カテゴリ別ログ_音楽について
スポンサーサイト (--/--/--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ギターギターギター (2007/10/27)
それほどアグレッシブでなく友人知人の少ない僕は相変わらずギターなんかを弾いてます。

最近ようやく、アコースティックギターもエレキギター並にはええ加減に弾けるようになってきたような、道が開けてきたような気がします。

特にオープンコードでの演奏はなかなか自分でいうのもなんなんですが、アレですよ、違いがはっきり出てますよ。

こう、アコギのそんでもって弦が倍になってるような代物を扱ってくるとですね、自然とエレキギターの方も上達してくるみたいで、一緒に演奏する人間もいない誰も気づいてくれないささやかな上達感を味わうのは客観的に見て頭どうかしているような気がしますけどそれはそれでも嬉しいんですよ。

ほんでですね、スライドバーを使うことが最近多くてですね、ラップスティールなんかちょっと欲しいんですよ。

ほんで探してみるとね、ワイゼンボーンっていうドイツの人かなんかが作ったみたいでハワイアンとかそういう人たちが愛用する、僕の好きなジョンバトラーとかベンハーパーとかが使うようなアコギのちっこい感じのやつがちょっと欲しいんですよ。

そんで今猛烈に迷っていまして、アコギ自体もほんとはギブソンのL-00とかマーチンoooみたいなやつが欲しいんだけど、それだとスライドバー使うときにそれっぽくない気がして、ドブロみたいなリゾネーターだったらスライド使ってもそれっぽくて別にアコギっぽく使うんでも、

「あら変わったギター使ってますね」

くらいにしか思われない、いやそもそもそんなこと言われる舞台に立つこともないんですが、それは置いて置いて、スライドバー使うならラップ(膝)においてスライドオンリーで使いたいみたいなことも思って、それだと弦高をかなり上げたいので結局普通のアコギみたいに弾くことねぇよっていう感じで、正直この文章読んで僕の言いたいことがわかるかっていったらわからんやろうね、かなりひどいわこの文章は。

ということ迷ってる。

っていうか金がないから買えん。

金がないというか、使う予定があるから買えん。

12弦買ったときみたいに20000円程度で掘り出し物でんかと思う。

スポンサーサイト
新しい時代がやってきた (2007/10/20)
めんどくさいので色々と省いて結論を言うとIpod・Touchを買った。

16Gのやつ。

昔持っていたやつが5Gのやつで動画なんか見れへんやつやったのでまあかなり進歩したね、僕も。

初めは容量少ないなとか思っていたんだが、やってみてはじめて気づいたんだが、意外に動画の容量って大きくないのね(YOU TUBEの5分くらいの動画)。

だから正直この容量で十分過ぎる。

あのIpodクラシックの160Gね、あれは正直無いわ。

Ipodクラシック160Gでのメリットはたぶん、音楽ファイルを無駄に溜めておけることじゃない?

要は整理する必要がないくらい。

まあ2時間映画まるまるぶち込んで電車に乗って一人旅に出るとかそういうのなら160Gあっても良いけどスクリーンちっちゃいで見にくいやろうし。

ちなみにIpod・Touchの一番のデメリットは見ながらじゃないと絶対まともに操作できんことじゃないかと思う。

「今この曲聴きたくないわ」

とか思っても、いちいちポケットから出して、画面開いて指でタッチせんといかんし。

あとIpod全体に言えることやろうけど、ものすごい丁寧にそれこそバカでも簡単に扱える、老人介護みたいなソフト(iTunesね)で非常に楽なんだけど、高度なことやろうとしてる人がおったときに融通きかなさそうで怖いね。

