カテゴリ別ログ_未分類
スポンサーサイト (--/--/--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

yaa (2008/05/11)
スポンサーサイト
もしもし (2007/10/30)
はいこんにちは

奥さん今日はどうしたの

うん、うん

旦那が浮気

それで

うん

息子さんも家に帰って来ないの

大変だねー

奥さん聞こえてる?

いいですか奥さん

離婚しなさいいよぉ
若本最強ボイス (2007/06/20)


今日は朝から曇り空 (2007/06/08)
携帯のアラームに起こされ、急いで準備をして、食べたくない朝飯をお茶で流し込んだ。

ネクタイを締めて車に乗り込む。

慣れた道を今日見た夢は何だったっけなぁなんてことを考えながら走る。

赤信号で止まり、ふと横を向くと古くさい自転車屋。

創業何十年の古い自転車屋が何故潰れないのかっていうのを何かの番組で観た。

もう忘れてしまったけれど、まあ修理費で稼いでるんじゃないかなぁと思う。

その自転車屋の前に自転車を止めて、ウィンドウ越しに自転車を見ている爺さんがいた。

爺さんの自転車は古びたママチャリ。

ウィンドウ越しの自転車も同じくらい古そうなママチャリ。

爺さんは時々体を動かしながら自転車を凝視している。

渋滞で車は思うように動かなかった。

爺さんの側に車が近づいた時に気がついた。

爺さんの見ているものは自転車ではない。

爺さんは角度を変え、その都度制止し、それを見ている。

そう、爺さんが見ていたのはガラスに映った自分の姿だった。

ナルシスト爺さん


すぐ側のコンビニによって昼飯買い終わって車で出た時ににもガラスの前にいた。


爺さん、自分が大好き
とある男の末路 (2007/06/07)
「まさか・・・こんなことになるなんて」

男は悲しそうな顔をしながら目の前の男に言いました。

男は学生時代、わかりやすいほど典型的なワルでした。

喧嘩、恐喝、暴走行為、怖いものなどありませんでした。

時には一人を標的にして、悪質な嫌がらせを行いました。

クラスの人間の中で彼を恐れないものなど誰一人いなかったので、誰も被害者を助けようとせず、むしろ一緒になって嫌がらせを行っていました。

そのうち、集団で嫌がらせを受けた子は学校に来ませんでした。

このように男は、大変なワルでした。

見た目も典型的なワルでした。

ブリーチだってパーマだってこれでもかというほどしました。

そのうち髪の毛と呼ばれるものは

「これ本当に髪の毛?」

と呼ばれるものになっていました。

そして10年後、男は悲しそうな顔をして言いました。

「まさか・・・こんなことになるなんて」

彼の目の前には頭がハゲた悲しそうな顔が映っていました。




イジメると後悔する

-公共広告機構-

エ~シ~~~~




こんなんどうですか?公共広告機構さん。

僕と大阪とマンダム(男の領域) (2007/03/29)
メイド服なんか好きなやつ頭いってんじゃないの?

  ,j;;;;;j,. ---一、 `  ―--‐、_ l;;;;;;
 {;;;;;;ゝ T辷iフ i    f'辷jァ  !i;;;;;   
  ヾ;;;ハ    ノ       .::!lリ;;r゙  そんなふうに考えていた時期が
   `Z;i   〈.,_..,.      ノ;;;;;;;;>  俺にもありました
   ,;ぇハ、 、_,.ー-、_',.    ,f゙: Y;;f
   ~''戈ヽ   `二´    r'´:::. `!

うまく貼れてないな。

こう、一度書かないと今まで習慣化されていたのがすべておじゃんになってまうもので、このままこのブログも終わってしまうんじゃないかと思ったんだが、意を決してがんばって書いてみることにした。

この空白の時間にいろいろあったので今日は3つぐらい更新してみようか。

ちなみに最近、若干バカにしていたメイド服が良いかもみたいな、

「メイド服ってどう思う?」

って聞かれたら

「Not Bad」

ってネイティブな感じで返せるくらいは好きになってきた自分がいる。

それもこれも、先週大阪に行ってきたことがきっかけだった(別にそれほどひどい状況ではないが)。

少し前に「ガンオタ」「ハルヒ厨」「おしゃれ」で最後の良スキルを前二者がぶちこわしにしてる(と僕は思ってる)友人が大阪に転勤になった。

それで、僕と山本っていう銀行員になりかけのやつとフリーターの先輩と行くことにした。

電車に揺られること二時間弱で大阪入りした僕たちは大阪で淋しく暮らしている友人と会い、まあいろいろやった。

転勤男の家は会社が金を払ってるわりにはかなり良いところで軽くむかついた。

天井でシティハンターのエンディングに出てきそうなクルクル回るやつが回っていた。

おもむろにハルヒを見始める転勤男と山本。

ちなみに見ていたやつは学園祭のやつな。

僕と先輩はモンハン2をやりながらしばらくだらだらしていた。

ハードロックカフェとかにも行った。

僕はかなり頭が痛くてまわりの人に迷惑をかけてしまった痛いキャラを演じていた。

まあ正直書こうにもこれといっておもしろい事件もなく終了したんだが、次の日、転勤男がPSPが欲しくなったようで買いに行った。

大阪の秋葉原みたいなとこ。

まあ、なかなか興味深いところで、オタやら婦女子がひしめきあっていて、僕も転勤男がPSP買う間、しばし山本さんとエロゲを見ていた。

そのあと転勤男のPSPをセットアップして軽くモンハン2を3人でやってみるためにメイド喫茶に行こうと。

入る直前になってフリーターの先輩はビビりだして僕も若干おどおどしながら山本と入り口に入ったんだが、

「おかえりなさいませ、ただいま満席でして・・・」

僕「じゃあこっちから願い下げだバーロー」

出ることになった。

そんでなんか良い感じの普通の喫茶店に入りしばしモンハン2をやった。

ちなみに転勤男はモンハン2買ったは良いんだがやってるのだろうか。

僕は制作者側を一発くらい殴りたいくらいは不満はあるんだが。


まあいいわ。

そんなくだらない話。

本日1作目
おとといきやがれ この野郎 (パルコ編) (2006/12/10)
名古屋へ行った。

3万円持って、名古屋に行った。

この時期、年末セールまっさかり、

まっさかり担いだ金太郎さん

でもうパルコ人いっぱい。

まあ名古屋ではいろいろあったんだが、めんどいのでパルコの件だけ話そう。

たけーよ!

フリーターの僕にはお門違いなのだろうか、パルコよ。

服高いな。

なのにこの人混みはなんだろう。

この前まで不景気と騒がれていたのに、いやむしろ、そのときからこんな感じなのだろうが。

まずい、この

圧倒的貧民感

は最早テンションだけでは拭い去れない。

とりあえずテンションだけは上がったのでひたすら店員さんに絡んでみたが・・・・正直すまんかった。

そういや、僕、パルコで服買ったことないで、今まで気づかなかったんだろう。

僕だけだろうか、パルコの服(別にパルコの服というわけではないが)の値段を見ると無性にPS3買えるなぁと思ってしまうのは。

関係ないが、シアター前のカフェで店員さんに

「パルコの人ですか?」

と聞かれたんだが、なんかの罠だろうか。

まあどうでも良いが、パルコに行って

日本って好景気じゃない?


ああ、あと楽器屋でギブソンのハミングバードを試奏した。

前にリゾネイター弾いた時も思ったんだが、

鳴ってるの?

