になる。

そんで駅で結局チケット確認ないもんでチケットいらんかったことに気づき14ドルあまり損したことに気づく・・・・・・。

したら、いきなりクラスメイトの韓国人にばったり遭遇。
僕はこの人とはあんましゃべったことないのでよそよそしく応対。
話によるとハーバータウンに行くらしい。
別れる。

んで、とりあえずコーラでも買ってみた。
そんで一息ついて、係員みたいな人に

僕「あのー海が見たいんですが」
係員「あーならバスに乗ってサーファーズパラダイスに行きなさい」
僕「あーわかりました。」

と、すぐそこのバスに乗りいざ黄金の沿岸?へ。

んで着いて、ここはゴールドコーストなのだろうかと軽く不安に陥る。
でもどうやら話によるとそのめちゃめちゃ広いビーチぞいがゴールドコーストと呼ばれていることがわかり、現在ぼくがいるこのサーファーズパラダイスもゴールドコーストだということがわかった。
んで到着を実感。

とりあえずビーチにいって、砂浜で遊んでみる。もちろん一人。

写真もいっぱいとってみる。

んで満足する。

んでその後にすぐ近くのモールにいって買い物とかしてみる。

んで満足する。

帰りかたがあんまよくわかってないことに気づく。

バスステーションとかいうところで聞いてみる。

僕「駅まで行きたいんですが」
バスステーションの人「あーじゃあ道路をわたってすぐそこだよ」

無事バスにのる。
駅に着く。
いつもの駅で降りる。
帰りの電車に乗る。
電車内で駅員さんがチケットのチェックしとって僕は数週間前に買ったウィークリーチケットしかもっとらんかったもんで軽くビクビクする。
でもチェックのまえに駅についたのでいたって冷静なふるまいをしつつ電車を降りる。

無事家に帰宅。
という一日。

ちなみにビーチではあんま泳いどったりしとる人(そういう人らはたぶん海外旅行できた人ら)はいなく、どっちかというと肌をやいたり怠惰な一日をすごしとる人が多かった。

まあ、そんな感じ。
僕と彼女と彼女と僕と (2005/08/19)
昨日の夜遅く、誰かが僕の部屋をノックしてきました。
誰だこんな時間にと思いつつドアを開ける。

彼女がそこにいました。

何も言わずに、ただ部屋に入り、僕のベッドを占領しました。

そして彼女は僕を不思議そうにじっと見つめていました。

僕は彼女を何も言わず軽くどかしてベッドに入りました。

熟睡しそうになっても、彼女はよく動いて、僕に触ってみたり寝返りをうってみたりするのでしばしば彼女に起こされました。

彼女は少しぽっちゃりめで、でも物静かだけど、他の女の子には攻撃的で、長い尻尾を持っています。

そうです、猫です。

暗い部屋では彼女の目は日向にいるときのように鋭くなく真ん丸い黒目で愛らしいです。

寒そうにしていたのでタオルを一枚かけて上げたらぐっすりと寝てくれました。
僕は、そのせいもあってあまり寝られませんでしたが、幼いころに夢見た、ペットといっしょに寝るという経験ができました。
昔はよくペットを飼いたいといって親にしかられておりました。
親は犬猫の類は嫌いじゃないけど好きでもなかったので。

翌朝、彼女は僕の顔を撫でながら僕を起こし、ドアの方に歩いていって出たそうにこっちを見ているので、とりあえず、ドアを開けてあげました。

彼女は何も言わずに僕の部屋を去り、そして僕もまた何も言わずにベッドに戻り、まだ寒い早朝に布団にもぐりこみました。

そして僕が再び目覚め急いで学校に向かったけれど案の定遅刻しました。
まあ今日は学校の図書館で自習2時間という過酷なものだったので別に遅れた方が好都合なのでよかったんですが。

そんなちょっと良い話・・・・・・。

学校では自習の時間退屈だったのでちょっとぶらぶら何があんのか探してたら、英語の単語のゲームがあってクラスメイトの日本人がやり方しっていたのでやってみました。
台湾人の子と日本人二人と、タイから新しくきたクラスメイトもルールをしっていたのでサポートしてくれました。