僕はそんなことしいへんであんま関係ないで楽やけど。

今は、とりあえずYOUTUBEの動画を簡単にIpodに入れる方法が分かったので動画落としまくってる(まだ数本だが)。

あと車のラジオに電波とばすやつ買ったで車の中のCDをすべてなくせるのが嬉しい。

車の中では何かが起こる (2007/09/09)
PSPの「僕の私の塊魂」がおもしろくて、書いてなかった。

おもしろいよ。

最近、音楽情報・バンド情報等々、とにかく情報に疎い。

好きなバンドのHPチェックしんくなったり、雑誌も全く買わなくなったのでまあ当たり前なんだけど、そんでもまあ音楽は聴く。

部屋では一服中とか「YOU TUBE」とか観る時のみ聴くんだけど、だいたいは車の中で。

いろんなCDを持ち込んでいるので、車の中が最近CDだらけになってきたので片づけた。

ほんとにハードディスク付きのカーナビが欲しいなぁと思う。



そんなことは置いておいて、ちょっと前まで

「クレヨンしんちゃんしか俺は受けつけない」

とか言っていた僕も、いろいろ観ました。

久しぶりにゲオでレンタルしたんだけど、ようやく

「ターンAガンダム」

が観れた。

僕はガンダムばっか観てるような気がするんだけど、まあそこまでファンというわけでも無いよ、断っておくと、だからなんか詳しいことは正直わからんけど、とりあえずこれは冨野作品みたい。

結構おもしろいんだけど、コナン風に言わせると

「あれれ~」

なところがある。

OPとEDが確実に冨野の息がかかってるんだけど、Zガンダムのころのあの古くさいテーマ曲なのがちょっと。

最近っぽい絵とのギャップがアレです。

セリフとか相変わらず知り合いをフルネームで呼ぶとか、やたらと鬱陶しいことして全体をかき乱す輩がおるとか冨野くさい感じで、ストーリーもドラゴンボールのEDテーマ「ロマンチックあげるよ」は冨野にこそふさわしいとしか思えない。

ああ、でも結構この作品は、登場人物あっけなく殺すパターン多いし、そんでもって死んだか死んでないのかよくわからんまま忘れ去られてまうキャラがおるところがZガンダムに似てる。

例えば

Zガンダム、初回でカミーユ・ビダンの父ちゃんも母ちゃんも死ぬんだけど、父ちゃんは宇宙服着たまま宇宙に放り出される。

ここで、なんとなく

実はオヤジ生きててティターンズに救助される
         ↓
ティターンズでそのまま新型MS開発
         ↓
カミーユそのことを知って激怒

「僕の父親ですよ、僕が・・・・」

云々で勝手に出撃
         ↓
そのせいでオヤジ死亡
         ↓
カミーユ「うわぁぁあ、大人が戦争なんかするから」暴走
         ↓
エマ中尉に殴られる
         ↓
カミーユいじける

こんな感じの伏線を想像するじゃないですか、ほんでも冨野は予想に反してこのおいしい伏線をぶちこわし、

オヤジ死にました(不確)
     ↓
カミーユ「うわぁぁあぁ」
     ↓
エマ中尉に怒られる

くらいで終わって、そのままなんか忘れ去られてまう。


ターンAでは

暴走したウィル・ゲイム、勝手に攻撃しかけてボコボコに、ロランがコックピットを開けてみると手だけが見える、そのまま死んだことに。

普通なら、死んだことになってても実は生きていてやたらとめんどうをかけるタイプのキャラなんだけど、まだ最後まで観てないから何ともいえんけど、こいつも結局忘れ去られるような気がする。

ロラン「もしかしたら手だけしか残ってないかも」

ソシエ「いやーーー」

ディアナ「ロラン、どうなの・・・・・」

これだけで確認せずに次の話ではもう死んだことになってまう。


ブライト・ノア風に言うと

「何考えてんだか・・・」

っていう感じなんだけど。

まあええわ。

あと冨野作品で好きなのは、男性キャラがなぜかたまに

「場所を考えて戦争しなさいよ」

みたいなオカマ的な口調をするとこかな。



あとマーズヴォルタのアンピュテクチャーっていう(結構前に)新しく出たのを買った。

まあ車の中に置いてあるでまだ聴いてない。

オマーもファズかけてワウふみっぱなしで

「ギョーーーーーーーー」

っていうギターの音出したりするで好き。


あの格好いいだろって感じが (2007/08/26)
ダメだ。

どうしてもダメだ。

強調しすぎはダメなんだ。

人物で言えば、木村拓哉みたいな。


まあええわ、これ以上思いつかん。


ああ、そういや、今更やけどアレだね。

24時間テレビはアレだわ。

欽ちゃんがマラソンやったおかげで余計うさんくさくなったね。

これで後はみのもんたあたりが入ったらもう


うさんくさい番組でありながら

優しい心を持ちあわせた者が

怒りによって目覚める

うさんくさい番組を超えたうさんくさい番組

スーパーうさんくさい番組24時間テレビだ!!!!