と。

あの空間で弾くからそうなのか、もしくは弾きこまれてない新品だからなのか知らんが、音めっちゃ小さい。

たしかに綺麗で安定してはいるんだが・・・・、もしくはピックで弾くのが合ってるのだろうか・・・。

ようわからん。

正直、僕の約2万円のギターの方が鳴るんだが・・・。

いまいちアコギのポイントがつかめない。

まとまりのある綺麗な音色を選ぶか、それとも荒めのブルージーな音色を選ぶかでまたそれも変わってくるのだろうが。

関係ないがフェンダーUSAのテレキャスも弾いたんだが、これは結構良かった。

やっぱエレキはテレキャスがええなぁ・・・・。

アコギはどうしようなぁ・・・。


っていうしょうもない話。

こんな日がちょうど良い (2006/10/01)
朝、いや午後一時なのでまったくもって朝でもないのだが、起床から考えると気分は朝。

昼飯に起こされる。

久しぶりに熟睡、昨日夜遅くにみたルパンの劇場版(あんまりおもしろくなかった)がたぶん遅起きの原因だろう。

携帯を見ると

「もう着いたから」

ああ、あれやわ、今日遊ぶんだわ・・・。

と思い一応外に出られる身支度をし、外にいる友人をうちに入れる。

僕だけご飯を食べながらいろいろする。

ちなみに今日はなぜかやたらと具だくさんなうどん。

まあどうでも良いが。

しばらくして別の友人宅へ、爆音で楽器を弾きまくってすっきり。

帰ってから僕の車で念願のスケボーを買いに出発。

あんま対して良いのがなく、そんでもってやたらと高いので文句を言いつつ帰る。


意外に疲れてたんだけど、遊べるのは若い証拠か?

ともあれ、まあ休日に遊ぶ相手がおるっていうのはまあ喜ばしいことなのですよ、友達少ないから(どうとらえてもらっても良いけど)。

新しいつきあいがどんどん増えていくのは僕がそれなりに行動を起こしているからだろうけど、昔の友人とは交友がなくなっていく気がする、いや事実そう。

基本的に自分から行動を起こすことがあまりないのが原因なんだろうが、かといって行動を起こすつもりはない。

ああ、なんか書いてると客観的にはダメな人な感じがしてならんな・・・・。

まあええか。

新しいつきあいはまあ新鮮でええんだけど、それだけ古いつきあいがなくなっていってるような気がするのは困りものかもしれん。

やたらと最近忙しそうな感じなのだけれど、とりあえず疲れるけど充実感がある。

今日くらいのだらぁっとした感じがちょうど良いんだけど。
野外調理愛好会(第一回 発足) (2006/09/17)
昨日はバーベキュー。

メンバーは後でわかったことだけれど、

「眠くなると○○○が勃起しちゃう」

そんで

「仕事中はなんだか勃起しちゃう」

というF田3人組(うち二人は双子)と僕。

本当は昼にやるつもりだったんだけれど、双子F田の

「それってつおい?」で有名な兄(たぶんロボ)

前日の飲みで二日酔いらしく、午後からに。

ノン双子のF田を迎えに行き、とりあえずお金をおろしていつも行く喫茶店へ。

新しい集合時間2時をまわってF田1号2号(双子)は来ず、

2時半ころにようやく連絡があり、ジャスコで待ち合わせる。

ジャスコにて、F田1号2号の車の荷物を僕の車に乗せ、二人も乗せ、軽く後ろはぎゅうぎゅうになりながらもホームセンターへ。

ホームセンターにて、店員にやたらと聞き回り、いやそうな顔をされながらも炭、網、着火剤を購入。

途中で、店頭にある、ロデオからヒントを得たっぽい運動器具(座っていればやせられるみたいなやつ)にのり、

ああ、女の人はこんなのにのりながらテレビ見たりしとんのやな

とエロい気分になり、その感覚に後ろ髪をひかれながらもなんとか店を出る。

そのあと、双子のF田兄が

「二日酔いで頭痛いから薬買いたいから、薬店に行きたいから連れてけボケカスアホ」

というので、怯えながらも近くの薬局に連れて行く。

店員さんに

「バファリンの半分の優しさはガチ」

について語り困らせながらもなんとか頭痛薬を買い、そしてまたまた近くの業務用スーパーに行く。

さすが業務用スーパー、ネタの宝庫でテンション上がる。

途中でF田(ノン双子)が商品の上になんとなく置かれたポイントカードを発見し、これは良いぞと使う。

そんで、あからさまに量の多い業務用スーパーでは買えないものを近くのスーパーで購入。

河原に向かう。

河原では4WDを僕今まで一度も使ったことなかったんだけれど、使ってみたけど良かったよ。

先客が一組いてキャピキャピしてるのを横目に準備開始。

着火剤が珍しかったので買ったチューブのゲル状のやつがものすごく良くてすぐ炭に火がついた。

F田(ノン双子)が食材を切っているときに指を軽く切り、軽く修羅場になりながらもかなりスムーズに準備が進んだ。


そして戦いが始まった

一回戦 チームF田+1 VS 牛肉(味付き)

肉が薄すぎてすぐ焼けるのでとりあえず味見、味がない。

味塩こしょうを降ってみるも少々ものたりず、ここにきてタレを買ってないことに後悔。

そこで、醤油でタレを作ってみるも、見事失敗。

どうでもよくなったので、ボウルに肉を入れ、作った醤油ダレをぶちまけてみる。

焼いてみるも醤油の味しかしん。

すまんみんな、全部僕が悪かった。

とりあえず萎え、殺伐としてきたので、水を入れて薄めてみるもやはり味がない。

最終的には焼きうどんに使うことになった。

二回戦 チームF田+1 VS 謎のでかいソーセージ

さっそくこの渦巻き状に巻いてある巨大ソーセージをそのまま焼く。

うまそうな焦げ目が付き期待が膨らんだ。

F田(ノン双子)が毒味。

彼の顔が曇った。

どうやら味が濃いらしい。

食べて見るも塩の味しかしん。

もしかして、一回洗わないかんかったのか?