そんな午前中。

付記

動物園とコリアンと(ゴーイングバーベキューと最後の一匹編) (2005/08/18)
どうも。

一昨日のパーティーは近くの公園でバーベキューだったのです。
オージーの公園は一味違いました。
備え付けのバーベキュー用キッチンがある公園。
きれいなとこでした。
たくさんの肉と酒を買っていきました。

楽しかったです。
近くで別のクラスの人らもやっとって、知り合いがいたのでほかの人とも軽く話せました。

あと、最近、僕より3つくらい年上のコリアンと仲がいいんですが面白いです。
あと、昔ダウンタウンのごっつぇぇかんじでやっとった「オジャパメン」を歌ってあげたら

「それはコリアンでめちゃ有名だよ」

ということで・・・・・・。
まあそんなこんなで終わったバーベキュー。
帰りは軽く電車が閉まりそうで(でもまだそんときは8時ちょい過ぎくらい)誰もチケットの確認もなしに通れました。
このアバウトさにもいくらかなれてきました。

んで昨日はオージーたちのどうやら祝日で、ホストファミリーとオーストラリアンズーにいってきました。
つまり動物園です。
なかなかよかったです。
今は写真がはれないのであれですが、まあまたの機会に。
たくさん有袋類がいました。

突然変異で生まれたおれの種族は近い将来に絶滅するんだ。

最近この曲をよく聞きます。
ゆら帝の最後の一匹っていう曲です。
まあ関係ないんやけど。

こっちに持ってきたMP3プレイヤーには、なぜかヌーノとフーファイをいれるのをめんどくさがってしまい、ちょっとあれなんです・・・・・。

MP3プレイヤーのデータを整理する途中で萎えたわけです。

でも大野雄二と東京事変と椎名林檎のファーストの僕の好きな曲のみとブランキーの幸せの鐘とサブライムとエゴラッピンとビリージョエルと・・・・・・・そんなけしか入ってませんがなかなかよろしいです。

最近ルパン3世のテーマのいっちゃんはじめのバージョンがお気に入りです。
細かく入ったギターのカッティングが絶品です。
カッティングするならまさにこうだっという感じです。

あと外人が好きなのか外国にきた人間が好きなのかわからんけどパーティーがいっぱいあります。
とりあえず来週にスチューデントパーティーがあって今日も知り合いに「明日先生の家でパーティーあるけどいかん?」ってきかれたんだけど、まだどっちも保留です・・・・・・。

まあそんなこんなで今日は何もない日なんですが、とりあえず、今、水を教室に忘れたので取りに行こうと思います。ですが、休み時間は教室に鍵がかかることが多いのでちょっと心配です。
そうだ・・・・パーティーに行こう (2005/08/16)
おはこんばんちは。

というのが昔聞いた覚えがあるけど、なんやったか忘れてしまった今日このごろ。

毎週月曜になると入ってくる新しいクラスメイト。
僕が会うのは火曜日やけど。

メキシコ人と日本人とタイ人が入ってきました。

まあ、そんなけやけど。

昨日は映画を見ようと思ったんだけど英語がわからんでも理解できるような映画を見ようと思いカンフーハッスルに決めました。
ですが時間があわず断念。

サウスバンクを散歩してましたよ。
昨日は友達のコリアンが今日は独立記念日なんだよといってました。
日本から独立したんですよ。
そう、昨日は終戦記念日らしかったです。
そんなの僕にはどうでもいいんですが。
今年は僕がはじめて「ほたるの墓」?やったっけ?
宮崎ハヤオーのやつ。
まあとにかくそれを見ずに過ごす一年になりそうです。
と、いうのを思い出した。