になるね。

まあいいんじゃない、感動無理矢理創出番組っていうのも、僕は嫌いやけど、しょこたんは可愛かったけど。



さて、爪を切ったので指痛いとか言ってたんだけど、3日くらい弾いたらもう硬くなって痛くなくなった。

そういやはじめのころは爪で弾いてなかったから元々耐性か何かできてたんじゃないかと思う。

バキ風に言えば指の先が負荷を与えられた時、今後このような事態に陥った時、何とかかんとか云々で復讐を誓っていた的な。


ほんで今練習してるオーシャン↓



この曲意外に簡単だけど、土台がしっかりしてないと巧く弾けんっぽい。

ほんでも練習しとるうちに基礎能力が向上している予感が、曲もアメイジングな感じで好き。

まあ、これ弾けるまで練習しとくとして、6弦のアコギが欲しい。


最近、マーチンのOOOが良いとか言ってたんだけど、どうせならリゾネイターにしようかなぁと、リゾネイターへの思い復活という感じで欲しくなってきた。

リゾネイターと言えばドブロなんだけど、ナショナルっていうちょっとCMとかでお願い出してそうなメーカーのがサスイテインもありつつ音も綺麗でリゾネイターらしからぬやつらしくなかなか良さげ。

僕も一回ネットで試奏したやつ聴いたことあるけど音はだいたいそんな感じ。

ほんでもナショナルってボディに木使ってるやつ少なそうやし(金属のボディが多そうってことね)、値段がそれこそマーチンみたいにバカ高いので迷ってる。

マーチンにするかナショナルにするか、普通のアコギにするかリゾネイターにするか・・・・どうしようか・・・・。

指が痛すぎる件について (2007/08/20)
はじめてベースを指で弾いた時みたいに痛いよ
オープンコードの妙 (2007/08/19)
金曜日に飲み会がありまして、その時に親指を椅子にぶつけた。

そしたら、爪がちょうど下敷きが割れたときみたいにパッキーンって。

パッキーンって。

そんな音で半分くらい割れてふっとんでった。

そんなわけで爪を全部切った。

まだアラスカンピックは買ってないけれど、とりあえず、暖かい音で指で弾くときは何も付けず、爪の感覚できらりと弾くときはアラスカンピックとサムピックでなんとか対処しようと思う。


ほんで12弦、今、ジョンバトラートリオ(っていうかジョンバトラー一人で弾いてるけど)のオーシャンっていう12弦を生かした外人が言うにはアメイジングな曲を練習してる。

ようやく早くなるパートを練習しはじめて、意外に弾けるようになってきたんだけどいかんせん爪がないぶんものすごい指が痛い。

特にストロークが痛すぎる。

なかなか順調に練習できてるような気がするけれども、もっと指が滑らかに速く動くようにならんと弾けんわ。

あと、完コピは細かいところがありすぎて無理なので何となく弾けるようにはしたい。


ほんでこの曲、オープンコードなんだけど、ものすごいオープンコードの特性が分かる。

つまりそこまで複雑で難しいもんじゃなく(リズムの微妙な感じはのぞいて)、ただただオープンコードの特性と12弦の特性を生かしてる感じ。

開放弦を巧みに用いて特に速くなくても速く感じるよう(ハンマリングプリングで)、そんでもってコード感も損なわずっていう感じ。

まあ僕にはそう詳しいことはわからんのだけど。

問題なのは、オープンコードにしとくと他の曲は一切練習できんことやな。

まあええわ。
ボロボロ (2007/08/15)
12弦買ってから結構経つ気がするんだけど実際そんなことないんだけど。

最近ストロークをよくするもんでアレなんやけど爪ボロボロになってきた。

いろいろ手入れの方法もあるんだけど(マニキュアとかアロンアルファとか)なんかあんまやる気せん。

ほんでも先輩がいっとった粉混ぜたなんかを塗るやつは結構興味ないこともないが、やっぱりなんとなく若干の抵抗がある。

いろいろ探してみた結果、アラスカンピックとかいうやつがあるらしい。

サムピックみたいに指の腹の部分で弾く用じゃなくて僕みたいな爪で弾くタイプの。

どこがアラスカンなのかよくわからんが(写真なくてすまん)これがあれば爪が綺麗に生えそろうまではなんとかなりそうな気がするし、ボロボロの時は装着すればいいのでこりゃええと。