なんとか生キャベツで味をごまかしながらも食べる。

しかし食べきったときにはすでに皆の顔は一様に疲れ切っており、口の中には塩気しかなかった。

三回戦 チームF田+1 VS ジャガバター

あらかじめバターをジャガイモに挟んでアルミホイルで包み、炭の中に放り込んであった。

これは好評だったのだが、さきほどの疲労のせいで思うように食が進まない。

挙げ句の果てに先の戦いでボロボロになった双子F田兄がダウンしかける。

四回戦 チームF田+1 VS 串物

とりあえず小休止の間にブタ(タレ付き)と鳥を焼いてみる。

またまたF田(ノン双子)が毒味。

完全に顔がゆがんだ。

どうやら、ブタの脂がギトギトの粗悪なものだったようで、僕も食べてみたが、気持ち悪すぎる。

鳥の方はまだ大丈夫だったが、パサパサだった。

この時点ですでに反省会が始まる。

すでにあたりは暗くなり、ライトを持ってきてない僕たちはかなり陰気なオーラを醸し出していた。

五回戦 チームF田+1 VS 焼きうどん

怒濤の四連戦ののち、疲れ切った僕たち。

しかし、現実というのは無情であり、まだ食材は山のようにあった。

最後の手段、網を鉄板に入れ、とりあえず食べきれなくても調理するという方法に出た。

まず、余った大量の野菜を炒める。

炒めると驚くほどの水分量。

出た水分をとりあえずキッチンペーパーで吸い取り、野菜が炒めることによりだんだんその量が少なくなった。

そこで、さきほどの牛肉を入れる。

どちらかというと野菜の量が半端じゃなかったので、ジンギスカン風に蒸し焼きにする。

すると見事においしそうな野菜炒めになった。

まだ味付けは我慢し、とりあえずエビを隅っこで焼く。

一本づつ食べてみるとこれがなかなか美味しく残りはまた野菜炒めの中に入れ、軽く蒸し焼きに。

そして次にうどんを入れた。

炒めること数分。

まず塩こしょうをふり味を確認。

後に醤油を少しづつ入れ味を付けていく。

そして我々一同はようやく料理に出会った。

なかなか焼きうどんはおいしく、疲れ切った今までの戦い(消耗戦)のことはもう忘れ四人でぺろりと平らげる。

満足。

最終戦 岐阜市民組 VS もやし炒め

まだもやしが残っていたので作る。

要領はさっきと一緒、この時点で双子F田一号二号は満足したので食べなかった。

食べ始めると雨がぱらついてきたので急いだ。

そんで片づけ。

いつのまにか雨は止み、片づけもあらかたすませたので、闇の中しばしの休憩。

余った着火剤で「千」と字を書き燃やしてみると、これがまたきれいに付いた。

そのあと「古」とやってみるも、着火剤が足りないのと風が出てきたのであんまりきれいじゃなかった。

残りの着火剤はぶちゅーとうんこみたいなのを作り、燃やす。

もう行こうかという時になってもついていたので水をかけてみるとなかなか消えない。

古田兄(双子)「火が消え・・・・」

「え?何?」

古田兄(双子)「火がつおいから消えない」

「え?」

古田兄(双子)「火がつおい」

とアラレちゃんに変身した古田兄(双子)。

帰りに古田弟(双子)が動かなくなった兄にロボビタンDを与えたとか与えなかったとか。
ただ、一さいは過ぎていきます (2006/09/11)
突然なんだけれど、エンタの神様を見ていると妙に哀しくなるのは僕だけでしょうか?

どうみても、使い捨て芸人作成番組にしか思えません。

歯磨き粉のチューブをビヤーーっとやったように、絞るだけ絞ったら後は

ポイ

後は野となれ山となれ。

半数以上が飛び道具

それがエンタの神様のやり方なんでしょうか?

世の中の真理が垣間見える番組です。



どうもこんばんは。

至って変わることの無い毎日ですが、これでもいろいろやることはやってます。

今日は成績発表で、受けたテストは合格ですと。

僕にとってはかなりの快挙。

ちなみに恥ずかしながらはじめてA+を自分の成績表に見ることができた。

これも一重に僕のおかげです。

やればできる子。

でもやらない子、いや、やる気はない子。

ほんとはただ写すだけのテストだったというオチ。



恥の多い人生を送ってきました

ただ一さいは過ぎていきます

-太宰治-


関係ないが、太宰治のこの文章が頭から離れない。

恥の多い人生だとは思わないが、それでも恥はかく。

今日も銀行で新しく口座作ろうと思ったら書類の字がもうめちゃくちゃになって、

事務員「あのすいません、訂正印おしてもらえますか?」

ああ、わかりました、すいません

事務員「・・・・ああ、やっぱこっちの紙にもう一回書き直してもらえます」

ああ、すいませんすいません

とこんなように、ああこっぱずかしい。

字が汚いと苦労する。


関係ないが最近プログレっぽいのがお気に入りになってきた。

たぶん、車の中で聞いたラジオのピアノトリオが原因だろうと思う。

誰やったかなぁ・・・・忘れた、前書いたような気がするけど(ELPではないけど)。

お久しぶりのぶりぶりで (2006/08/23)
美容院の人に

「髪短い方が良いよ」

と言われると、

「ああ、でも短い方が良いかもなぁ」

と妙に納得するんだけど、次の日になるとすでに

「はよ髪のびんかな・・・・」

と思い直す。

美容院の人の言葉は一日限りのシンデレラみたいなものなのか、ただ僕の髪長い方が良いっていう気持ちが強すぎるだけなのか。

さて、夏は暑いね。

もう日本をドームかなんかで囲ってエアコンつけて全部冷却して欲しいくらい暑いね。

暑いっていうかもう熱いね。

もうどんどん増えてる二酸化炭素を全部ドライアイスに変えて欲しいね。

まあええか、もうくどいで。

フジロックの件についてうだうだ書いてる間にも結構いろいろあった。


1・本について

「箱男」を読み終えた。

まあこれはまた書く機会があるので・・・そんときに。

あと、リリー・フランキーとナンシー関の対談本「小さなスナック」を読み終えた。

昔この本友達にプレゼントとしてあげたんだけど文庫本が出たから買ってみた。

今は昔買って途中まで読んで放置してあったビートたけしの「頂上対談」読んでるんだけどよく分かったことが一つ。

対談本つまらん(そんなにおもしろくなかったということ、多少はおもしろかったが)。

「小さなスナック」なんかプレゼントしてすまん。

やはり対談となると相手の話に合わせたりしないかんからなかなか話がうっとうしくまとまったりする様子。

あとこの前NAGOYAの栄に久しぶりに行ったのだけれど、別にあえてそこで行かなくてもいいのに本屋に行き、村上龍の「愛と幻想のファシズム 上」を買ってパルコのライブハウスの近くのカフェで読んでた。

これ家の近くの本屋になぜか下巻しかなくて見つけたら欲しくなった、どうしても。

そんで栄から岐阜に帰ってからその本屋で下巻も買った。

まあこれも読み終わったらなんか書く。

あと、太宰治の「人間失格」も買ってみた、今読んでる。

ドフトエフスキーの「悪霊」も読んでるんだが、いっこうに進まん。

文字数がきちがいのように多すぎる。

そういや「小さなスナック」と一緒に江戸川乱歩の「夢遊病者の死」を買った(ちなみに表紙が松田竜平でなかなかかっこいい)。

角川ホラーのなんかたぶんちょっと前にやった「乱歩地獄」っていう映画の関係で出したみたいやけど。

というわけで今は「悪霊」「愛と幻想のファシズム」「人間失格」「頂上対談」の4つを同時に読んでる。

だんだん漫画と一緒の感覚になってきたっぽい。

あと、この前すごい良い喫茶店を見つけてしまいそこで読んだ小学館の「SAPIO」っていうたぶん政治ジャーナル的な感じの雑誌の中の政治か風刺4コマがおもしろくて買ってみた。

結構内容は煩わしい、難しいと言うよりかは。

ああ、あと映画のことやけど「乱歩地獄」と「ALWAYS」と「オリバーツイスト」見た人は僕にあってもその話しをしないで。

今ゲオで新作だから準新作になるまで待ってるから、楽しみだから。


2・音楽の話

栄に行った時についでに楽器屋でリゾネイターギターを試奏してみた。

ネックが極太だった。

慣れれば弾きやすくはなるんだろうが、後気になったのがメタルボディの音。

思ったよりも低音重視のモコっとした感じだったのであんまり気に入ってない。

もしかしたらボディは木のリゾネイターが良いんじゃないかなぁと・・・。

でもそこには置いてなかったので残念ながら音がわからん。

もしかしたらマーチンとかの高いアコギ買えば僕は満足できるんじゃないかなぁとも思う。

最近、ジョンバトラートリオ系列でアコースティックのギターのバンドをいろいろ模索してる。

ジャック・ジョンソンは一応サーフ系の代表なんだが、実際どうだろう・・・。

聞いててスローテンポな優しい感じの曲しかなかったから眠くなるだけの気もせんくもない。

そんならサブライム聞きますよっていう感じ(まあ一応サーフ系の括りでOKだろうし好きだし)。

あとベン・ハーバーとかいう人も聞いてみたけど、アコギなんだが、かなりファンクファンクしてる。

僕の求めていたソレとは違うけれどこれはこれで全然良い。

ちなみに形容するならば、新しいレニクラ、これが一番ぴったし。

あとこの前NHKの衛星放送でジミヘンのライブを観た(一緒にオードリヘップバーンの「おしゃれ泥棒」も録画してみたんだけど結局観てない)。

ナレーターというかはじめに出てきたやつが有名な三味線兄弟で名前忘れた。

たしか吉田兄弟だったか、最近流行なのかこの兄弟三味線、他にもKUNI-KENとかいうやつもおる。

ポスト宗兄弟かはたまた工藤兄弟?、かなりはずれて池谷兄弟とか、まあどうでも良いんだが、この吉田兄弟のライブ放送前のトークが溜まらなくうっとうしいものだった。

外国のライブでは日本のジミヘンとよく呼ばれるだとか速弾きうんぬんとか、別にそれ自体どうでも良いんだが、なんかうっとうしかった。

まあどうせ、ジミヘンは自分らとはジャンル違いだからトークも得意の三味線弾いてたんじゃないだろうかとうまく言ってみる。

ライブはたぶんジミヘン死亡前くらいのイギリスのライブで、だからボブ・ディランのカバー、なんちゃらウォッチタワーとか(これはアーユーエクスペリエンス?にも入ってたと思う)ビートルズのカバーとかちょこっとやってた。