昨日はあんまさしていろんなことをやったわけではないのでまあこれくらいにしとこう。

そういやそんなこんなでおわらしたらあかんわ・・・・・。
タイトルについて書いてなかった。

今日は夜にパーティーを公園でクラスメイトとやります。
なのでパートタイムで午後の授業がない僕は一人でまってないといけません。
かるく面倒くさい。
まあいいけど。

んで授業中にぱもしパーティーを開くとしたらどうしますかみたいなことを討論しとって、コリアン二人とストリップショウについてで盛り上がってたら、先生にそれはR-18だからあんま大きい声で話さないようにとちゅういされました。
まあそんな午前中・・・・・。
博物館と流行風邪 (2005/08/15)
こんにちは。

みなさん週末はいかがお過ごしでしたでしょうか?

まあ回答がないのはわかっていますが、一応。

ホストファミリーのボスがどうやらインフルエンザかなんかにかかって動物園行きはキャンセルになりました。
同時に一匹の猫も具合が悪いらしく、くしゃみをしたり一回だけ嘔吐しました。

二日間降った雨は寒かった。

今日は晴天。

ポカポカ。

土曜日は、朝に雨降りの中ホストファミリーの子のサッカーの試合を見に行き、それからかえって、すぐに街まで行ってきました。
はじめ買い物を軽くすませ、僕は橋を渡った。

目的は博物館と美術館。

どっちもお金とられなかったのでよかったです。

博物館は、まず、現地人つまりネイティブオーストラリアンの楽器やらなんやら。
んで発掘した化石。めちゃすごいでかい恐竜や海の生物?(なんかでかいウツボみたいなやつ)とか。
あと昔の乗り物、エアロプレインはすごいよかったです。
あとバギーとかもありました。

あとは動物の剥製とか、オーストラリアの生物の展示がありました。
あともう一つ、サメかなんかのあれがあったけど金取られるので別の日に行こうと思います。

美術館では大概オージーの美術家の作品が多かったです。あとネイティブオージーの伝統工芸とか。
あと面白いのが、映像作品が多かったです。
なんかようわからんかったけど。
写真撮り放題なので好きなやつとっとったら急にフラッシュが誤ってでてまったもんで管理の人に注意される・・・・・・・。

という土曜日。

日曜日は動物園がキャンセルになったもんで怠惰な一日。
でも結構遠くまで散歩してみました。
カメラを忘れて写真とれんかったけど。

あとはひたすら読書。

ロバートキャパの「ちょっとピンぼけ」。
かなりよかったです。読み終えました。
外国人のしゃれた物言いを日本人がうまい具合にやくすともう絶品です。
今は壬生義士伝の下巻を読んでますが読む本なくなったらもう一回読み直そうと思います。

今日は、学生証みたいなのができたので多分また映画館に行ってみます。
今度は単身でいくので軽く心配ですが。
ほかの友達とかはみんな午後から授業があるのでかわいそうです。

んでは。
どしゃ降りの雨の中(わかりはじめた真実編) (2005/08/12)
まあどしゃ降りっていうわけでもない。

こっちに来てはじめての雨。

僕は傘を忘れた。

はじめての雨の日。

かなり寒い。

ここへきてようやくオーストラリアは今、冬なのだと実感しました。

さて、昨日はギターを買ってきましたよ。
なんで買ったのか不思議に思う方もいらっしゃると思いますが要は

買いたかったから

ですね。

エレアコ?っていうんやろう、それ買いました。
ええ、トラベラーズチェックで。
ハードケースも買いました。
400ドルくらいしました。
せっかく外国来てまでYAMAHAは買いたくなかったので、ASHTONという謎のメーカーのを買いました。
なかなかのもんです。

帰ってから、ホストファミリーの子が興味もったらしくて弾かせてみたけど押さえるのが厳しいようなのでオープンGチューニングにして弾かせたらちょっと喜んでいました。

んで、こっちへ来てから気づいたのは、

自分にとっては重要なことは一人で
どうでもいいことになると一人だと無性にさみしくなる

ということ。
どこどこへ行って写真を撮ろうとか自分にとっての重要なことは一人で楽しんでできますが、そのほかのことは誰かがいないとあんまやる気になれません。

まあ言いたいことをあんまうまく言えていないんだが・・・・・・。

そういえば、出発前に買った村上龍の「コインロッカー・ベイビーズ」。
昨日読み終えました。
ええ、上下巻ともにです。
「限りなく透明に近いブルー」はなんかようわからんくて読みきれんかったけどなんとかこっちは読むことができました。
難しい表現が多かったですが・・・・。
まあなかなか面白い作品でした。