金属のやつとプラッチックのやつがあるから買ってみようと思う、高いけど。


ちなみに、サムピックとアラスカンピック、普通の三角型の摘んで弾くやつと違うところがあって、まず指で弾きます。

まあ当たり前なんだけどよく聞いてくれ、三角ピックでもそうなんだけど自分が弾きやすいもの、例えばティアドロップとか御握りタイプとか、そういう種類があって自分にあったものを使うじゃないですか。

サムピックやアラスカンピックなんかは全く同じ形状のものしかないんですよ。

そんでもってできるだけ一本一本の自分の指にあった、そんでもって指で弾く感覚に近いモノを使いたいわけですよ、世のフィンガーピッカーとかいうちょっとアレな名前の人たちは。

だから買ってきたサムピックやらアラスカンなんちゃらなんかを自分の指に合うように加工するんですよ。


だからなんだハゲっていう感じで思われる方、実際そのとおりでだからなんだハゲっていう感じなんです。





最近インキュバスよく聴くんだけど(メイクユアセルフとなんちゃらクロウなんちゃら)、曲名とか全然覚えれん、覚える気は別にないけど。
名古屋でギターは奏でられ乙 (2007/08/13)
ほんで土曜日は名古屋へ行った。

この前12弦を唐突に買ったんだけど、今度は6弦で欲しいと、僕は試奏した。

レイクウッドとマーチン。

レイクウッドは品名忘れた、音も覚えてない。

マーチンはトリプルオーのクラプトンのやつ。

OOO-28ECやったかな。

とりあえずこれはかなり良かった。

ドレッドノートの方が良いとか形だけで言ってたんだけど、弾きやすいわトリプルオーは。

音もかなり良かった、というか30うん万するのに悪かったらマーチン乙だが。

ほんでもその後別のところで弾いたトリプルオーの番号いくつか忘れたが、中古で20何万とかのやつは

「箱が鳴ってますよ」

っていう、なんか嫌な響きがしたのでマーチンでも結構同じやつでも音違うのか、それともクラプトンのがすごいのかようわからん。

クラプトンのやつなんか、アレですからね、僕が弾いたやつより上のランクなんか50何万ですからね、定価なんか78万とかしますからね、

買うやつバカだろ、実際

としか思えないですよ、特に最近のクラプトンとか見てたらね、買う気せんですよ(いや、嫌いじゃないよ、Dr.johnと一緒にレイラやってるやつとかは、でも老いたな、顔が)。



と思った。

あとは、メイド喫茶で

「フヒヒ」

とか言ってみようと思ったけどリアルオタが

「フヒヒ」

ってなってて恥ずかしながらめちゃめちゃひいてしまったので残念だった。

とりあえずいくら便利だからといって

ポシェットはやめれ

アイアンライオンザイオン (2007/08/07)
この曲のサビがバカっぽくて好き



ボブさんのはしゃぎっぷりも好き。


トーキングモジュレーターだよ



トーキングモジュレーターといえばリッチーサンボラだよ



これはたぶんミュージックステーションでトーキングモジュレーターだよ



キャントストップ (2007/07/30)
レッチリのキャントストップってあるじゃないですか。

僕は日本語訳見てないからだいたいしか歌詞わからないんだけど、キャントストップっていう意味は「止めどない」っていうのが良いんじゃない?

って今日ふと思った。

まあ別にどうでもええんやけど。

疲れた、ああ疲れた
オーシャン (2007/07/28)
12弦を手に入れて、しかも予想以上には音が良かった。

そんでもって付属されてきた弦(貼られてない状態で来た)がものすごく古くて張ってみたら、6弦(12弦で言うところの、要は3弦に付属する細い弦)が切れた。

だから実質のところ普通の6弦ギター言う3弦だけが復弦が状態でこれまた運命的なわけで、

12弦+3弦のみ一音=ジョン・バトラー

なのでオーシャンっていうジョン・バトラーのインストの曲を練習してみた。

オープンチューニングなのでそれこそ12弦全部チューニングしなおさないかんので大変だったが、やってみるとますますジョン・バトラーぽい。

正直たまらんかった。


弾いてみると意外に難しくなかったのでちょっと覚えてみよう。
初めてギターを買った日に (2007/07/27)
今週は結構ブログ書いてるなぁって思ったんだけど、そうでもなかった。