ジミヘン「今日はみんなで平和のために歌おう」

とかところどころのしゃべりに訳が入ってたんだけどその後に

ジミヘン「したくないなら、勝手にしろ」

っていって始めたのはかっこよかった。

ライブも結構良かったと思う。

知らなかったが、ジミヘン、アメリカ国家だけでなくイギリス国家も弾いてたんだとわかった。

あと、私的なことだが、双子のFJ(フルタジュニア)に教えてもらいバンドを捜してみた。

FS(フルタシニア)の方もこれで見つけたらしく、僕も軽くウキウキしながら待っていたら、さっそくお声がかかった。

なかなか趣味もあうし練習内容(どこでやるかとかね)もめんどくさがりの僕には好条件だったのでナイス。

一応金曜に会うつもりなんだけど、もう別に僕も大して巧くもないし(そのわりには結構横柄な態度で語ってるが)とにかく良い人たちだと良いなぁ・・・・。

良い人じゃなかったら怖いなぁ・・・・。

・盆休みの話

お盆休みでいろいろな人が帰ってきた(霊ではないよ)。

お墓掃除したり飲み会行ったり(一次で帰ってしまったが)遊んだりとなかなか最近めずらしくあわただしかった。

友達と遊んだときは、めずらしいメンバーのときもあったり(小中高一緒の友達とか)、研修に来た友達と遊んだりと僕の年ならではな感じだった。

でも、人数が少ないもんで(僕の友達が少数というのがネックなのか・・・)なかなか遊ぶということができず喫茶店でまったりしていた(こっちはこっちで僕は好きだが)、すまん。

だったので小中高一緒の子と遊んだ時はなんとかして人数集めようともう中学以来遊んだこともしゃべったこともないんじゃないかという子の家に勇気を出して飛び込みで行ったが、

おじいちゃん「○○は今バーベキューにいっとるんだけどなぁ」

っていう感じで恥ずかしい思いをしただけだった。

今度は大勢で(それほど多いと疲れるので嫌だが)バーベキューをしたい。



まあこんな感じだった。

なんかもう覚え書きな感じだったが・・・・ここまで読んだ人はすごいね、正直なんかすまん。
フジロック3日目 (2006/08/21)
「第十九章 ラスト・ラーメン」

起きた時はもう朝の11時くらいだった。

昨日寝た時は1時間ほどだったのでそれほど負担はなかったが、どうやら5・6時間は運転席で寝たので体の節々が痛い。

ちょっと霧雨っぽかったがすぐ止むだろう。

一服していると寝ていたNとYも起きた。

一服をし終わって再び運転し始める。

道がもう広かったので楽だった。

スイスイ進み、12時半頃にYが銭湯を見つけてそこに向かう。

「りんごの湯」

長野らしい名前である。

さっそく風呂に入ったが、別に林檎っぽいものがなかった。

風呂の中に林檎でも入ってるかと思っていたのだが、どうやら濁り湯は林檎のすり下ろしでも入っているのだろうか?

体を洗おうとシャンプーやらボディソープやら出してみると林檎のにおいがした。

ゆっくりしていると、妙に頭痛がしてきたので出る。

YとNが来るまで少し横になり、そのあとご飯をその施設で食べた。

まあ味は普通。

軽く談笑しつつゆったりとする。

かなり休まったので出発。

途中渋滞に巻き込まれるもそれほど待たずにスイスイ行けるようになる。

何度かツーリングのバイク軍団に出会う。

たぶんこの道適度に広くて山もあったりで気持ちいいのだろう。

二人は結構疲れていたようで、僕も話していたのか寝ていたのでそっとしていたのか覚えてないが、とりあえず岐阜県に入る前にタイムリーというコンビニに入る。

岐阜ではかつて結構メジャーだったコンビニなのだが知っているだろうか?

タイムリー。

ちなみに田舎っぽいところにしかない、絶対。

田舎っぽいところに作るコンビニっていうのが売りだから、タイムリー。

その昔飛騨の方で(高山市かな?)コンビニにしようとサークルKだったかどこかの業者に頼んだら田舎だからと断られ、それだったらオレがコンビニ作ってやると作ったのがタイムリーである。

そんなタイムリーもいまじゃどんどんつぶれたりしてあまり田舎でも見る機会がないが。

タタイのタイ、タタイのタイ、タタイのタイタイタイムリー

である。

そんなこんなでたしか恵那市に入ったくらいで二人が起きた。

そのままグイグイ進み、とりあえず多治見でトイレに行きたかったのと、家に電話しときたかったので(携帯の電池がもう無かったので、誰も)コンビニで止まる。

たしかそこもタイムリーやった。

少々そこで休憩したあと、いよいよ岐阜へ。

昔は多治見に行くにも結構遠かった覚えがあるのだが、今じゃもうストレートにスパーンと行ける感じの道路があるので楽だった。

関市に入るともうどこかだいたい分かったので後は単純作業で僕の常用している道に入り、どこかで飯を食べようということになり、僕が高校時代によく行っていた(今も行ってるけど)ラーメン屋にいった。

ちなみにその近所にはパチンコ屋があり、ボロボロだけど今もやっているんだが、昔は電飾のパの文字がずっと消えたままになってて(今は全部消えてる)

チンコ福光

っていう名前でその界隈では結構名が知られた店がある。

関係ないが僕はその影響があって、今でも徳光さんを見ると

チンコ徳光

とちょっといかんことを思ってしまう。

まあそれは良いんだけど。

僕は早く食べ終わって、タバコを買いに側のコンビニに行った。

知りあいっぽい人がおったのでそそくさと出て、一服しながらNが食べ終わるのを待った。

食べ終わって、そのまま二人を駅まで送っていって、家に帰った。

家に着いてから車の中整理しようかと思ったのだが、さすがにものすごい疲れが出てもう駄目だったのでその日はすぐ寝た。

こうして3日間のフジロックの旅が終了した。
北斗の料理 (2006/04/02)
ヤフーに「ケンシロウの料理教室リポート」っていうのがあって

これは見なければ損

と思ったら、「ケンタロウの料理教室リポート」だった・・・。

おまえ誰?