まだ、「ちょっとピンぼけ」っていうロバート・キャパの自伝みたいなやつと「壬生義士伝」の下巻は途中までしか読んでいないし、部屋には新しいギターもあるので、実りある一人の夜はうまくすごせそうです。

アバウトなやつら。 (2005/08/11)
昨日はシティホールにいってきました。
でっかいホールの中に入ろうとしたらなんかサイドにいた人が中を指差しながらごちゃごちゃいってくるもんで、適当に相づちを打っておいたら、なんか袋を貰えた。よく話を聞いてみると、オープンキャンパス?みたいなもんが開かれとるらしい。適当に写真を撮って帰る。
家ではここのところホストファミリーのちっちゃいほうの男の子がバドミントンがお気に入りでずっと裏庭でバドミントンやっていました。
結構しんどいです。

そういや昨日矢野さんの電話で聞いたけど、3Gって第三世代、スリージェネレーションのことらしく、ふーんと思いました。
あと今日クラスメイトの韓国人に矢野さんが高速道路はおんなじ意味やと教えられたので使ったら、?でした。

まあそんなことはどうでもいいとして。

オージーどもは結構アバウトです。
僕は今電車で学校かよっとるんやけど2週間くらい前に買ったウィークリーチケットがまだ使えます。
改札通るときにちゃんと見せとるんやけど気づきません。
あと改札があるのは街だけで、あとはないです。
なので自由に乗れます。

かなりアバウトなので本当にたまに叱ってやりたくなります。

ちなみに授業に遅れようが行かなかろうが実際なんの問題もなさそうです。
なんにも言いません。

矢野さんにそっちのアメリカのアバウトさ加減を聞いてみたら、まあ似たようなもんでした。
なんかバスに乗っとったら急にバスが止まって運転手がおりてご飯買いにいっとったりとか・・・・・。

まあやつらはアバウトなんです。

今日はたぶんギターなんぞを買ってみようと思います。
時をこえた男 (2005/08/10)
時の川を越え

はるか遠い大陸目指して

っていう曲をしっている人は意外に少なくはないだろうと思っています。
ハイスクールきめんぐみ(漢字忘れた)のエンディングテーマです。
歌っているのは後ろ髪ひかれ隊です。

よく考えてみると、オーストラリアと日本の時差は1時間くらいあるので、ようするに僕は時間を1時間分突破してここにきているわけです。
だから日本にいる人の一時間先に僕は存在してるのですが、一時間の過去の人たちと普通に電話したりできるのでまあ軽く不思議な気分です。
そして帰るときに僕は、一時間だけ時間を戻します。

よく考えてみると当たり前のことなんですが、意外にすごいかもしれんくないですか・・・・・・・・?そうでもないですか・・・・・・・。

ちなみに矢野さんは17時間かそこら時をさかのぼったか進んだかしてます。
まさに現代は時をこえていく時代なのかもしれません。

んで今かいとる途中に矢野さんから電話があった。
17時間くらい時をさかのぼった矢野さんは、僕の今日の昨日にいます。
まあそんなこんなで軽く困惑しそうな世界です。
僕と台湾と韓国と(みんなアジアン編) (2005/08/09)
授業は退屈です。
でもまあそれなりにクラスメイトとも話せるようになったのでまあまあです。