まあそんなことどうでも良いんだけど。

とりあえず、飲み会で若干酔いつつも書いてられれら。

「20世紀少年」っていう漫画がある。

僕は結構好きなんだけど、一つものすごい共感できるところがある。

何巻か忘れたんだけど、最初の方で、ケンジがはじめてギターを持った日。

無敵感についての考察

なぜかしら初めて楽器を持った日、僕だけではないだろう、何故か感じてしまう、

この圧倒的無敵感

別にいつもは大した人間であるとちっとも思っていないんだけど、この瞬間は別で、とてつもない興奮とともにソレは確実かつ一瞬のうちにやってくる。

それはケースから楽器を出した瞬間かもしれないし、弾き始めかもしれない、弾いている最中かもしれない、そしてそのすべてかもしれない。

だけれども、まさに栄枯盛衰、夕立のようにその恍惚感はやってきて去っていく。

昨日の雨は一瞬降ってすぐ止んだ。

そんな感じなのである。

別に僕が詩人ぶったり芸術家ぶったりしているわけでもなく、万人が万人、少なからずこの不思議な現象を身をもって知る機会があるはずだ(楽器を持てば)。

後になって思えば、ただの勘違い、キモイ、テラワロスとか考えられるんだけど、その時には完全に思考が止まる。



まあそんなことはどうでも良くて、僕は12弦ギター買ってうれしいです。

慎重に買うんやなかったんかいと言われようが、12弦なんてどう使うんだハゲと言われようがもう関係ない。

手に入れた今日だけは僕は無敵なのである。

それこそこの興奮と体に残ったアルコールの勢いに任せ手当たり次第にこの思いを伝えるべく電話をかけようかと僕は思ったんだけれど、一人目でやめた。



とにかく弦付けてチューニングするだけで手一杯だった僕の12弦ギターがどうなっていくのか、僕がどれだけ成長できるのか楽しみな気もする。

この圧倒的無敵感を感じながら寝よう(クレヨンしんちゃん見た後にな)。
極東の国の中心で (2007/07/22)
今日は名古屋に行ってきた。

朝から行ったので結構いろいろ行ったんだが、ギターを色々試奏してきた。

結構種類色々でそう詳しくないのでとりあえず気になったものだけ挙げてみる。

マーチンD-28の中古(年代知らん)

マーチンD-18の新品(年代知らんけど、比較的新しいモノ)

モーリスのW-35(番号たぶん違うわ、年代はたぶん60年代かそこら)

レイクウッドのなんか(店員さんに一番おすすめのレイクウッドで聞いてみた、30万くらいのだったのでトップクラスに良いモデルなんかも)

ギブソンのB-25(後にいろいろ文字の羅列が続くんだけど忘れた)