どうもこんばんは。

非常に私的なことだけれど、古くからの友人と一緒に遊んだ。

僕は映画(北斗の拳)が見たかったのでほぼ強制的に駐車場があって映画が見れるところ、リバーサイドモールに行ってきた。

そしたら、北斗の拳すでに始まってて、それが最終だったので萎えて他のところへ行こうと「知らな~い~街を~歩いて~みた~い」的なノリでブラブラしとった(別に歩いてはおらんが・・・)。

そこで、僕がたしか近くに岐阜経○大学があることに気がついて、そういや

岐○経済大学ギフレンジャー

っていうのがHPであったなぁと思い出した。

それがどうやら今はHPがないので、見せれないのが残念なのだけれど、まあとにかくひどい。

酷いというより非道い。

はじめて見た僕は、

「あーやっぱり定員割れ大学はひと味もふた味も違いますなー」

と改めて恐ろしさに気づいたほどで、そんなこんなで僕の中には

「岐阜○済大学はやばい」

という認識があったので、ちょっと進入してみた。

進入したというよりは堂々と真正面から入ったのだけれど。

そこらへんはまあ小学校とかと違って不審者扱いをうけんので楽。

とりあえず岐阜という田舎なので広い。

駐車場もたぶん生徒が乗り入れても大丈夫っぽい。

春休みのさなかに来てもやはり生徒はおらんようで、もしかしたらさっき行ってたレンジャーの関係しとる人がおるかと思ったのだけど残念。

正直、あんなもんあったら僕にしてみたら恥ずかしいのなにものでもないが・・・・。

校舎とか結構きれいな感じで居心地よく、なかなか面白かったのだけれど、全部校舎が真っ白だと病院にしか見えんもんで少し入りづらい(まあ入ったが・・・)。

そのあと部室のある棟に行って、まあいろいろ見たけど結局面白くもなんともなかった(まあ強いて言えば棟の前に止まってたヤン車にギコ猫のぬいぐるみがついてたくらい)。

そんなこんなで、実際別にそこまで楽しんではないのだけれど、意外に他の大学に行ってみるのも面白いかもしれん。

まあそんな感じの日もあったよっていう話。
夜中のクリーニングマン (2006/02/24)
どうもこんばんは。

大変私的なことですが

ただいま掃除中。

荷物を一応引っ越ししやすいように整理整頓やらなんやらしとるんやけど、どうもはかどらん。

CDとか整理しようとすると、

あーこれ懐かしいわ

って聴き始めるのは最早人間の性なんだろうか・・・・。

そういや、今日は伏見に行ってきたのだけれど意外に環境ええね。

あまり行ったことが実際になくて、行くときも夕暮れとか夜中になってしまうのだけど今日は午後から行っていたのでなかなかどこに何があるかとかが分かった。

ハードロックカフェとかね。

伏見には大学もあるような気がしないでもないし、それだったら住むところもあるだろうから、大変良いです。

伏見を僕が感じた風に言うならば

移動手段が徒歩でも全然住みやすい

気がする。

ドトールとかモスとか僕が近くにあったらええなぁと思うものが結構あったので。

まあそれだけなんだけど。

岐阜の近くに何もないところで育った僕にとっては、徒歩でいろんな店に行けたりしちゃうというのは結構な魅力で、そう考えると都会が良いなぁみたいな・・・・。

ヒストリーオブヒーローズ (2006/02/19)
ローリングストーンズがリオデジャネイロで無料コンサートを開き

約120万人

の客を動員したそうで。

まあ僕は結構有名どころの曲くらいしか知らんのだけれど。

ミック・ジャガーは100万人集まらなければ失敗と言っていたそうだが、現実にはそれをはるかに上回ってロックコンサート史上最大級のものとなった。

ストーンズのメンバーの平均年齢は60歳以上なのだけれど

恐ろしい爺集団

もう感嘆するしかない。

それにしても100万人相手にコンサートをするっていうのはどんなものなのか・・・・。

このローリングストーンズ、たぶん5月くらいに来日する。

日本ではないだろうが、ストーンズ、たしか前座でやるバンドが結構良いメンツだった場合が多いみたいで、ホワイトストライプスとかも前座でやっていたそう。

日本では(まあ僕が見た中では)、前座とかはあんまないのでそこに期待はしてないけれど(まああるところはあるやろうが・・・)、グランドファンクレイルロードとかはたしか、前座でやったライブで爆発的に人気がのびたりしたようなので、そういうのを増やしてほしいなぁと・・・・。

どうもこんばんは。

今、セガールがテロリストと戦ってるよ。

さて、昨日の夜に僕の風邪は最高潮を記録したみたいで、そのままダウンして起きたら朝だったわけで、今日はまだフラフラはしたので、大事をとって家にいた。

そんで昨日は帰ってからほぼ寝てたので早く起きたわけだけれど、久しぶりに朝のヒーローモノを見た。

たぶん今日から戦隊ものは新しくなって(たしかボウケンジャーとか言ってた)けれど、

最近のヒーローモノはすごいな。

ほんと感心。

やたらCGが使ってあって、ようやるなぁと・・・・・。

最近のヒーローモノってもしかして昔と違って、男3人と女2人っていう組み合わせが多いの?

昔はピンクのみが女性だったような気がするが・・・・。

しかも、一人は天然ボケキャラ(こいつはイエロー)でもう一人は優等生キャラ(こいつがピンク)で、マニアの心をがっちりつかもうとしている気がしてならない・・・。

ほんでこの内容がおもしろくて、全体の話はたぶん、漫画「スプリガン」のパクリみたいなもんでオーパーツを悪用されんように集めることみたいなんだけれど、

そのオーパーツと一緒に、悪い軍団をよみがえらせてしまったっていう

正直迷惑きわまりない

ものだった。

はじめからほかっておけば良かったのじゃないのかと・・・。

余計なことをしたんじゃないのかと・・・。

するどく指摘したいところ・・・・。

あと、どうやら主人公たちの設定がトレジャーハンターとかやもんで、武器にスコップとかそういう系統を持ってるんやけど、オープニングの時かなんかにお馴染みの巨大ロボットがスコップもって地面をほっていたのが良かった。

非常に良かった。

そんでたしか、リーダー役のレッドが昔は狙った獲物は逃がさない「不滅の牙」とかなんとか言われてたらしくて、これも子供の心をがっちりつかみそう。

そんなこんなでまあ、ようは見てみりゃ分かる。

っていう話。

喪失の彼方(わすれつちつまったかなしみに編) (2006/01/25)
最近意外にも法律関係(具体的にいったらそれだけではないのだけど)の話が結構おもしろくなってきた。

いや、前々から嫌いではなかったのだろうけど、まあ特に出会う必要もなかったので。

今日買ってみた漫画「クロサギ」は詐欺の話なんだけど、実際詐欺を裁判で立証するのはかなり難しく、それは相手の心を何かしらをもって見抜かねばならないとこにあるらしい。

実際に詐欺で有罪を認めた例もそこまで多くないみたい(起こってる件数と比べて)。

「クロサギ」の場合だと、そういった一般人をだまして利益を得た人間をだまして利益を得るっていう話。

ほかにも最近おもしろいのがワンクリック詐欺とかの電話番号に直接電話して悪戯したやつ(これは実話)のやつが結構おもしろい。

実際そのなかには、犯行を認めてしゃべってしまうやつもいる。

ようは詐欺はほんとどうにもならんから気をつけろっていう話。

みなさんこんばんは。

重大事件が勃発して

それでも意外に落ち着いている僕は

冷静なのだろうか

それともただの鈍感なのだろうか・・・

そんなことを今思ったブログ。

さっきパソコンをつけました

そしたら

データとんでたよm9(・Д・)チュドーン

うーん・・・・・・これは・・・・・。

前のウィルス発生時の放置が原因か・・・・・・?