今日、台湾人と韓国人に中国語と韓国語を少し教えてもらったけど発音がむずかしくてもう忘れました。

んで、一人沖縄からきた女の子がおるんやけどその子が

「微妙な三角関係」って言葉は韓国も日本もおんなじ言葉でおんなじ意味やと教えてくれてさっそく使ってみたら通じました。
あと電池がきれたことを「バッテリーがなかった」と韓国語でいうらしいです。
休憩時間にいろいろ教えてもらっとったら一人の台湾人の女の子が僕のMP3プレイヤーに興味を持ってたもんで聴かせてあげたらちょうど椎名林檎の同じ夜で、「とても良いね。なんて名前の人が歌ってるの?」ときいてきたもんで、「あー椎名林檎やよ」といったら、「林檎って果物のリンゴのこと」ってきいてきました。
んでどうやらリンゴって台湾でもリンゴっていうことがわかり、世間は狭いなぁと思いました。

あと、日本人の友達にきいたんやけど、サウスバンクの辺で煙草すっとると変な親父がマリファナかなんかを売りにくるらしいです。
煙草を街の中で吸ってるとやたら人が煙草一本もらいにくるらしいです。
オーストラリアでは煙草が800円くらいするので買わずにその辺の人に貰う(もしくは50セントで交換する)人がたくさんいるみたいです。

ちなみに僕はオーストラリアに来てからまだ一本も吸ってないのですが、試しに煙草を買ってみようと思います。

そういえば昨日ははじめて外国のマックを体験しました。
みんなが言っているほど難しくなかったので楽に手に入りました。
向こうのマックではハンバーガーだけでなくサンドイッチみたいあもんが売っててそっちの方が人気があるみたいです。

付記

赤道をこえて来たところ (2005/08/08)
タイトルは意味はないです。

金曜日に昼食食べて街に行こうと思って歩いてたら声をかけられて誰かと思ったらクラスメイトのジャパニーズだった。
そいつが映画館にいくっていうもんでついていく。
サウスバンクにある映画館はめちゃめちゃやすい。
映画事体1000円以内で見られるとこが多いらしいんやけど、サウスバンクは6ドル。なので約480円で見れた。
というより適当なもんで、チケットのチェック無しに入れたもんでそのクラスメイトが

「あー今日はただで入れましたねぇー。適当なんですよここ。」

だそうです。
ほんとは日本の映画を見たかったんやけどまだやってなかったもんでしょうがなく「ランドオブデス」っていう洋画を見た。
まあ大体何いっとんのかわからんかったけど。まあアクションものやったもんで内容は分かった。
ゾンビが街に襲撃する話です。
まあ・・・・・・普通やった。でも音響がすごいね。映画館事体の。
んで帰る。

土曜日は午前中にホストファミリーの子のサッカーの試合があったもんで見に行く。
んでそこで中学生の日本人の子が別の家にきとってシャイな子だから日本語で会話してあげてと頼まれたもんで軽く話す。
帰ってからちょっと散歩して、それからホストファミリーの子とそのサッカークラブの友達の子が川沿いの散歩コースを教えてあげるっていって連れてってくれる。
めちゃカモがおってパン屑をやる。
帰り道、子どもらがスプレーカンみつけてよろこんどって、ちょっと別の方見てたらホストファミリーの子の方がスプレーが顔にかかったみたいで軽くてんやわんやした。
んで夜はバーベキューをした。

日曜日、午前中に街でやってるマーケットにホストファミリーと行く。
楽器は売ってなかった・・・・・。
でも演奏してる人がおったけどあんまよくなかった。
ホストファミリーのボスもノットグッドっていっとった。

それから車でボスのだんなさんのところへ行った。
ここらへんで説明しないかんのやけど、
どうやらホストファミリーの家庭は結構複雑で最近ようやくわかったんやけど、ホストファミリーのボスは一回離婚しとって今のだんなさんと結婚しとるんやけど、そのだんなさんはガールフレンドがおって別居してる。
僕らはその別居中の家にいった。
そこでボスはしばらくしてから帰る。
僕とホストファミリーの子とその父親とそのガールフレンドでAFL(オーストラリアフットボールリーグやとわかった)を見に行く。
でかいスタジアムで僕と子ども、その父親とガールフレンド二手に分かれて試合を観戦。
なかなか面白かったです。ブリスベンライオンズっていうホームチームが圧勝したので。