まずマーチン。

さすがマーチン。

言わずと知れたマーチン。

マーチンと言うだけで値段が高いなぁと分かるマーチン。

とりあえず音は綺麗でサステインがものすごい良い感じだった気がする。

なにを弾かしてもそんな感じ。

とにかくそんな感じ。

僕の印象ではD-28の方が18よりもネックが太かった気がするけど、年代の違いでそうなのかそれとも僕の勘違いなのかは正直分からん。

とにかくマーチン買ったら即一生モノと、そんな感じ。

ただ、僕はそこまで綺麗な音のモノが欲しかったのではないので、まあもうどうしようもなかったらマーチン買えばまちがいないやろっていう感じ。

モーリスのW-35(たぶん)、これ単にサイド&バックがハカランダ合板だったから弾いてみたんだけど、悪くはないね。

なかなか綺麗な音だしサステインもあるし、鳴りも結構あって、ストロークでも一音ずつ出しても安定した感じ。

まあマーチン先に弾いてたから、予備知識のせいで考えすぎかもしれんけど、マーチンの方が綺麗な音で人気は断然上なんだろうなぁっていう感じ。

ほんでも若干荒めの音のこのモーリスの方が僕は好みと言えば好みやったかもしれん。

モーリスのネックは若干三角形っぽいんか知らんけどそれがなんか弾きやすかった気もする。

次はレイクウッド。

レイクウッドは弦のせいもあるんかもしれんけど、ものすごいきらびやかな音やった。

キラキラした感じ。

ほんで一音一音がものすごいしっかりしとるような気がした。

店員さん曰く、ソロギター向けというのも納得できるなぁと。

とにかくキラキラキラキラしとった。

ギブソンのB-25は僕が店員さんにこういう音が良いんだけどって聞いて勧められただけあって結構音は好みだった。

ちょっと荒い感じなんだけど綺麗っちゃあ綺麗みたいな。

これでもっと枯れた感じだったら欲しい。

ただ、B-25はボディがちっちゃい。

ちっちゃいけどなかなかパワフルなんだけど見た目的にはあんま・・・。

やっぱドレッドノートが良いなぁという感じ。


まあ偉そうに言っててなんだけど、僕ギターの知識はもちろん技術もそうないでアレやよ、反論されても

「ああ、そうなの」

くらいしかいえんよ。
ネスツの煌めき (2007/07/12)
家に帰って一服しにベランダに出ると、何かが空を浮いていました。

近寄って見てみると蜘蛛がセコセコと動いていました。

スペァイデァーマ~ン  スペァイデェマーン ルックアーー



と頭の中で歌いながら近づいてみるとどうやら巣を作ってみるみたいで5分くらいじーっと見てたんだけどなかなか興味深いね。

その蜘蛛、はじめはものすごい丁寧な作業をしてたんだけど、だんだんマンドクセってな感じでいい加減になっていって、ああ、こいつ僕に似てるなと思いました。

もちろん作った巣はワッシャーってな感じで壊しておきました。

蜘蛛も僕のデコピンで鳥になりました。


さて、エアジンっていうウェスの曲を練習しているんだけども、ようやくオクターブソロも覚えることができ、練習してるんですが、

いっこうに上達せん

なんかやたら緩急があるフレーズばかりでしかも「急」もんのすごいスピードになったりするからたまったもんじゃない。

後、やってくにつれて、ジャズのコードへのアプローチとか全くわからんくなってくる。

いい加減に弾いても「感じ」は出せるんだけど、結局ジャズはコードに対するアプローチの仕方が他のジャンルの音楽に対して遙かに多いんだろうと思う。

だから結構いい加減っちゃあいい加減な音楽だな。

やたらと自由度が高くてバグが多い洋ゲーみたいなもん。

この曲終わったらカントリーの曲やろうと思ってるんだけど、これじゃあいつまでたっても弾けそうにないから同時進行でいってみようか・・・・。


全く関係ないけど、今日の雨で僕の職場の前の道路が軽い川みたいになっとった。
より強い欲望へと (2007/07/08)
前々からアコギを買おうと思って今まで衝動的に買っていたものを今度は慎重に買おうと思い、いろいろ調べたり試奏してみたりしてるんだけど、

調べれば調べるほど要望が増えていくんだけど・・・・

そんでまた詳しく調べないかんのだけど。

イタチごっこここに極まり。

いや、別にそう高いもん買おうとも思ってないんだが、とにかく気に入ったモノが欲しいのはたしかだが。

もういっそのことYAIRIさんにでもオーダーメイドして貰った方が楽で安く終わりそうな気がしてきた。

今ものすごい僕が欲してるのはアコギとしての用途としては若干はずれたアコギなんだが。

要は

「それもうアコギじゃなくね?」

的な、あるいは

「アコギとしての良いところってなくね?」

っていう感じ。

今のところの要望としては

・6弦か12弦

・エレアコだけどカッタウェイじゃないやつ(エレアコがカッタウェイモデルが多いから)

・トップは単板、裏はどっちでもええ(単板っていうよりは真ん中で木合わせましたっていう見た目がなければええわ)

・鳴りはどっちでもええけど(エレアコだから)枯れたサウンドは欲しい

・ピエゾPUじゃなしに(ピエゾって木に密着させるやつやよね?)サウンドホールに付ける一世代前のやつ(っていえばいい?)が良い。

そんでもってPUの出力は低めが良い。

・形はドレッドノートがいい


くらい。

弦もよくわからんでいろいろ使ってみてるけど(今はマーチンのファスファーブロンズ)生音に関してはエリクサーの75/25(やったかな・・・)が良い感じ(エリクサーはコーティングしてあるせいか、妙に弾きやすい)。