んでもメールとかのやつやったしなぁ・・・・・・・(僕は、フリーメールしかやっとらんで関係はたぶんないと思うのだけど)。

まあデータとんだっつっても重大なやつはとんでなかったし・・・・。

どうやろ・・・・。

でも、写真がとんだのは痛いか・・・・・・んでもオーストラリアのやつは実家に保存したるし・・・・。

特にたいした痛手にはなってないな・・・・。

まあええか・・・・。

っていう感じ。

とりあえずフリーのウィルスバスターだけつけとこ。
趣味とわたし。 (2006/01/15)
先ほど、

http://www.myfigure.jp/

ここに注文した。

マイフィギュアっていう、まあ見てもらえば分かるんだけれど、説明するならば、昔「LOVE LOVE 愛してる」でゲストの人形作って出してたけど、

まさにそれ

という。

自分のを作って貰うわけでは決してない(まあそれに乗じて注文しようとしたけど、値段の関係で無理だった)。

姉ちゃんの結婚の祝いくらいなんかしてやろうと。

うん。

なんて素晴らしい姉弟愛

これはまさしく弟の理想像

ダチュウゥラァm9(・Д・)プギャー

↑コインロッカーベイビーズとかを参照

そんなやさしい気持ち3割、自分の趣味7割。

いや、むしろ1:9くらい。

ただ単に、こういうのを考えるのが好きなわけです。

ただ、いつもやらないのは、そんなお金がないし、まあ理由もないからで。

大概僕が誰かにあげるものっていうのは(まあ普通の人はそうなのだろうが)自分なりの理由があってのあげるもの・・・・・・・・これやと意味がちょっと違う気がする・・・・。

ああ、何かしら自分なりの趣旨・趣向があってあげるのだけれど、あんまその意図を相手に言わんことが多い。

もう渡したら、自己満足。

そんな感じ。

んでこのマイフィギュアとかいうやつ。

一つだけ問題があって、

渡す前にバレル・・・・・orz

作ってもらうためには、最低でも前・横・後の写真を事前に撮らなければならなくて、実際、この前の結婚式場の下見についてったときに僕も黙って無理矢理撮らせていたんだけど、

旦那さんにばれたっぽい・・・・orz

というか

ばれた・・・・orz

まあ、「人形」っていうのは言わなかったけど、旦那さん、僕の意図に対して気を遣ってくれたのか

もしかして3Dっぽいやつ?

正解ですぞ、正解ですぞ・・・・・orz

そんなこんなで早くも、僕のドラマチックかつロマンチックかつドキュメンタリーチックな作業は終了したわけで・・・・・・・。

んでもまあ楽しみと言えば楽しみで。

まだもう一つやることもあるわけで。

結婚式のときには僕は今よりも髪が長くなってて、髭もはやしているわけで、

あんまり紹介したくない弟の理想像

になってるはず。

ちなみに兄ちゃんも髪長めのちょっと茶の入った、まあ最近の流行の

ちょいワル公務員の理想像

まあ根はまじめやけど。

その辺も含めて、

うちの家系

白い目で見られんことを

祈ってはない・・・

っていう。

まあよく分からんくなった話。

網リボーン (2006/01/13)
どうもこんばんは。

何日かぶりです。

ネットが再び開通。

電気屋さんで線を買ったのだけれど

意外にいっぱい種類あるね。

結局わからんかったから、店員さんに聞いた。

違いは回線の早さだそうで。

まあ後は長さとか・・・・。

昔、パソコンの電源のプラグもぶっ壊れて(まあ半分僕がぶっ壊したもんだが・・・・・直そうとして・・・)新しく買ったら、パソコン本体がいかれていた時があった。

ほんで新しく電源を買って接続したら

パソコンつきません・・・・orz

電源とか接続部分がぶっ壊れると、パソコンの基盤自体も取り替えないかんらしく、結局今まで培った、(無駄な)データやら(決して無駄ではないと僕は思う)音楽を全て捨てるはめになったこともあって

接続部分

の恐怖が再来するか・・・・・・と思ったのですが大丈夫だったのでまあ良かった。

というわけ。
名古屋シティ・ヘヴィスノウズ (2005/12/19)
ここ

でちょっと「ドドド」をとってきたんだけど、

華やかになればと

思ったけど

「ド」が画面上にあるのはいいんだけど、

パソコンの処理が遅くなるから

鬱陶しい。

アーッモンドのチョコレートだけかじって過ごしたー

うん。

とりあえず二つの「ド」だけ残しといた。

はい。

こんばんは。

さてさて、今日は結局午後の授業も休みになったみたい。

この程度で休みなのか名古屋。

まあ岐阜も休みやったけど。

関係ないけど、二本の都市を麻痺させるには、橋を破壊すればすむらしいよ(たしか)。

ということで、あれからまあお金をおろして学校に行った。

あんま思ったほど積もってなかったけど、とりあえずナニカを残して練習して帰った。

今日あんま書くことないなぁ。

関係ないけど、昨日夜の9時くらいにお金がないからお金をおろしにいった。

雪の降る中。

うん。

思ったより寒くはないね。

うん。

今日も朝は思ったより寒くなかったし。

うん。

んで、コンビニのATMですらこの時間にATM利用できるかっていったら

そうでもないんやね。

セブン・イレブン、ローソン、ファミリーマート、サークルK。

郵便貯金のカードは使えませんか・・・・・そうですか。

誰だ、公然と

24時間使えないATMなんてATMじゃないじゃん

って宣伝したやつは。

僕は、信じてましたよ。

この雪の降るちょっと幻想的でセンチメンタルな夜空の下歩いて行きましたよ。

24時間使えないATMなんてATMじゃないじゃん

日曜日は使えません・・・・・・orz

ご機嫌オオカミウルフーズ(星を見に行く過去編) (2005/12/17)
どうもこんばんは。

今日も寒いですね。

ほんと寒いですね。

とりあえず、

寒いですね。

昨日も寒かった。

寒かったんですよとにもかくにも。

真夜中の原付乗り

は寒いと。

ということで、昨日のことをまあ詳しく。

まあ今日会った人にはだいたい言ったからそこんとこよろしく。

12月15日(木)18:30過去

僕は外へ出る。

18:45過去

原付のガソリンとオイルを入れる。

いつもと違う色のオイル。

そこから歯車は狂い始めた気がする。

18:55(くらい)過去

鶴舞とか栄行く時に通る大きい道路を通る。

とりあえずそこは交通量も車のスピードも多めで速め。

僕は一番右車線の右側を走る。

原付、うなり声を上げながら失速。

エンジン止まる。

あせる。

壊れたか・・・・とまあ意外に冷静に道路から歩道の方まで行ってもう一回エンジンを始動。

エンジン始動。

またちょっと行ったところで失速。

エンジン止まる。

まあその後付けばなんとか少しは走るのでそのままイタチごっこの要領で新栄ロックンロールへ。

とりあえず、壊れたっぽい原付を後で対処するとしてライブハウスへ。

入り口に現スターズメンバーで元ホワイトヘブンメンバーがちょっとたまっていた。

まあこの時は顔知らんかったで超無視。

んでライブ会場へ。

相も変わらずライブハウス・ロックンロールはロックンロールのままだ。

んでちょっと物販を見ながらライブが始まるのを待つ。

19:30弱過去

ライブ始まる。

というよりまず

松石ゲルのロック講座第2回・・・松石氏の貴重な映像コレクションによりロックの裏年表に鋭くメスを入れる。

というのが始まる。

これ。

正直かなり良かった。

もうこれを3・4時間見てもいいくらい。

貴重なバンドの映像(半分くらいは僕もロック・ザ・ルーツとかで見たことあったけど)が流れました。

んで面白く語ってくれる。

面白いっていうのは、お笑い方面でね。

これはまた見たい。

第3回やらんかな。

んで次はバンド。

1バンド目

にせんねんもんだい・・ジャーマンロックのサイケ感とNWチックなギラギラしたギターサウンドを併せ持つ希有な存在。

女の人スリーピースのインストバンド(一応たまに女の人がさけんどったけど)。

まあこのバンド。

正直

何が良いのか全然わからんかったが・・・・

というより、良かったとはあんま言えん。

なんで結構のってるお客さんがおったのかも正直分からん。

ジャガーっぽいギター使ってたけど説明の通りほんと音がギラギラギラギラしとって・・・・まあなんかそれだけ・・・・。

ドラムの人はかっこよかった。

でちょっと、次のバンドの準備の時間軽く萎えとったら、

向こう側。

まさに

向こう側。

入り口の方からやってきた。

現ゆらゆら帝国ベーシスト兼スターズベーシスト

亀川千代!