それから合流してタクシーが捕まらんから途中まで歩こうということになった。
父のガールフレンドがめちゃ酒くさくてその酒気で僕までよっぱらいそうになった。
したら、パブについてお酒を飲もうということになった。
パブ・・・・・めちゃ恐かったです。
ガールフレンドの知り合い(だいたいがバイカー?レザーの上下といかついバイク乗ってる、もちろんめちゃくちゃ恐そう)がいっぱいいたみたいで、しかもガールフレンドが酔っ払ってて僕をその人らに紹介しまくる・・・・・。
んでレザージャケットを僕に着せたり、僕のカメラで写真をとりまくる・・・・・。
まあいいんやけど・・・・・。

まあそんなこんながあった週末でした。
なまりのある英語なの(アジアン製の生き物3匹編) (2005/08/05)
昨日は橋をこえてサウスバンクにいってきました。
ミュージアムの場所は分かったので来週中にでも行ってこようと思います。
サウスバンクはめちゃめちゃきれいなところでした。
大学がありました。
日本のそれとはぜんぜん違います。
美術系の大学でかも知れんけどとりあえずアーティスティックでした。
でっかいホールもあってそこで昼に映画かなんかを上映してるみたいです。
たぶん無料ではいれます。
ウォーキングコースを歩いていたら見知らぬアジアン3人が英語で

「あなたは韓国人ですか?」

とたずねてきたので日本人だよと教えてあげたら急に何かを鞄から出しました。

エホバの商人

くはー・・・・・・・・・・!!!

こいつら日本だけでなくオーストラリアでも僕を勧誘しようとしてる・・・・・・。

なので

「僕はブッデストなので他の宗教は受け付けません」

と英語でいって去りました。

そういや授業で気づいたんやけどその国々で話し方がなまってます。
韓国人の話す英語は妙に韓国語っぽく中国人もしかりです。
日本人もたぶんそうなんやろうなぁと思います。

んで帰りに川をフェリーでわたってかえりました。

今日は自習を2時間というわけのわからん授業だったので途中で抜けて本を買いに行きました。
本屋で英語があんましゃべれんしよくわからんから簡単な本ありますかと聞いたら店の主人がていねいに教えてくれました。
んで買って戻って読んでみたら、外国の小説の書き方がすごいむずかしくて、日本語に直せない部分が多くどうやら直接英語で理解する必要があるみたいです。
今は授業が終わったのでとりあえずお店で初めてご飯を注文して食べました。
シシカバブーのハンバーガーなんですが、めちゃ量が多い・・・・・・。
まあ値段はたぶん日本で売ってるくらいなんだろうと思います。
もしかしたら日本の方が少し物価がやすいかもしれませんがまあどっこいどっこいくらいだと思います。

今から美術館を見に行こうかと思っとったんやけどまだ時間はたくさんあるので来週にまわそうと思います。
んで今週の日曜になんかの試合をホストファミリーの子とオトンと見に行くみたいです。
どうやらオトンはニュースライターらしくていつも家にいないみたいです。

あと昨日手術をした猫は今日も軽くフラフラしていて家のベランダ?(ようわからんけど)の手すりに上ったけど落ちかけてヒヤヒヤしました。

4匹とも僕が触ってもぜんぜん逃げないので愛らしいです。
橋をこえる男 (2005/08/04)
昨日は学校の近くにあるめちゃでかいモールに行ってきました。
人がいっぱいです。
そのとき気づいたのが、外国人・・・・・・・・・・・・・というかアジアンではない人らは、まあ特に女の人なんやけどスタイルよくて美人な人かふとっとってそれゆえに非美人な人が多いと思った・・・・。

んでCDショップを見てみると日本人もいました。しゃべらんかったけど。
なんで学生服着た日本人がこんなとこおるんやろうと思いましたがまあそういうこともあるんだろうと無視です。