エレキの時は別に弦なんか気にしてなかったんだが、アコギって弦でだいぶ音変わるね。

ウェスのエアジン弾いてるけど全然上達した気がしん。


あとFF2PSPを買った。

たぶんRPGやでクリアしずに終わると思う
Heヴィィィイッッッッッッ メタル (2007/07/02)


メガデスさん(デイブ・ムステインさんがかっこよすぎる)。



メタリカさん(これ比較的最近やな)。



ブラックレーベルソサエティさん(ザック・ワイルドが良すぎる)。



ザック・ワイルド若すぎ(カントリーやっとったころ、旨すぎ、巧すぎ)。



ストラトバリウス懐かしい。



ラプソディを思い出したのが一番うれしい。

中学3年くらいの時、様式美、俗に言うネオクラの中で一番印象に残ってる。

日本ひきこもり協会(NHK)で (2007/06/25)


マイルス・デイヴィスの特集やっとった。

マイルスはイケメン
雨が降った前の日 (2007/06/24)
昨日は朝に海上入ったメールで起きたのでなんとなく外出してきた。

ほんで楽器屋さんでいろいろ試奏してきた。

そこの店員さんがなかなか話が分かる人で、やたらと30万とか高額なギターを試奏だけしてみろと言うのでしてみた。

テイラーとギルドの二本。

テイラーはものすごい安定しててネックの形がV型のせいなのか非常に弾きやすかった。

鳴りに関してはまあエレアコなので生音はボチボチ。

とにかく弦がエリクサーっていうのもあって弾きやすさはピカイチだった気がする。

いかんせん綺麗すぎたのでアレだが。

ギルドはまた弦が違うんだけど、全部単板でもしかしたら木はメイプルかもしれん、まあたぶんスプルースだけど。

こっちははじめに弾いたテイラーに比べると若干土臭い音。

僕は音はこっちの方が若干好みやったけど見た目がなんとなく嫌だった。

時期に12弦か普通のアコギかもしかしたらリゾネーターにするかもしれんけど何かしら買うのでまあいろいろ試奏しつつ決めようかと思う。


ちなみに今は前も覚えようと思って断念したんだけど、ウェス・モンゴメリーのエアジンっていう曲を練習してる。

昔覚えようとした理由は忘れたけど今回は指のストレッチとピッキングの練習という名目で。



↑これはまあ違う曲で「フルハウス」っていうモンゴメリーの代表曲なんだけど、これを見てもらえばわかるように親指のみでピッキングしてる(親指の形がおかしい)。

エアジンっていう曲はアップテンポなんだけどそれも全部親指。

まあ僕はあくまで曲覚えるとかじゃないのでだいたいは親指・人差し指なんだけども。

エアジンの曲構成は

イントロ → ギター単音ソロ → ギターオクターブソロ → ピアノソロ → ベースソロ → ギターコードソロとドラムソロのかけあい → アウトロ

っていう感じでようやくオクターブソロに手を出し始めた。

でも単音ソロはまだ指が追いつかん。

がんばる。




ジャズギターなんて所詮ギター弾いてるやつくらいしかまともに聴きゃしねーんだよ!
嫌い (2007/06/21)
好き (2007/06/21)
ゆらゆらていこくでかんがえちゅう (2007/06/18)



ひとりに~~~~みぎてまかせって~~~~~
MOTHER EARTHって有名でない (2007/06/14)
アシッドジャズのバンド(アシッドジャズの範囲がよくわからん、そこが軽くアレ)をふと聴いてみたら意外に良かった。

佐藤タイジばりの子気味良いカッティングといい、ほんと佐藤タイジがギターならもっと好きになると思う。
僕はあんまり好きじゃない。顔とか動きとかすべて (2007/06/13)
寺尾聡のマネしてやるのも良いんだぜ (2007/06/12)
ウェス・モンゴメリー (2007/06/11)
のエアジンが難しいんだよ!
ページ上部に戻る▲
空想ジャンクションボーイズ © 千 2017. (http://thousand.blog7.fc2.com/)
/
This BlogTemplate's origin was written by Tamico.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。