写真で見てた通りの風貌で、

思ったよりも結構大きくて。

僕は

本当に来た!

っていう驚きで呆然と立ちすくす。

こっちに向かってくる亀川さん。

立ちつくす僕。

もう目の前。

肩がぶつかる。

まだ僕はその目を疑う。

後ろ姿を凝視。

テンション

マックス。

今思うと、こういう状況でで坂本慎太郎とかデイブ・グロールとかヌーノとか吉田拓郎とか他大勢とあったら僕は発狂するかもしれん。

んで、亀川さんと一緒におるのがスターズの面々だと分かる。

近づいて近づいて

しゃべりかけられん・・・・・orz

このスターズの面々。

近寄りがたい。

ミッシェルとかみたいにただ怖そうだから近づけんのじゃなく、

もっと暗鬱な感じで。

なんかこれも違うような気がする。

なんかあれだ。

わからん・・・・・。

負のオーラみたいな・・・・。

亀川氏はそれにもまして、あの風貌(ちょっと妖怪染みた感じ。僕は好きやけど。)だから余計に。

よし、とりあえず落ち着け僕。

もう射程距離に入ってるから落ち着くんだ。

猫科のケモノのように慎重に。

僕は落ち着く時どうしてる・・・・。

考えを巡らす。

とりあえず

一服しよう。

ちなみにここまででそんなに時間は経ってない。

んで、話し込んでいるスターズのメンバーのすぐ側に何故か関係ない僕。

すると、亀川さん。

楽屋に行ってしまわれた・・・・・orz

んでもとりあえず、スターズの人に話しかけてみる。

んでとりあえずホワイトヘブンのメンバーの人の顔把握。

うん。

よしとしよう。

んで、話した感想は

やっぱりちょっとアレやった。

まあ、いきなり、それほどそのバンドに詳しくもない人間に話しかけられてもアレやろう。

ちなみに元ホワイトヘブンの人に僕が欲しい「アウト」っていうCDが全然ないんですよっていう話をしたら

CDならあると。

通販で買えると。

あんま売れてないけどと。

とりあえず物販に行ってみればと。

行ってみましたよ、と。

聞いてみたら、今日は持ってきてないですよ、と。

「アウト」のCD自体在庫が少ないので、と。

うーん、

どっちが本当でしょうか・・・・。

でも、とりあえず、ホワイトヘブンのライブCDを買う。

次のバンド。

フレアオッズ・・・・・エンジニアにはデキシー他でお馴染みDEW MAKINO氏、マスタリングはゆら帝の中村氏、ゲストにDMBQ増子氏を迎え1stアルバムをリリース!

良かったよ。

ゆらゆら帝国とジミヘンが好きなんやなぁっていう感じ。

んでも、自分のバンドらしさも持ってて。

んでうまくて。

でもこれ以上CDを買うとお金がもったいないし、まあどっちにしろゆらゆら帝国聴けば問題ないので買わんかった。

ちなみにギタボーの人が僕のファイアーバードⅤⅡのノンリバースっぽいの使ってて、こんな音の出し方もあるんだなぁと、参考になったのです。

まああんな音だせんけど。

次はいよいよスターズ。

ワクワク。

ライブが始まる。

うん。

すごいすごい。

こういうバンドは、うまいとか下手とかじゃなくて、雰囲気が作れるかどうか?かもしれんなぁと。

もちろんそれに準じてうまくないといかんのやけど。

まあとりあえず、うまい下手で判断ができん。

感想としては、ずっと地面を這いずってて(これは亀川さんのベースの影響もあってやと思う)盛り上がりたいのを堪えて堪えてじらしてじらして

ドーンm9(・Д・)

みたいな。

ギターの人がガツンと王道ロック的な音でテレキャスのギタボーの人がチャキチャキの音で、あんま合わないんじゃないかと思ったけど、逆にすごいマッチしてて、その対照がよかった。

んで亀川さんのベース(ゆらゆら帝国のベースって感じなまわし)がやっぱりよくてかなり後ろの端っこの方におって(まあハコが狭いのもあってやけど)全然みえんかったけど、一番激しいとこでめちゃめちゃ動いてて(その場で)もうほんとね

やばかった。

んでだんだんお客さんものってきてみたいな。

前におった女の子二人はかなりのっててギタボーの人の伊達男(かなりダンディーな感じで良かった)ぶりにうっとりしてた。

んでその子の一人が軽音のしっとる子にめちゃ似とって、もしかしたら本人・・・・いや、まさか来ないやろう、んでもめちゃ似てたで軽くびっくりしたわけで。

うん。

ライブ良かった。

次はゆらゆら帝国でも見たい。

んで帰って(何故か原付は調子よくなってた)今日CD聴いてみたら、聴きこんでくると良くて良くて。

んで今日気づいたけど、どうやら僕の原付がオイル漏れしとるっぽくて軽く

あーあ

っていう感じ

っていう、ね。

長くなってまったな・・・・。
そのまま、そのまま、そのまんま (2005/12/14)
さっき電話があった。

姉から電話。

僕「もしもし」

姉「ジャンパー二つもってった?」

まあここは別に言うこともないのではしょる。

姉「そういや、あんたまだ塾のバイトしとんの?」

僕「まあ・・・・ぼちぼち・・・・。」

姉「

狂って生徒刺したらあかんよ。」

肉親に

そんな感じで

見られてる・・・・・・orz

刺さんよ。
最後の最後の(衣良の巻) (2005/12/05)
こんばんは。

この寒い夜をいかがお過ごしでしょうか?

今日は、岐阜では雪が降ったそうです。

こっちは、つめたい雨がパラパラしてましたが、今はどうなんでしょう?

雪は降ってないみたいですね。

こう

周りは建物しかないわ

とかそういう方々は経験されていないと思いますが、

僕の地元は柿畑が多いのです。

僕の家の周りにもたくさんあるのですが、

その柿畑の柿の木は、

威風堂々

と、歩道まで枝を我が者顔で伸ばしてきます。

中学のころはその歩道が通学路だったので、僕は自転車で通学していました。

冬っていうのは、なかなか根性がすわってないと布団から出るのが難しいので、僕も遅刻ぎりぎりラインで学校に急いで行くわけです。

そうすると、外は寒くて耳が痛くなります。

んで急いで自転車で歩道を走ると、

柿の木の枝が耳にあたる

っていうことがよくあって

まあ夏ならそんなでもないんですけど、寒くなって元から痛い耳には、ほんと神経むき出しの感覚(まあ経験はないけど)で痛みます。

まあ、普通の人はそうはならんやろうけど。

そういう寒い時に痛い話。

さて、昨日読み終えました。

LAST↓

31188107.jpg


まあ僕が読んだのは、文庫本の方やけど。

なかなかです。

著者は石田衣良↓っていう
ishida.jpg


まあ前もいったんやけど、「池袋ウェストゲートパーク」書いてるちょっと顔がリリーフランキー系統よりかな?って感じの人。

んでIWGPとはまたタイプが違って、短編小説なんやけど。

基本的に、どの主人公もかなり追いつめられた状況。

まあ例えば、大概が借金で火の車になっとったりしてる。

んで面白いのが、その主人公たちの結局の結末が9割方不孝チックに終わるっていう。

石田衣良自身も少し気が滅入ったかなんかで(飽きたんやったかな)、少しだけ成功例(幸福チックな結末)がある。

全部題名はラスト○○って感じ。

んで一番面白いと思ったのは、主人公の職業(まあ犯罪含めて)とか。

出し子っていう、盗難した預金通帳を銀行で引き出す(今はできんけど、昔は余裕でできたらしい。)やつとか、消費者金融の看板持ちとか、ホームレスとか(まあこれは職業じゃないけど)。

だから、僕の、今の状況では全くないけど、現実に存在する視点なので結構良かった。

村上龍の人知を超えた狂人の視点もいいんやけど。

次に石田衣良を読むなら「4TEEN」↓っていう少年たちのさわやかなやつを読みたい。

i_4teen_l.jpg


たぶん、14歳っていうのと4人の10代の若者っていうのをかけてるんやろうと思う(わからんけど)。

まあ、今読んでる本もあるので、だいぶ先の話になるやろうけど。

asobi2.gif

なかった・・・・・・・・orz (2005/12/01)
北斗の拳実写じゃなかった・・・・・・・・・・orz

昨日の苦労は一体・・・・・・・・・・orz

ていうか実写じゃなかったら意味ないやんこのキャスト。

なんで声優神谷明じゃないの?