んで、あなり歩いて楽器屋が見つかったので入りました。
どうやら店員にいわなくても試奏し放題だったのでたくさん弾いてみました。
んで値段が安かったら購入しようかと思いましたが、実際あんま変わりません。
まあ、別のとこいけばやすいやつみつかるだろうと思うので、それでもいいか・・・・・。

んで家に帰ると、ホストファミリーのボスが慌てていたのでどうしたのか聞きました。ホストファミリーの家には4匹猫が放し飼いで飼われとるんやけどどうやらその猫(メス)の一匹が発情したらしく、男を探し回っているらしいです。しかも気性が荒くなったので、みんなが触ろうとするときれます。
なので、今日、虚勢?するらしいです。ディーセックスっていうらしいけど。
あと洗濯機もなぜか大破したらしく新しいのが今日届くそうです。

まあ昨日はそんなこんなな一日でした。
あと、学校には電車で行ってるんやけど、なかなか日本と違う部分が多くて面白いです。

今日は、授業で、ありがちな音楽を聴いて歌詞を聞き取る的なことをやりました。そこらへんは日本にいても変わりません。
曲はU2の超有名なやつです。
「BUT I STILL HAVEN`T FOUND WHAT I`M LOOKING FOR」ってサビで言ってるやつ。
なので意外にうまくできました。
英語は発音がめちゃ難しいです。
毎日僕のボスが発音を教えてくれます。
まあできてませんが・・・・・。

今日は今から、ブリスベンの真ん中をとおってる川を徒歩でわたりたいと思います。
ちなみに僕は北側にいるみたいです。
橋を渡るときみんなが「サウスバンク・サウスバンク」と連呼しているのでたぶん橋を渡ったエリアのことをサウスバンクと呼ぶのでしょう。
まあ実際、話せればリスニングうまくなくてもなんとかなるっぽいです。
アジアンが集う場所 (2005/08/03)
みなさんこんにちは。
たぶん時差が一時間ぐらいなので今日本は11時くらいです。
午前中に授業が終わるので楽です。
こうやって日本語をかかないと頭がイングリッシュナイズドされてしまいます。
日本人同士なのに英語で話したりカタコトな日本語になってしまいそうです。

クラスメイトにはいろんな人種の人がいます。
インドネシア、韓国、サウジアラビア、フランス、台湾、香港。
アジアンが多いです。

なかなか意外にうまくやってますが日本人の僕より長く滞在している人の心遣いが少しうざったくもあり、またうれしくも思います。

韓国や中国の人は英語を覚えることがかなり重要視されているようで僕が通う学校にも多いです。
兵役を済ませた人も結構います。

今日は授業で会話の物語の続きを作りました。
僕と同じグループの韓国人と香港人がめちゃめちゃなストーリーを作ったので、僕もそれに便乗していました。
でももう一人のたぶん中国人のお姉さんがかるく困っていました。

今から街を探索しに出かけます。
オーストラリアと冬の午後 (2005/08/02)
こんにちは。
みなさまこの夏休みをいかがお過ごしでしょうか?

まあそんなことはどうでもいいんです。

3日ぶりです。ぶりぶりです。

土曜日に僕は日本を発ちました。
見送りに来た方二人、電話してくれた方数名というまあ意外といえば(良くも悪くも)そうなんですが。ポチョとネギさんは見送りに来たのでうちの親とよう会話をするという珍しい体験をしました。

外国仕様のパソコンは使いづらいのを我慢しながら書いてます。

出発日。車でセントレアへ。
僕は単身飛行機に乗り込みました。
隣の女の子もブリスベン行くらしいですが少し会話してすぐ寝ました。
セントレアからブリスベンまでは一回ケアンズで乗り換えないといけないのです。
旅行会社の代理の人はシャトルバスを使って国内線ターミナルにいってくださいと行ったけれど、現地で聞いたら(もちろん英語)あんなもん街に行く以外は使えんといわれ、しょうがなく歩いて国内線ターミナルに行きました。
ブリスベン行きの飛行機ではちょうど日の出だったので空がめちゃくちゃきれいでした。
きれいといえばセントレア。あそこ夜いったほうがいいね。
滑走路が半端じゃなくきれいでした。
あれはすごいよ。