なんで脚本が武論尊じゃないの?

なんで、あんなにスタイリッシュなアニメなの?

実写じゃないの?

なんで・・・・・・・・・・orz

まじテンションあがりすぎて早合点だった・・・・・・・・orz
ポエット意訳し隊(まるでダメだよ翻訳機編) (2005/11/29)
どうもこんばんは。

実家でゆったりしてたら

「今日、こんの?」

何が?

練習忘れとった・・・・・orz

授業も忘れとった・・・・・orz

出席ありがとう。

ということで、再びやってまいりました、名古屋。

バイトがあって、はじめの子は来れんっぽくて、暇になって、僕がスタッフやってたときの社員の人がおってちょっとしゃべった。

んでまあ1時間くらいちょっと暇やったので、本屋に行って、いろいろ教えて貰った本を買おうと思って探しました。

んで買いましたよ。

海辺のカフカ



半落ち

(・W・)bヤタヨー

というわけで、結局教えてもらった本は探そうとしたんやけど、タイトルしかわからんくてあきらめた・・・・・。

結構本屋にいると読みたいなって本が多くて今日見てただけでも

「模倣犯」宮部みゆき
「影武者 徳川家康」隆慶一郎
「蝉しぐれ」誰か忘れた

やらいろいろ。

文庫本は漫画買う程度で買えるし漫画より長いので得した気分だし読みやすいしいろいろ得なような気がする。

んでも一回読んだらたぶん二度と読まんけど。

「読む」でふと今日、洋楽の歌詞をめったに見ないもんで、翻訳サイトで翻訳して読んだら結構おもしろいかなぁと思ってちょっと試しました。

結果、

こりゃだめだ・・・・。

結局直訳しかしてくれんし、文法がポエティックライセンスとかでめちゃめちゃなやつもあるもんで、まあ考えたら分かるけど、日本語訳のやつ読めってことを再認識した・・・・・。

訳がしっかりできる人はほんとすごいね。

英語独特の(まあ外国語ならなんでもええけど)言い回しというかセンスというもんを結局日本人にわかりやすくなおかつかっこよくしないかんわけで・・・・。

オーストラリアにいったとき、本を買ってみたけど、ほんと意味分からなすぎな文法というかまあそういうもんやったので、もう読んでない・・・。

ほんと学校でやっとることは初歩の初歩なんやろうなぁ、きっと。

日本語でも分からんやつあるのに英語やとさっぱり。

そんなこんなで洋書が読めると格好いいなぁ・・・。
僕と長い一日(噂の結石男爵の巻) (2005/11/24)
こんにちは。

誰がなんと言おうと、

今日はもう終わり。

僕のこのたった数時間は1ヶ月に匹敵するほどです。

そんな一日を語るブログ。

話は昨日に遡る。

それは確実に

ゆっくりと

僕にやってくる。

はじまりは僕の

なんかちょっと内臓が痛い

から。

はじめはしばらくたっておさまった痛み。

まあそこまで気にする程度ではなかったらしい。

僕は、徒歩で家に帰宅。

午後10時

僕はブログを書いた。

午後11時頃

内臓、痛くなる。

まあ寝れば治ると結論。

寝る。

痛くて寝れねぇよorz

痛みは加速するほど膨れあがり悶絶級。

しばらく悶える。

ちなみに前も言ったと思うけど僕は人一倍「痛み」に関しては弱い(と思う)。

悶えつつ半狂乱になってもどうしようもないのでどうにか痛みを抑える方法を考える。

・作戦第一「精神的苦痛和らげ法」
痛みっていうのは、体に異常があることを告げる信号なわけで、「痛み」ってことを「痛い」と捉えるのではなく、「痛み」を「体のシグナル」と捉えることで、痛みを和ら・・・・・・・

痛い痛い痛い・・・・・orz

無 理 ・ ・ ・ ・ 。

・作戦第2「読書作戦」
読書をすることによって「痛み」にいってる意識を別のところに集中させ「痛み」を忘れる。

10分後

痛すぎて内容全然覚えてない・・・orz

・作戦第3「痛みの原因解明作戦」
「痛み」の原因がはっきりすれば覚悟ができて「痛み」に対する抵抗ができるのではないか?
とりあえずネットで検索。
「左脇腹 痛み 症状」で検索。

ふむふむ・・・・。

余計不安になった・・・・・orz 

とりあえずお腹痛い時は正露丸を飲むと良いと思って飲む。

痛みが消えると良い。

・作戦第3「とりあえずベッド法」
どうしようもないのでベッドに入って、寝ることに徹する。

幸い、正露丸が聞いたのか眠くなったのか知らないが、とりあえず眠ることに成功。

そして朝。

「痛み」が消えてる。

良かった良かった、さあ学校に・・・・・

痛い痛い痛い・・・・

病院に行こう・・・・・・。

とりあえず原付でフラフラしながらお金をおろし(保険証が更新かなんかのために実家においてあるため)病院へ。

こういうときの不親切な車はほんとに、いつか10円傷を付けてやろうと思う・・・。

病院に着いた時、「痛み」がついにMAXに。

トラトラトラこ~いはいちず~

トラトラトラ勝負よ

世界中で・・・・・

とかリアルに言える場合じゃなくなってきた。

僕のその時のスキル
・辛うじて歩く
・辛うじてしゃべる
・苦笑

さすがに看護婦の方も係員の人も心配になったらしく、かなり親切にされる。
車いすを勧められるがとりあえず断る。

待つ時間こそ恐怖の時間。
朝一は老人と赤ちゃん連れが多い。

老人と赤ちゃんと悶絶する男。

そんなことを考えている余裕はない。

はじめの診察。

医者のそのときの考えは食中毒がたぶん一番かも。

看護婦さんが車いすを勧める。

とりあえず何事も経験、乗ってみる。

採血、CT、レントゲン。

人間の血なんて抜こうと思えば簡単にどれだけでも抜けるものだ・・・・。

CT、はじめての経験。

なんかこう、自分の知らない部分をのぞかれた気分。

まあそうなんだが・・・・。

レントゲン、まあええわ・・・・。

んで待つこと数十分。

結果

尿道結石・・・・・orz

痛いはずだと・・・・。

内臓が痛いっていうのはニアミスで

腎臓が痛い

が正解。

とりあえず

鎮痛剤を所望・・・。

問題はその後、

保険証持ってきてないので自費負担(後で返してもらえるけど)。

なんとお値段

3万円相当

あー

痛い痛い痛い。

っていう。

まあそんな話。

まあ尿道結石ならまだいいか・・・・・。

でもちょっとロックが嫌いになった日・・・・。

そうして僕の長い一日が終わり、

僕は思う

こりゃ良いネタになるわ

と。

バイバイ。
ページ上部に戻る▲
空想ジャンクションボーイズ © 千 2017. (http://thousand.blog7.fc2.com/)
/
This BlogTemplate's origin was written by Tamico.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。