現地に着いたらお出迎えの人がいて僕ともう一人高校生の女の子をホームステイ先まで送ってくれました。
ぼくのホストファミリーは、めちゃ陽気なお母さんと二人の子どもです。
10歳と15歳です。
10歳の子はとても元気で、ゲームが好きで一緒にスターウォーズのXボックスのやつやヘイローをやったりしてますが、もう一人のお兄ちゃんはたぶん日本語でうまく言えば半引きこもりです。
まあいいんやけどね。

最近は散歩しながら写真を取りまくっています。
もうバスと電車には乗ることができました。
ちなみにすんでいるところはアメリカナイズド・・・・・・まあ強いて言えばオーストラリアナイズドされた「いりなか」っていう感じです。
あとめちゃ広いです。
そこらかしこに森みたいなところがあったり公園があったりします。

まあ今日はこんなもんでいいか・・・・・。

ちなみに今はネットカフェみたいなところにいます。
かなりすごしやすい気温でしかもドライなのでいっそう楽です。

んではまた。
夏休み傲慢企画第一弾(僕と他人とオーストラリアン編の始まりの巻) (2005/07/29)
みなさん、このクソ暑い夏をいかがおすごしでしょうか?

まあ

答えたくなければ僕も深くは立ち入りませんが。

よく言われることですが、外国の人は適当だと・・・・・。
矢野氏も語っていましたが。

ここで

「いやいやガイジンは日本人よりゆとりのある生活をしてるだけだよ」

と反論したい気持ちもつ鬱屈した日本人コンプレックスによって外国かぶれになってしまったにもかかわらずここで、そうここで敢えて外国人をガイジンと呼んで軽く見下してもいるという矛盾を抱えて生きているかたもいらっしゃるとは思いますがそれはそれ。

まあどっちでもいいんです。適当に見えれば。
そんな適当社会・・・・・・なのかは知らんけど、この経済大国日本でゆとり教育世代にもなれず、なおかつ土曜日が学校ある日を体験したにもかかわらず適当な・・・・・・いやここは敢えてアバウトと言おう・・・・・・んでアバウトな考えとアバウトな生き方が突出してしまった、いやむしろそれを望んだ形で受け入れたのかもしれないこの僕が、海外に単身踏み込もうなどという奇跡。
ガイジンから見たらかっこうのカモ・・・・・・・いや無謀なイエロー・モンキーです。
まあ、外国にもチョンやニガーやホワイトゴリラがいっぱいいるんですけど・・・・。

結局なにがなんだかわからん文になったなぁ・・・・・・。

まあそんな感じです。

ここ数日の用意で僕のアバウト加減が群を抜いて顕著に表れたのでヒサミさんも真知子ちゃんにもかなり怒られ気味・・・・・・まあ怒られてはないか・・・・・。

期待3割不安7割の路頭に迷いそうな旅

がいよいよスタートするわけでね。

実際、このブログも更新できるかどうか分かりません。

いったい何が僕に待ち受けてるのかと。
昨日英会話学校の電話で言われました。

強制送還だけはされないでね。

ほんとに大丈夫?

はい。大丈夫かどうかは行ってからでないと分かりません。
ていうより飛行機が嫌です。
乗ることに関しても飛ぶのを見ることに関しても全然嫌いではないのですが、どちらかと言うと好きな部類なんですが、いかんせん、気圧の関係かなんなのかはわかりませんが、飛行機に乗ると左耳がものすごい痛くなります。
痛いのは前に語ったとおり嫌いなので
楽しみ<痛み
になるわけです。

非計算の合理主義!!

それではまた後日。
ページ上部に戻る▲
空想ジャンクションボーイズ © 千 2017. (http://thousand.blog7.fc2.com/)
/
This BlogTemplate's origin was written by Tamico.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。